涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

中華そば つし馬

本日は再び浅草方面に戻りまして、雷門通りから観音通りに入り、新仲店通りと交差する手前に位置するラーメン店『つし馬』のお話をします。

さすがに東京屈指の観光名所、浅草寺のお膝元にありますのでお昼時には混み合ってなかなか入れませんでした。最近は少し時間をずらして食べにいってます。

そして、たいていは厨房前のカウンター席に座ります。

ここのラーメンは、とにかく煮干しの効いたスープが特徴で、あっさりとした少し甘めの醤油味です。通常のラーメンを注文しても力強い煮干しの出汁が美味なのですが、さらに煮干しを増量しているバリ煮干しラーメンというメニューがあります。

f:id:yokobentaro:20141112150703j:plain

その写真がこちらになりますが、表面に煮干し特有の銀粉が浮き上がっているのがお判りでしょうか。煮干し好きの方には堪らない逸品かと思います。

叉焼は豚バラ肉で作られていて、比較的厚切りなのが嬉しいですね。とてもジューシーに仕上がっています。麺は細目で、よくスープが搦んでいます。

メンマもしっかり味付けされてとても美味しいですね。

煮干しが大好きのな僕としては、スープを残さずまた完食してしまいました。

夏の期間は冷やしラーメンがメニューに追加されますので、暑い時期はお勧めの逸品です。こちらは来年の暑い時期にあらためてご報告したいと思います。

●昨日歩いた歩数……一万三千二百十一歩。まだまだ!