涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

合羽橋道具街の不思議なオブジェ

僕の仕事場は地の利が合羽橋に近いので、一日分の歩数が足りないときに散歩コースとしてよくこの場所を散策します。

ただ、ひとつここで問題なのが自分の衝動買いの癖。本間商店やプロパックを覗くと、どうしても何かしらの食材を購入してしまいます。こちらの二店は業務用の食材を扱っていますので、量もたくさんで値段もお得!

先日は業務用のクリームシチューの素とうま味調味料それぞれ1kg入りと、やはりそれぐらいの量でしょうか、タルタルソースにフレンチドレッシングまで購入。レギュラーサイズと較べてみると、その巨大さがわかります。買ったはよいのですが、持って帰るのが大変でした。

業務用のラーメンスープの一斗缶と粉末ソースの大袋も気にはなったのですが、こちらはさすがに思いとどまりました。

f:id:yokobentaro:20141114171225j:plain

こちらの写真は合羽橋道具街のスタート地点。角の食器店『ニイミ』の建物を見上げると、巨大なコックさんが東南方向を凝視しています。たしか子供の頃にあったオブジェは板に描いた絵だったような気がします。

こちらを北へ真っ直ぐに進み、言問橋通りと交差するまでが合羽橋道具街となります。その中間地点を過ぎたあたりで、不思議な形のオブジェを見つけました。

f:id:yokobentaro:20141114171241j:plain

「ビルの屋上に聳え立つ、カッパ?」

いや、よく見ると烏帽子のようなものをかぶって、脇に鯛のような魚を抱えています。

どうもカッパではなく恵比寿様だったようです。

でも、夜にここを通って空を見上げると、ちょっと怖そうですね。

いろいろな場所を散歩してみると、何かしらの発見があってとても面白いですよ!

●昨日歩いた歩数……二万二千六百四十四。やった、目標歩数達成!