涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

千代田区神田須田町 フクモリの三元豚の厚切りロースカツ定食(笑)!!!

さて、新年も明けて十日ほど経った頃、今年初めてのフネさんグループの昼食会のお誘いを受けました。そのメンバーはフネさんを筆頭に、いつものようにガッキィさん&久々の参加のクロちゃんと、僕を含めた四人でした!!!

f:id:yokobentaro:20180115165603j:plain

とりあえず、秋葉原の『ヨドバシカメラ』のMac売場に午後一時半に集合し、向かった先は、その昔万世橋駅があった『マーチエキュート神田万世橋』。あれ? この奥には、僕らが食後にコーヒーをよく楽しむ『フクモリ』というお店があるぐらいですが、いきなりコーヒーブレイクでしょうか???

f:id:yokobentaro:20180115165622j:plain

いえいえ、実はその『フクモリ』……午前十一時から午後三時まで、ランチメニューがしっかりとありました(笑)!!! うーん、これはまったく気付いておりませんでしたね(汗)。ちなみに住所は千代田区神田須田町一丁目二十五番地四号、『マーチエキュート神田万世橋』の一階に所在します。

f:id:yokobentaro:20180115165636j:plain

で、そのランチメニューは三種類あり、どのメニューも千円でいただけるとのこと。でも、『名物! 山形牛ハンバーグ』は売り切れの模様ですね。残すは『三元豚の厚切りロースカツ』と『サクラマスの味噌粕漬け焼き』……どちらも日替りのメニューのようです。粕漬けの魚も美味しそうなのですが、お肉のほうが腹持ちが良いので、本日は『三元豚の厚切りロースカツ』にしてみましょう。……あっ、四人とも同じメニューを選びましたね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180115165653j:plain

この店内、線路下の高架を利用しておりますので、内部がアーチ型の造りなのも洒落ていますね。この高架沿いには神田川が流れていることもあり、窓側の席もオススメですよ!!!

f:id:yokobentaro:20180115165801j:plain

そして、その反対側の壁面は煉瓦造りで、このレトロな趣も良い感じですね!!!

f:id:yokobentaro:20180115165816j:plain

……四人の雑談が白熱すること十分少々、それを遮るように、木の盆に載ったコチラが配膳されてまいりました!!! カツの揚り具合の色味がすごくいい感じですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180115165845j:plain

そのメインディッシュには、『三元豚の厚切りロースカツ』とともに、千切りキャベツとカラシが添えられております。ソースが小さな器に別添えになっているのも嬉しいですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180115170024j:plain

そのソースの脇には、大根のお新香も載っておりました。コッテリした食べ物には、やっぱり欠かせない一品ですよね!!!

f:id:yokobentaro:20180115170049j:plain

ご飯の器は小さめで、このカツを合わせて食べるには、少々量が物足りなさそう……。

f:id:yokobentaro:20180115170104j:plain

っていうか、小鉢の卯の花だけでこれ一杯は食べられてしまいますよね(笑)!!! この卯の花は上品な甘味、おからの食感も滑らかでとっても美味ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20180115170124j:plain

さらにはお味噌汁も付いてきます。具は白菜に油揚げ、塩分は抑えめで身体に優しい味付けです。今の時期の白菜の旨味も活きていて、最高な味わい(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180115170154j:plain

では、添え付けのソースをすべてカツに回しかけ、いただきます……。

f:id:yokobentaro:20180115170221j:plain

おおっ、衣はサックサクで、肉の旨味が違う!!! お肉は厚みがあるにもかかわらず、簡単に噛み切れてしまう柔らかさ!!! 噛めば噛むほど、お肉の旨味が口いっぱいに広がります。そして、脂身のプリッとした食感と甘味が甘辛いソースにピッタリで、ご飯が一気に進んでしまいますよ……案の定、カツを三切れ食べきる前に、ご飯は食べきってしまいました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180115170240j:plain

カツのあまりの美味さに四人とも終始無言……あっ、気がつけばガッキィさんは早々に食べ終わっておりました(笑)。そして、僕も食べ終わった頃にあらためてメニューに目を通してみると、何と! ご飯とお味噌汁はお替り自由なことが判明いたしました(汗)!!!

