涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

台東区寿町 魚料理 遠州屋

この日は、飲み仲間が十一名集まってのちょっとハードな飲み会、皆さんお強い方ばかりなので……。その宴会場は、僕の仕事場から約三分ほどの場所にあります。

f:id:yokobentaro:20141231122219j:plain

屋号は『魚料理 遠州屋』、新鮮なお刺身や天ぷらなどのお料理が自慢のお店だそうです。場所は、東京メトロ銀座線の田原町駅から徒歩一分、簡単な地図を作ってみました。

f:id:yokobentaro:20141231122244j:plain

宴会の始まりは午後六時からなのですが、五分前にはほぼ全員が揃ってお出迎え、強者たちはすでに別のお店で午後四時から飲んでいたそうです(汗)。

さっそく幹事が瓶ビールを人数分注文し、まずは乾杯! テーブルには先付けが三種用意されていました。魚のすり身を卵黄で焼いた感じのもの(すみません、料理名わからなくて……)と醤油ダレで煮た牡蛎にキノコと魚卵入りの煮こごりです。こちらをつまみながらビールを……美味しいですね、魚のすり身入りの玉子は甘めに味付けされていて口の中で蕩けます、伊達巻きの味に似ていますか。牡蛎もしっかりと味がしみ込んでいてビールによく合い、煮こごりも魚卵のプチプチした食感が面白いですね。すでにこれだけで中瓶一本飲んでしまいました!

f:id:yokobentaro:20141231122404j:plain

そちらを堪能していると、刺身盛りが運ばれてきました。ちょっと鯛の目が怖いですが、捌きたてなのですね、とても新鮮な魚介類が堪能できます。特に鮪の脂ののりがちょうどいい塩梅。このへんからウーロンハイに切り替えました。他の酒豪のみなさんは日本酒を熱燗で多量に注文して消費、恐れ入ります(汗)。

f:id:yokobentaro:20141231122440j:plain

次に鱈の西京焼と茶碗蒸しが続けて運ばれます。またこの西京焼、脂がのっててちょっと甘めの味付け、ご飯がほしくなります。が、ここはつまみでウーロンハイ二杯分のあてに。茶碗蒸しはウーロンハイでちょっと冷えてしまったお腹にはとても有難いですね、このタイミングで出てくるのはさすが、舌にも体にも優しいお味です。

f:id:yokobentaro:20141231122557j:plain

さらには天ぷら、鰤大根と続きます。天ぷらは海老と鱚と白身魚(ハゼのような食感?)に、しし唐が添えられています。抹茶塩でいただきますので、とてもさっぱりとしています。これをつまみにさらに二杯、飲み放題をいいことにハイペースで注文していきます。

鰤大根、これも濃いめで甘さもちょうどよくご飯がほしい一品です。今の時期ならではなのでしょうか、脂ののりがすごいです!

f:id:yokobentaro:20141231122721j:plain

飲み放題のラストオーダーまでにウーロンハイをさらに三杯飲んでいますと、シメの浅蜊の味噌汁が配膳されてきました。また飲んだ後の味噌汁は格別ですね。

宴会のコースは二時間、会費は七千円でした。しかし、飲み放題つけてしまうとちょっと飲み過ぎてしまいますね。宴会がお開きになっても誰も帰りませんので、結局この後も日付が変わる直前まで盛り上がって梯子酒が続きました……。

●昨日歩いた歩数……一万六千四百九十九歩。少しだけ挽回しました!