涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草 つけ麺家 利平

f:id:yokobentaro:20150103184313j:plain

昨日、浅草寺の様子を見にいった際に、せっかくなのでお昼を済ませましょうかと訪れたのが『つけ麺家 利平』。所在地は、雷門のすぐ近くなのですが、雷門を背に大通りを右側に歩いて三分ほど、通りの対岸になりますが、スーパー『OZEKI』の少し先にあります。

f:id:yokobentaro:20150103151200j:plain

昨日は三が日の最終日ということもありましたので、ちょっと早めの午前十一時四十分ぐらいに入店しましたが、すでに席がいっぱいです。軽く見渡しますと、あえてひとりなら座れる席はありましたので食券を購入することにしました。では何を食べましょう、表の看板にある『味噌らーめん』八百六十円も気になりますね。

でも、せっかくなのでこのお店の屋号にもある『つけ麺』を注文することにしました。で、こちらの『つけ麺』は七百六十円なのですが、「小」「並」「中」「大」がなんと同一料金。「小」は180グラムと量が少ないものでトッピングが一種類つくそうです。「並」は220グラム、「中」が330グラム、「大」になりますと440グラムもあります。さらにプラス百円で「特大」550グラムなんてメニューもあります(汗)。
ここは欲張って「大」といきたいところですが、ちょっとお正月疲れの胃袋をいたわって「中」にしておきました。そちらがこの写真です。意外と麺少なめ? と思われることでしょう。ところがこれ、太麺のストレートでそこそこボリュームがあります。
つけダレには短冊切りの叉焼とメンマが沈み、刻み葱が浮いておりまして、焼き海苔が一枚添えられています。

f:id:yokobentaro:20150103151011j:plain

テーブルには「つけ麺通の楽しみ方」と「お品書き」のプリントされたメニュー表と調味料が配置されています。右の壺は「削り節粉」、左の壺には「玉ねぎ」のみじん切りが入っていますので、この二種類をつけダレに適量入れてみましょう。

f:id:yokobentaro:20150103151108j:plain

では、つけダレに麺を浸して一口。こちらのつけダレ、魚介系を前面に出している甘めのあっさりした味ですね。これが太麺によく味が搦んで美味、さっぱりしていていくらでも食べられそうな勢いです。先ほど加えた削り節が和風のいい風味をさらに醸し出して、玉ねぎのシャキシャキ感と香味も、とてもいいですね。これらを入れるの、僕としてはオススメです。

お酢はお好みでお使いください。僕はあまり使わないほうですので……。
麺を食べ終わりましたら「スープ割り」をオーダーしましょう。この甘めのつけダレに上品な味の熱々スープ、とてもよく合って美味しいです。つけ麺でクールダウンしたお腹もポカポカ、こちらもオススメ!
この330グラム、結局十分とかからずに平らげてしまいました! ちょっと少なめでしたかね、440グラムにしなかったことを悔やみましたが、店を後にして二十分ぐらいで満腹中枢が刺激され、お腹が苦しくなってきました。
やっぱり適量がいちばん! ですよね……。
●昨日歩いた歩数……一万二歩。さらに少ない歩数で推移してしまいました!