涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

千駄木 麺や ひだまり

谷中散策の最中、お昼にさしかかると、ついつい立ち寄ってしまうラーメン屋さんがあります。所在地は『谷中ぎんざ』のすぐ近くになりますが、商店街を抜けて『よみせ通り』に出ましたら右折します。

f:id:yokobentaro:20141211103910j:plain

そこから二、三分でお目当てのラーメン屋さんに到着します。屋号は『麺や ひだまり』、塩ラーメンが美味しいと仕事関係の方から聞いて、それから通うようになりました。

万歩計で時間を確認すると、午後一時を五分ほど回ったぐらいの微妙な時間帯です。急いでお店の前に行ってみると、外で待っている人は見当たりません。

f:id:yokobentaro:20141211104023j:plain

「これは待たずに入店できる!」

と、思いきや入口付近の券売機の前で座席の空き待ちの方が三名ほど。五分ほどで座席に案内されていきました。その直後に二名ほど店から出てきたので、すかさず入店。カウンター席は三席ほど空いてましたので、食券を購入することにしました。

『和風塩らぁ麺』に『和風醤油らぁ麺』、あっ『塩つけ麺』があるのは気づきませんでした。迷った挙げ句、『味玉和塩らぁ麺』八百二十円也を購入しました。

僕が席についた直後は隣に二席空いていましたが一分も経たずに満席に。本当に人気店ですね、タイミングがもう少しズレていたら待たないと食べられませんでした!

カウンターには既に挽かれているタイプのコショウと、自分で挽くタイプのコショウの二種類が配備されています。

f:id:yokobentaro:20141211104057j:plain

待つこと五分ほどで『味玉和塩らぁ麺』とご対面。糸のように細く刻まれた赤唐辛子、白髪葱に貝割れ大根、その上に刻んだ柚子の皮、メンマに炙り叉焼までが『和風塩らぁ麺』と同じトッピングで、プラスの味玉はレンゲにのった状態で供されます。

f:id:yokobentaro:20141211104149j:plain

黄金色に輝くスープには油の幕がはり、とても美味しそうですね。さっそくスープから。動物系と魚介の節系のスープはとてもバランスよくブレンドされて、見た目よりも遥かに濃厚でコクのあるスープ、塩加減も絶妙でとても優しい味です。細麺にもよく搦んで、一気に食が進みます。柚子の風味が爽やかで、とてもこのスープに合っていますね。

ちょこっと厨房の中をチラ見してみると、容器に入れられた、砕いた紅色の岩塩と思しきものがありました。とても興味深いものを使用していますが、どこで仕入れているのでしょう? 手に入れたくなります。

味玉は半熟で黄身にはしっかり味がつけられ、甘辛さが絶妙ですが決して味付けは濃過ぎず、いくつでも食べられてしまいそうです(また担当医に怒られますので自重します……)。炙り叉焼は歯ごたえがあり、瑞々しい仕上がりで、ご飯にのせて叉焼丼にしてもとても美味しそうな出来ばえです。

ゆっくりと食べていたつもりですが、ほんの十分足らずで完食! 元気をもらいましたので、今日もまだまだ歩けます!

●昨日歩いた歩数……二万三千五百六十三歩! 横ばいをやっと脱却できました。