涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

麺屋 江武里の特製江戸醤油らー麺

本日は、雷門を背に南へ徒歩五分ほど、駒形橋のたもとにある『麺屋 江武里』のお話をさせていただきます。三日ほど、ここのお話が連続してしまいますが、おつきあい願えれば幸いです。

最近のこのあたりは海外からの観光客が急増しました。やはりスカイツリー効果なのでしょうかね? 駒形橋を渡り、徒歩十数分ぐらいでスカイツリーに到達しますが、近くで見ると圧倒されます。

この近辺のラーメン店でもたまに外国の方々がお食事をしているのを見かけます。彼らの目線からしても、日本の食文化としてラーメンはとっくに定着しているのでしょうね。

左の写真が『麺屋 江武里』の外観。少し判りづらいですが、『喜多方ラーメン 坂内』の左隣になります。実はこのお店の隣も台湾ラーメンを提供している料理店なので、ラーメン店が三軒並んでいるような状況です。

f:id:yokobentaro:20141125110751j:plain

まずは入口横の券売機で『特製江戸醤油らー麺』の食券を購入。

『江戸醤油らー麺』は七百五十円ですが、『特製』は千円近くのお値段になります。その内容は、叉焼三枚の増量に加えて味付け玉子がつき、焼き海苔も増量。満足度は格段に上がることでしょう。ガッツリと食べたい人にはおすすめです。

『浅草カリー麺』も興味をそそられたのですが、それはまた次回の楽しみに。

店内には控えめなボリュームでジャズが流れていて、なかなかオシャレな雰囲気を醸し出していますね。

ちなみに大盛りにしてもお値段は同じです。店員さんが食券を引き取りにきた際、「大盛りにしますか?」と訊かれましたが、「いえ、普通で」と答えました。食べきれない量だと困りますので……。

テーブルには、『江戸醤油らー麺』と『浅草カリー麺』のラーメンのこだわりが文章にまとめられてテーブル近くに貼られていました。特に、『江戸醤油らー麺』は材料を極力東京近辺の食材店で調達しているとのことです。

f:id:yokobentaro:20141125110810j:plain

数分ほどで『特製江戸醤油らー麺』は運ばれてきました。器から叉焼がはみ出しています! 

この叉焼の大きさにはちょっとビックリしました。さっそく一口スープを啜ってみると、

「美味しい!」

しっかりとして濃厚な動物系の出汁と、さっぱりした削り節やアサリなどの魚介系の出汁が絶妙にブレンドされて、日本酒の甘みを加えた醤油ダレの美味みと良くマッチしたスープですね。さらに、隠し味の柚子の風味が食欲をそそります。

次に麺を口に運んでみます。これは中太ちぢれ麺で、思ったよりもツルツルしたのどごしの麺ですが、よくスープが搦んでいて食べ飽きません。青葱も二種類ブレンドされているので、甘めの葱と辛めの葱が絶妙なコントラストをつけていて、とても美味しいです。

叉焼もスチームコンベクションオーブンというオーブンで調理していると書かれていて、実際に食べてみると柔らかいのに歯ごたえがしっかりあり、これもいい感じ。海苔も日本橋の老舗で購入しているとあって、しばらくスープに浸かっていても崩れることなく、しっかりした海苔の風味を味わうことができます。

大盛りをご注文されている方が近くにいましたので、しばし観察。運ばれてきた麺の量を見てビックリ。今度、お腹がものすごく空いているときに大盛りを頼んでみましょう。

●昨日歩いた歩数……一万四千七百歩。前日よりは歩きました!