「これは、次回は必ずお替りをしなければ!!!」

と、僕はかたく心に誓い、お店をあとにするのでした……。

台東区田原町交差点 新年は寿司居酒屋 日本海のお寿司のテイクアウト?

一月も、もう中旬になってしまい恐縮なのですが、お話は年明け早々まで遡ります(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180111191306j:plain

お正月の三が日、ここ関東あたりは、晴天に恵まれた清々しい三日間でした(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180111191318j:plain

その中日の一月二日は、親戚関係が昼過ぎから実家に集ってまいります。そこで母親から、浅草田原町の交差点角にある『寿司居酒屋 日本海』の浅草店に、予約しておいた寿司盛りを貰ってくるようにとのお達しがあり……。

f:id:yokobentaro:20180111191352j:plain

代金の七千二百円ほどを支払って、傾けないように合羽橋近くの実家まで運んでおりました(汗)!!!

この『寿司居酒屋 日本海』浅草店、住所は台東区雷門一丁目六番地五号になります。

f:id:yokobentaro:20180111191426j:plain

蓋を開けるとこんな感じ……かなり豪華なようですが、これを総勢十一人で突ついたら、あっという間に売り切れてしまいそうですね(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180111191451j:plain

イクラの軍艦巻も美味しそうですが……。

f:id:yokobentaro:20180111191520j:plain

鮪のにぎりは赤身と中トロの二種類の美味しさが楽しめますよ!!!

f:id:yokobentaro:20180111191537j:plain

さらには、僕の大好物の穴子にぎり!!!

f:id:yokobentaro:20180111191552j:plain

あっ……雲丹の軍艦巻は美味しそうだったので、つまみ食いをしてしまいました。で、お味はとてもクリーミーで、蕩けるような食感がたまりませんね(嬉)!!!

……思った通り、親戚一同が集まった時点で、僕の口にはほとんど入りませんでした(汗)。うーん、なんだか悔しいので、今度は自分の誕生日にでもこれを買ってきて、独りで思う存分お寿司を堪能してみたいと思います(笑)。あっ、しまった……一月二日は自分の誕生日でした(大汗)!!!

……なんだか本日はしょうもないお話で、スミマセンでした(泣)。

お口直しに……この後日、おせち料理に飽きて友人とファミレスの『ガスト』へ、コッテリしたものを食べに出かけたときのお話をいたします(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180111191623j:plain

メニューから『ミートドリア』四百三十一円(税込)と『ドリンクバー』二百三十七円(税込)を注文。おせちやお寿司などが続くと、どうしてもこのようなメニューが食べたくなりますよね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180111191643j:plain

注文してから十分少々の待ち時間で、コチラが配膳されてきました!!! おおっ、全面をグラタンのようなホワイトソースが覆っており、さらにはミートソースがトッピングされ、粉チーズと乾燥パセリが振りかけられていますね。表面の、ほどよい焦げ加減もいい感じ(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180111191716j:plain

それではさっそく、いただきます……あっ、下に敷かれたライスは黄色く色づけされておりますね。そして、ホワイトソースはおそらくチーズが溶け込んでいるのかクリーミーな濃厚さ、そしてミートソースの甘味も相性がとても良く、思わずたくさん口の中に(笑)……みなさまのご想像通り、口内ヤケドとなりました(泣)!!!

f:id:yokobentaro:20180111191732j:plain

食べ終わると同時に、口の中を冷やそうと『ドリンクバー』でコーラを貰ってきました。うーん、食後の炭酸もとても美味しく感じますね!!!

f:id:yokobentaro:20180111191753j:plain

そして、大好物のメロンソーダも、もちろん貰ってまいりました。この日も昼間っからさんざんお酒を飲んでしまいましたので、一日の〆はソフトドリンクがよろしいかと。あっスミマセン、今度はオチのないお話になりました(汗)……。

錦糸町olinas 4F 洋麺屋ピエトロの、魚介のジェノベーゼセット(笑)!!!

