涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

富士らーめん

昨日はカレーのお話をしましたので、今日は、数あるお気に入りのラーメン店のうちのひとつをご紹介します。

ここ浅草界隈は、すき焼きに天麩羅、寿司や鰻のお店が数多く、どちらかといえば『昔ながらの粋な和食』の宝庫かと思っていましたが、最近はラーメン店の開業がよく目に止まります。

つい最近の話になりますが、田原町から国際通り沿いに浅草ROXに向かうひとつ手前の角に、『富士らーめん』という屋号のお店がこの夏に開業しました。

正直、僕は夏の暑さが苦手で苦手で……夏の間はどうしてもラーメンを食べる気にはなれず、『富士らーめん』の暖簾を潜ったのは秋のお彼岸を少し過ぎた頃でした。

入口を入ると右手に食券の販売機があるのでメニューを確認すると……、

「あ、つけ麺もあった!」

ついつい声に出てしまいました。つけ麺なら、暑い時期でも食べられたのに……。

気をとり直してまずはラーメン。ですが、トッピングには欠かせたくない味付け玉子乗せを注文しました。

f:id:yokobentaro:20141111170537j:plain

写真のように、食べやすくふたつに切られた味付け玉子がプラスされています。この玉子、だし汁によく漬かっていてとても美味しいですよ。

叉焼も、とてもジューシーで噛むほどに味が染み出てきます。

そして、特筆すべきはスープの濃厚さ。動物系のスープはポタージュスープのように出汁が存分に煮出されてトロトロしており、魚介系スープとほどよくブレンドされていて絶妙なハーモニーを醸し出しています。

麺は自家製で、入口の左手にある小部屋に、小麦粉の大きな袋が何袋も積まれています。この小麦粉が中細麺になるのですね、とてもスープとの相性が良い仕上がりになっています。

ふと気がつくと、器の中は空っぽ。スープまで完食してしまいました。

次に来店するときはつけ麺を注文してみます。また、そのコメントは後日お知らせできればと思います。

●昨日歩いた歩数……一万一千二百九十三歩。少ない……。