涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草橋 Curry Dining BONZOのブラックチキンカレー

皆様、明けましておめでとうございます!

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

本日の未明から、近くの『浅草寺』と『浅草神社』は初詣の方々でとても混雑しておりますので、僕はこの混雑が収まった頃に詣でようかと思います(汗)。

お正月といえば、「おせちもいいけど、カレーもねっ」なんてコマーシャル、昔ありましたよね(またまた古い!)。

ここのところ麺類がちょっと続いてしまいましたので、久しぶりにカレーが食べたくなりまして、そこで、以前から入ってみたかったお店に行ってみることに。

そのお店の名前は『Curry Dining BONZO』。JR浅草橋駅東口から国際通りを蔵前方面へ、『らあめん花月嵐』の入っているビルの地下一階にあります。ここを通る度にスパイスのいい香りがしていましたので、気になっておりました。

f:id:yokobentaro:20141230131347j:plain

さっそく、表に出ている写真つきのメニュー表をチェック。見た目の色味がインパクト大の『ブラックチキンカレー』、即このカレーに決めました。お値段も七百円と、手の込んでいそうな見た目の割にはお安いかと。

階段で地下まで下りるのですが、入口に大きな「ビートルズ」メンバーのイラストが、さらにはお店の中の至るところに音楽関係の写真やグッズ、LPジャケットなどが飾られています。そのLPジャケットはといいますと、「レッド・ツェッペリン」のアルバムジャケットが中心でした。写真で飾られている人物たちは、「エリック・クラプトン」だけはわかるのですが、他の方もおそらくプログレッシヴ・ロックのギタリストの有名な人だと推察しますが、すみません、あまり詳しくありませんので……。

極めつけは、「フェンダー」のテレキャスターというエレキ・ギターの本物が飾られておりました。年代物のようです。

それはさておき、この日は休日、それも午後二時近くでしたが店内は女性客でいっぱいです。女性に人気のお店なのでしょうか、男の客は僕ひとりでした。ではさっそく、お目当ての『ブラックチキンカレー』を注文します。その時に飲み物の種類を聞かれました。なんと、コーヒーかオレンジジュースかウーロン茶がセットでついているとのこと。さらにお得感が増します。ではアイスコーヒーを食後に。

f:id:yokobentaro:20141230131546j:plain

店内をいろいろ物色していること十分ほど、件の『ブラックチキンカレー』が運ばれてきました! スパイシーないい香りで、ルーはかなりトロ味が強い感じですね。グリーンサラダも付きます。テーブルには福神漬けが用意されていますので、これを多めにご飯に盛りましょう。

ではひと口。焙煎された香味野菜とお肉などを煮込んだエキスで、この強い色味のルーが仕上げられているのでしょうか、とても濃厚でさらにはスパイスが効いていて美味。欧風カレーのような感じかと思ったら、甘みは抑えめでパンチの効いた辛口のカレーです。ひと口大にカットされた鶏肉もふんだんに入っていてとても柔らかく、タマネギの食感も残してありとてもいいですね。

今まで食べたことのないカレーの美味しさに、みるみる食が進みます。グリーンサラダはドレッシングに胡麻油も使われているようで風味がいいですよ。野菜の下にはパスタが敷かれていて、ドレッシングと相まってさっぱりした味で美味しいですね。

この前から、カレーはゆっくりと食べることを心がけているのですが、やっぱりムリでした。結局十分もかけずに完食、食後のアイスコーヒーをいただいて店を後にしました。

あ、書き忘れるところでしたが、こちらトッピングメニューもあり、ウインナー・チーズ・温泉玉子がそれぞれ五十円、唐揚げが八十円、オムレツが百二十円、エビフライが百五十円、ひれかつが百八十円とリーズナブルです。次回は何かトッピングしてみたいところですが、万歩計の歩数しだいですね。でも、三が日はさすがに営業していないでしょうか……。

●昨日歩いた歩数……二万百二十六歩。去年の締めはギリギリ目標に届きました!