あっ、ようやく一月六日に「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を観てまいりました。午前中に中学校時代の友人二人と合流し、『錦糸町olinas』の四階にある『TOHOシネマズ 錦糸町』で鑑賞したのですが、三時間近くあったであろう映画も、魅入ってしまって気付けばエンドロール……。

f:id:yokobentaro:20180109154934j:plain

さて、食事も摂らずにお昼の回を鑑賞しましたので、スクリーンをあとにした頃にはお腹がペコペコ……せっかくなので、このフロアにある料理店『洋麺屋ピエトロ』というお店に、一年ぶりに入ってみることにしましょうか。たしかスパゲティのメニューが中心のお店で、けっこう美味しかった記憶があります!!!

f:id:yokobentaro:20180109154950j:plain

相変わらず、壁に貼り付いているアート作品みたいな、店頭のサンプルの飾りかたが素敵ですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180109155009j:plain

さらには『ピエトロドレッシング』のキャラクターの人形(?)が笑えます(大笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180109155026j:plain

それはさておき、まずは入口でメニュー表をチェックしてみましょう。これは土・日・祝日限定のようですが、今年も以前食べた「HOLIDAY SET」なるものがありますね。

f:id:yokobentaro:20180109155046j:plain

これは、千三百円・千五百円・千八百円枠のパスタを一種類選んで、『サラダバー』と『ブレッドバー』(どちらもお替り自由)をセットにするというもの。このセットは断然お得ですよ(笑)。

f:id:yokobentaro:20180109155103j:plain

うーん……少々迷った挙げ句、今回は千五百円のスペシャルセット枠から『魚介のジェノベーゼ』セットにしてみました。これとは別に、プラス二百十円の『ドリンクバー』も付けましょう。で、ここですっかり忘れておりましたが、『TOHOシネマズ 錦糸町』の映画鑑賞チケットを提示したら、『ドリンクバー』がサービスになりますよ(嬉)!!! チケットの半券を捨てていなくて良かった(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180109155128j:plain

さっそく『魚介のジェノベーゼ』をセットで注文、まずは『サラダバー』『ブレッドバー』から、それぞれバイキングしてきましょう(笑)。パンはクロワッサンやクリームパンなど種類は数種類ありますが、ひと口サイズなので全種類味わっても大丈夫ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20180109155143j:plain

サラダの具材はかなりの種類がありまして、全種盛るのは難しいのでお替りをしましょう。『ピエトロドレッシング』は醤油ベースやシーザーなど、六種類ほど用意されているのも嬉しいですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180109155202j:plain

で、一気にパンとサラダを頬張っているところに、メインのディッシュが運ばれてまいりました!!! うーん、バジルソースとにんにくの香りがたまりませんね……。

f:id:yokobentaro:20180109155226j:plain

細目のパスタといっしょに和えられているシーフードは、海老・イカ・アサリ・貝柱・ツナなどですね。さらにはプチトマトとバジルの葉も添えられております。

f:id:yokobentaro:20180109155301j:plain

それでは、パスタをひと口……うん、茹で加減はちょうどよいアルデンテ状態。麺にはしっかりとバジルソースの爽やかな風味とほどよい塩気、にんにくの香りも搦んでいてすごく美味しいですよ。それに、魚介の旨味もこのソースとの相性が良いですね(笑)。プリっとした海老とイカの食感に加えて貝柱・アサリの美味さもたまりません。ツナが、思ったより「ジェノベーゼ」に合うことにもビックリ(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180109155316j:plain

あっ、せっかくなのでパンとサラダをお替りしに、いったんフォークは置きましょうか。この数種類のパンの中で、ハムとマヨネーズのパンがやたらと気に入っておりますが、食べ過ぎはキケンですかね!!!

