涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

墨田区石原 旨麺 こむぎやの中華そば

さらに成人式三連休の二日目は、大学時代のサークルの後輩と錦糸町で待ち合わせをしておりました。予定の待ち合わせ時間は午後二時三十分、日頃のウォーキング不足を補おうと田原町の仕事場から徒歩で向かいます。国際通りから蔵前橋通りを左折、蔵前橋を渡り墨田区へ……そして、清澄通りを越えて住所は石原一丁目、ここでまた美味しそうなラーメン店を見つけてしまいました。屋号は『旨麺 こむぎや』、表にはこのお店のサービス告知が大きく貼り出されております。まだ時間の余裕もありますし、せっかくなので入店してみましょうか。

f:id:yokobentaro:20150114100846j:plain

入口を入ってすぐ右側に券売機がありますが、メニューがたくさん、かなり迷います。基本的にスープのベースが三種類あるようで、『中華そば(中華風)』『支那そば(和風)』『正油ラーメン(とんこつ)』だそうです。これらは各六百五十円、さらにとんこつは『味噌ラーメン』などのバリエーションがあり、お値段も基本ベースよりは少し上がります。あっ、僕の大好きな『つけ麺』もありますね。『餃子』も有名なようで、某お笑い芸人の方が絶賛したとの記事が貼られております。

では、ちょっとお腹の具合と相談しまして、今回は脂を控え目に『中華そば』にしようかと……。カウンターに座り、さっそく食券を手渡します。すると丼にこんもりと盛られた『もやしキムチ』が配膳棚に運ばれてきました。なんとこれは麺類を注文すると食べ放題(汗)、だそうです。

f:id:yokobentaro:20150114101027j:plain

これを小皿によそい、ちょっと周りを観察。休日なのでみなさん瓶ビールなどを『もやしキムチ』つまみに飲まれております。卓上のメニューを見ますとアルコール類の種類がとても充実してますね、でも今は飲むわけには……。

f:id:yokobentaro:20150114101058j:plain

そして、待つこと数分で『中華そば』が目の前に! スープがとても澄んでいて綺麗ですね。トッピングは叉焼、メンマにナルト、半熟玉子が半身と焼き海苔が一枚、それに刻み葱。麺は中細麺で、見た目「東京ラーメン」といった印象です。

では、さっそくスープから。「美味い!」じっくりと炊かれたガラからのいい出汁が出ており、丁寧な仕事ぶりがうかがえます。お味も昔懐かしい「東京ラーメン」といった感じですね。しっかりとられた出汁が、麺とよく搦み醤油の塩加減も絶妙です。宮崎県の国産豚で作られる叉焼はけっこうな厚みで味付けはしっかり、それでも柔らかくジューシー。半熟玉子もとても美味、トッピングでさらに追加したくなります(中性脂肪で担当医にまた注意されそうですが)。半分ほど平らげたところでコショウの入れ忘れに気づき追加します。

あっ! これを入れると家で出前をとっていた中華料理屋さんの味だ!!

(でも家の近所のお店、とても美味しい中華料理屋さんだったのに、かれこれ三十年ぐらい前に周囲から惜しまれつつも閉店してしまいました。)

ここの『中華そば』美味い! 僕の「東京ラーメン」ランキングのベスト3に即殿堂入りさせました!!

いつものようにスープも残さず完食。次回は『支那そば』か『正油ラーメン』を食べてみましょう。でも、目先の目的はとにかく錦糸町まで歩くことですね……。

●昨日歩いた歩数……二万百四十八歩。今年になってやっと目標達成できました! しっ、しかし今日は雨ですね……。