涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

蔵前 横浜家系ラーメン 壱角家

今日は昨日に引き続き、とてもいいお天気ですね。気温は昨日よりもとても暖かいので、隅田川護岸の遊歩道でジョギングをしている方をたくさん見かけました。

そういえば「東京マラソン」ももうすぐ、そのコースには江戸通りも入っていますね。そのコース沿いにまたラーメン店が開業したようです。

最近このお店、御徒町か上野あたりでも見かけた記憶があるのですが、チェーン店なのでしょうか。屋号は『横浜家系ラーメン 壱角家』。

たまたま都営浅草線の蔵前駅あたりを通過したときに駅の入口付近でも見かけました。やたらと赤が基調のお店なのですぐおわかりになるかと思います。

f:id:yokobentaro:20150111121823j:plain

少し気になったものでちょっと立ち寄ってみることに。入口からそのまま入ろうとすると、入口の右横に食券の券売機があるのに気がつきました。店外の券売機は初めてです。メニューがたくさんあって迷いますが、ここは基本で『ラーメン』七百三十円の食券を購入します。食券には、味は「濃い味」「普通」「薄味」、麺の硬さは「硬め」「普通」「やわらかめ」、油は「多め」「普通」「少なめ」、という項目も一緒にプリントされていて横浜家系らしいお店という印象です。

さっそく入店。で、店内に入っていろいろ貼ってある告知を見て知ったのですが(外にも書いてあったようです……)麺類を注文するとご飯無料、というかお替わり自由だそうです。すこしだけ料金設定が高めなのは納得できます。とりあえず店員さんに食券を渡しましたが、その際に好みはすべて「普通」と注文しました。

f:id:yokobentaro:20150111121906j:plain

テーブルには家系のお店でよく見かける調味料が並んでおります。やっぱり「おろしにんにく」「生姜」「豆板醤」「テーブルコショウ」「白ゴマ」は定番なようですね。いつものように「おろしにんにく」「生姜」「白ゴマ」を使いましょうか。

f:id:yokobentaro:20150111121929j:plain

現在の時刻は午前十一時五十分、休日ということもあり店内は空いていまして、比較的すぐに『ラーメン』が運ばれてきました。

トッピングは、焼き海苔三枚にほうれん草、叉焼に刻み葱。ここまでは家系の基本のトッピングかと思いますが、それプラスウズラの味玉子がひとつのせられています。

運ばれると同時に、店員の方が「まずそのまま食べていただいて、味が薄いようでしたらおっしゃってください」と、丁寧な接客で好感がもてます。

ではスープをひと口、豚骨の濃厚な出汁が出ていて味の濃さもちょうど良く、僕の好みの味です。これだけ濃厚なのに豚骨独特の臭みはありません。あっ、味見をして写真を撮り忘れていることに気がつき慌てて撮影、ちょっと食べかけで申し訳ありません。

麺は太くて家系らしい麺で歯ごたえもよく、叉焼も柔らかく仕上げられていてとても美味しいです。少し食べ進んだあたりで「おろしにんにく」「生姜」「白ゴマ」をたしました。ここの「生姜」、ガリを短冊切りにしているようですが意外とスープに合います。

ここで、せっかくなので僕もご飯を一杯いただくことにしました。大きな炊飯器が入口付近に設置されていて、ご飯茶碗が積まれております。セルフサービスで何回もお替わりできるシステムなんですね。

f:id:yokobentaro:20150111122346j:plain

ご飯は少し硬めに仕上がっていて、僕好みです。美味しいので二杯目、と思いましたが日頃の運動不足を加味して抑えました。でも、ご飯が食べ放題だと、採算大丈夫なのでしょうか? ご飯茶碗が小ぶりとはいえ、例えば叉焼で一杯、焼き海苔で一杯、ほうれん草で一杯、さらにはスープを飲みながら……なんて考えると大食いの人でしたらラーメン一杯でご飯を何杯も食べてしまうのではないかと思います。

そんなことを考えつつも今日も美味しく完食! またラーメン店の選択肢が増えました。

●昨日歩いた歩数……一万二百二十二歩。お仕事でちょっと籠っておりました。