涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅ガード下 つけ麺 素家の味玉つけ麺

昨日の雪、午前中の遅めに雨に変わってくれたので、交通機関にも大きな影響もなくホッとしました。

これは昨日の午前十時頃の風景ですが、スカイツリーがありません。が、よく見ると根元だけがうっすら と。でも写真、ちょっとわかりづらいですね……。

f:id:yokobentaro:20150130134520j:plain

雷門は、この悪天候でも大勢の観光客の方々がいらっしゃいました。

f:id:yokobentaro:20150130134751j:plain

道路状況も少し危険な積もりかたでした、けっこうスベります!

f:id:yokobentaro:20150130134919j:plain

実家の猫は我介さずと、ストーブを占領しておりました(汗)。

f:id:yokobentaro:20150130135033j:plain

でも今日は晴天、気温も昨日に較べるとラクですね。お日様の温もりが心から有り難く思えてきます。

ところで、お酒を飲んでおりますと、なぜか喉ごしのいい麺類、食べたくなりませんか?

先週の金曜日も浅草橋近辺の「立ち飲み」で飲んでおりまして、それも空きっ腹で……。さすがに空腹に負けて、いったんお店から退散、サラッと食べられるお店を物色しに出かけました。そういえば、JR浅草橋駅東口付近のガード下につけ麺屋さんがありましたっけ。ここ、飲み仲間からの情報ですと、かなりレベルが高い味だという話。では、ちょっと覗いてみましょう(写真は昼間撮った外観です)。

f:id:yokobentaro:20150129110239j:plain

屋号は『つけ麺 素家』、窓ガラス越しに見たかぎりでは空席がいくつかありますね。それでは入店、券売機は左手にありした。まずはこのお店の看板である『つけそば』を食べようとボタンを確認、『つけそば』は七百五十円でした。その近くに『味玉つけそば』八百五十円もあります。せっかくなので味玉入りにしてみました。

店員さんに食券を渡す際に「並」か「大盛り」かを聞かれましたので、すかさず「大盛り」。こちらのお店も同一料金で「大盛り」にできるようです。

f:id:yokobentaro:20150129110305j:plain

しばしの待ち時間にカウンターテーブルの上を物色、大小ふたつの壺が気になり中身を確認すると、大きいほうがりんご甘酢、小さいほうが節粉でした。りんご甘酢は麺に直接振りかけるようです。

f:id:yokobentaro:20150129110326j:plain

そして、五分ほどで『味玉つけそば』が運ばれてきました! つけ汁に浮いている赤い食材は桜海老です。それと短冊切りのナルトにブツ切りの叉焼、メンマに刻み葱が入り、さらにはふたつに切り分けられた半熟の味玉が沈んでいます。麺は見た目ツルツルした感じの黄色い太麺ですね。

では麺をつけ汁に浸してひと口、モチモチしていて食べごたえのある麺、それに搦む魚介が強めのパンチのあるスープ、また動物系の出汁も負けておらず、濃厚なトロ味のつけ汁に仕上がってますね。動物系の出汁の甘さの加わった絶妙な塩気に食欲をかき立てられます。たしかにレベルの高いお店、とても美味です。叉焼も歯ごたえがあり、ちょうどいい濃さの味付け。さらに半熟の味玉、やっぱりこれは欠かせませんね。まったりとした黄身がこのつけ汁と麺をひと味変化させてくれます。

麺を半分ほど食べたあたりで、つけ汁に節粉を入れてみたくなり、山盛りふた匙ほど投入。さらに魚介の風味が利いて和の風味が増幅します。十分もかからず麺を食べきり、カウンターテーブルにあるスープ割りのポットで、つけ汁を割りましょう。

とても美味しいスープの出来上がり、身体がとてもポカポカしてきます。

こちらを飲み干し、いざ第二ラウンドへ!

でも、くれぐれも飲み過ぎないようにと、肝に命じている次第であります。

●昨日歩いた歩数……一万二千二百三十六歩。ちょっと横ばいですね。あっ、これから海老名へライブ観に行ってきます!