涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

両国 バール センプレピッツァ両国店

先週の土曜日、成人式三連休の初日でしたね。この日は、中学校時代の仲間二人と洋画を鑑賞のため木場へ行くことになりました。お題目は、『ホビット』の三部作の完結編だそうです。で、僕ときたら真ん中のお話を観忘れていて、ストーリーについていけるのかどうか……。映画の上映時間は午後三時から、腕時計を見ますとまだ午後一時を回ったぐらいです。

時間も早いし、映画の前に食事を摂ろうと話がまとまり、両国駅方面へと向かいます。なぜ両国駅かと申しますと、仲間のひとりが「安くて美味しいピザ屋を知っている」とのこと。所在地はJR両国駅西口を回向院へ向かう途中にあります。そのお店の屋号は『バール センプレピッツァ両国店』といいます。ここのお店では「ピザ」ではなく、「ピッツァ」なのですね。

f:id:yokobentaro:20150113105141j:plain

さっそく店頭のメニューをチェックしますと、ランチタイムのお得な『ワンコインピッツァ』五百円の表示が! 種類は三種類、『マルゲリータ』『コッカ』『ツナ』とあります。ちょうど人数は三人、それぞれ別のものを注文すればすべての味が楽しめますね。このメニューはセットでサラダとドリンクをプラス二百五十円でつけられるとのこと。それではと入店しましてセット付きでオーダーを。僕はいつものアイスコーヒーで。

f:id:yokobentaro:20150113105218j:plain

僕のオーダーしたピッツァは『マルゲリータ』、トマトソースとモッツァレラチーズとバジルのトッピング。仲間二人の頼んだうちのひとつ『コッカ』はトマトソースとパルミジャーノに卵とベーコン、最後に『ツナ』はトマトソースにモッツアレラチーズとツナ。さらに『ワンコインピッツァ』以外からも一品、『ジェノベーゼ(バジルソースにプチトマト、モッツァレラとパルミジャーノ)』を追加注文しました。こちらは一枚七百九十円です。

f:id:yokobentaro:20150113105303j:plain

まずは仲間二人のオーダーしたピッツァが焼き上がりました。一枚ずつのお裾分けをいただき、さっそくひと口。生地がモッチリして表面はパリっと、トマトソースは酸味が強めの爽やかでジューシーなソース、とても美味しいですね。食べ較べると、それぞれのトッピングの持ち味がよく生かされております。

f:id:yokobentaro:20150113105331j:plain

少し遅れて『マルゲリータ』、これはやっぱり外せないメニューですね。モッツァレラとバジルの葉が風味豊かでこれも美味、仲間にお裾分けも忘れずに。

f:id:yokobentaro:20150113105346j:plain

ほぼ同時に『ジェノベーゼ』も到着、さらにバジルの良い香りがテーブルいっぱいに広がり、これを三等分して分けます。本当にこのバジルの香り、食欲が刺激されますね。素手で一気につかみ取りムシャムシャと頬張り……あっという間にお皿は空っぽ、仲間の皿も同様になっておりました。

f:id:yokobentaro:20150113105446j:plain

お腹も満足したところ、ではそれぞれ飲み物を空にしていざ映画館へ!

結果、『ホビット』の二作目は観てませんでしたが、なんとなくストーリーは理解できて楽しめました。エンドロールに、登場したキャラクターの素描画が使われていますが、凄い上手な美術スタッフ描かれているのでしょうね、惚れぼれしながら見入っておりました。

僕もあんな上手に絵が描けたら、いいな……。

●昨日歩いた歩数……一万三千七百四十八歩。前日よりも落としてしまいました。