涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草 だらんまの富山ブラック!

本当に寒い日が毎日続きますが、こうなってくると昼食のラーメン率がどんどん高くなりますよね。

「いやいや、それはお前だけだろ?」
という返事が、どこからか返ってきそうですが……。
でも、いつも同じ系統のラーメンばかりでは、さすがに飽きてしまいます。そこで、普段の食べ親しんでいる種類のラーメン店から離れ、ちょっと毛色のかわったラーメンを食べることにしました。そこは、前から気になっていた浅草のラーメン店『だらんま』、ここでは『富山ブラックラーメン』が看板メニューだそうです。

f:id:yokobentaro:20150105113157j:plain

所在地は、浅草国際通り沿いの『浅草ROX』の手前、通りを挟んだ斜め前に位置します。『富山ブラックラーメン』って、かなり塩辛いラーメンだと聞いておりますが、どんなものなのでしょうか? ラーメンをおかずに白飯を食べるのが地元流というお話です。では、入店してみましょう。
入口右の券売機で食券を購入します。いろいろと種類がありますね。中華そばに油そば、味噌ラーメンにつけ麺と、どれも美味しそうなのですが、まずはそのお店の看板メニュー『中華そば(富山ブラックラーメン)』七百円也を選びました。白飯は……そこまでお腹が空いていないので購入しませんでした。
カウンターにはラー油とお酢にブラックペッパー、なんか、粉チーズのような容器もありますね。何に使うのでしょう? ちょっと中身は確認できませんでしたが……。

f:id:yokobentaro:20150105113237j:plain

お昼の時間を少し外して入店しましたので、それほど待たずに『富山ブラックラーメン』とご対面! たっ、たしかにスープがブラックですね。トッピングは刻み葱にメンマ、分厚いバラ肉の叉焼に粗挽き黒コショウがたくさん振りかけてあります。それにオプションで、おろしニンニク、ガーリックフライ。これは店員さんに声をかけると出してもらえます。これらが無料なのはニンニク好きには嬉しいサービスですね。

f:id:yokobentaro:20150105113344j:plain

ではオプションのおろしニンニク、ガーリックフライをたくさん入れて、さっそくスープから。お、なかなかいい感じの塩気ですね!
しっかりと出汁のとられたスープにこの濃い口の醤油がとても合います。気のせいですか、はじめて食べたのになぜか懐かしさを感じる味です。麺は中太ちぢれ麺、スープがよく搦んで麺がキツネ色、美味しいです。分厚いバラ肉の叉焼は、これ一枚でご飯が一杯は食べられそうな大きさ、お腹が空いているときに来店しましたら、やはり白飯を購入したほうが良さそうですね。ちなみにご飯のおかわりは無料のようです。
たしかに、スープは通常のラーメンと比較すると塩気も含めて濃いめの味付けですが、僕はかなり好きですね、この味。とても美味いのでスープもどんどん飲み干してしまいます。また、この多めに使われている粗挽き黒コショウがスパイシーなアクセントになっていてたまりません。
結局、白飯なしでも美味しく完食。でも次回はちゃんとこちらも購入して『富山ブラック』を堪能したいものですね。
●昨日歩いた歩数……一万二千百十五歩。少しは伸びたものの横ばいです。