涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋 らあめん花月嵐のすきたに

気がつけば、またまた午前様ギリギリです!

この日はひとり、浅草橋で軽く一杯。の、つもりでしたがすでに数杯、午後十一時閉店の立ち飲み屋でさらに粘って三十分、お店を後にトボトボと墨田区は本所のアパートまで帰ります。
例によってJR浅草橋の東口から国際通りを蔵前方向に向かっておりますと、またまた『らあめん花月嵐』の店舗の灯りが目にとまり……ハテ?

f:id:yokobentaro:20150103134145j:plain

なんか、のぼり旗を四本も立てて、何を宣伝しているのでしょう?
そののぼり旗には『徳島中華そば すきたに』と書かれてあります。徳島のラーメンは食べたことがありません。ちょうどシメにラーメンが食べたいところ、試してみましょうか!
入店しましていつものように食券を購入、お値段はたぶん七百五十円也(酔っ払っていてうろ覚えですみません)。この時間はお客さんの数も少なく、比較的待たずに注文の品が供されます。そして、お待ちかね、『徳島中華そば すきたに』が目の前に!

f:id:yokobentaro:20150103134546j:plain

思ったよりもスープの色が濃い茶色をしております。トッピングはメンマに分葱、茹でモヤシと、ここまではポピュラーな感じですが、叉焼の代わりに豚バラスライスが乗っていて、さらには生玉子が真ん中に落とされています。
ではさっそくスープから。色的には魚介系なのかと思いきや、動物系の濃厚な出汁でした。豚のエキスが強く感じられる味で、甘みの強い醤油味です。僕の家では「牛すき焼き」ではなく「豚肉のすき焼き風」をすることが多いのですが、最後には濃厚なほどの豚肉のエキスが出ている醤油ダレが残ります。ま、最後にこれをご飯にかけて食べるのが最高のシメなんですがね。その味に似ていてとても美味です。
麺は少し硬めの中細ストレート麺。コシがあってこの濃厚スープがしっかりと搦みますね。モヤシの食感もとても良い感じです。豚バラ肉が焼肉風で美味しいので、ご飯がほしくなりました。別売りのライスを購入しなかったのが悔やまれます。

f:id:yokobentaro:20150103134634j:plain

そして、三分の一ほど食べたところで、いつもの『激辛壺ニラ』という辛味のきいたニラを多めに投入!甘さの中に辛さの刺激がたされてひと味違ったスープになります。これがまた変化がついて美味しいので、どんどん丼の中身の量が減っていきます。が、ここで生玉子をスープに溶くのを忘れておりました。慌てて溶き込みスープを啜りますと、ものすごくマイルドな味に変身します。生玉子を溶くとさらに麺の搦みがよくなり、もう止まりませんね。いつものように完食ですが、明らかにカロリーオーバー! どうしましょう……。

『徳島中華そば すきたに』、すき焼き風の美味しいラーメンでした。やはりこのお店の期間限定ラーメン、侮れません!
●昨日歩いた歩数……一万六百三十六歩。あれ? またサボってしまいました(汗)。