f:id:yokobentaro:20180109155336j:plain

……サラダは、やっぱりポテサラとかを多めに盛ってしまいますね(汗)。揚げにんにくもタップリ載せて、後々のことはまったく考えずに食べ進みます(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180109155404j:plain

f:id:yokobentaro:20180109155417j:plain

f:id:yokobentaro:20180109155431j:plain

そして、パスタとサラダを食べ終えたあとは、『ドリンクバー』から好きなドリンクを選んできてから、仲間と雑談の続きを楽しみましょう。グレープジュースにアイスコーヒー、アップルジュースを立て続けにお替りしながら……。

f:id:yokobentaro:20180109155443j:plain

さらにパンもお替り(笑)!!! 小さいとはいえ、合計十五個も食べるとかなりお腹がキツくなりますね。で、新年明けからの食べ過ぎが祟っているのか、結局この日だけでも体重が二キロ以上増えてしまいました(大汗)……。

台東区上野 アメ横近くの珈琲喫茶 二木のミートソース(笑)!!!

元旦から酒浸りの生活……で、家に篭りっきりなのも良くないと思い、一月四日は先輩を強引に誘って、映画の鑑賞がてら御徒町方面まで外出してまいりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180108165151j:plain

そして、映画を観終わった時間は午後三時過ぎでした。お腹がペコペコなのもしかりですが、煙草をゆっくり吸いたいということもあり、向かった先はアメ横のすぐ近くの『二木ゴルフ』地下にある『珈琲喫茶 二木』というお店。

f:id:yokobentaro:20180108165244j:plain

住所は台東区上野四丁目六番地一号になります。御徒町方面からアメ横の入口を入ってすぐの路地を左折すると、『徳大寺』というお寺がありますが、その左隣にある階段を下った左側に位置します。

f:id:yokobentaro:20180108165302j:plain

……さすがに『上野動物園』のお膝元、こんなポスターが貼られておりました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180108165323j:plain

さっそくお店に入って、まずは『アイスコーヒー』五百円を二つ注文し、煙草を一服……。

f:id:yokobentaro:20180108165341j:plain

あっ、当然ガムシロップとクリームはたくさん投入しました(笑)!!!

では、コーヒーを啜りながら、フードメニューも物色しましょうか……おっ、『ミートソースデミグラ仕立て』七百円というメニューがありますね。そういえば、前にこのお店のランチで『ナポリタン』は食べておりましたので、本日は『ミートソースデミグラ仕立て』にしてみましょう!!! ちなみに先輩は、『たらこスパゲティ』を注文しておりました。これも美味しそうなので、次回に試してみましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20180108165358j:plain

そして、注文してから十分ほどで配膳された『ミートソースデミグラ仕立て』がコチラ!!! スパゲッティは細目で、茶褐色のミートソースがタップリとトッピングされ、乾燥パセリが振りかけられております。このメニューには、パルメザンチーズとタバスコも添えられてきますので……。

f:id:yokobentaro:20180108165412j:plain

この上に、パルメザンチーズとタバスコを適量振りかけて、いただきます!!!

f:id:yokobentaro:20180108165425j:plain

パスタは比較的柔らかい食感。ミートソースは挽肉以外に、細かく刻んだマッシュルームも混ぜ込まれておりますね。デミグラ仕立てとあって、味わい深いコクのあるソースですが、しっかりと甘めに味付けされているので僕好み。挽肉の旨味に甘めの味付けって何でこんなに美味しいのでしょう(嬉)!!!

……などと写真を撮りながら食べ進んでいると、もう先輩はとっくに食べ終わっておりますね(汗)。そこで、コチラも一気にパスタを掻き込み完食!!!

f:id:yokobentaro:20180108165444j:plain

お腹はいっぱいになりましたが、外は寒いので、このお店でまだゆっくりとしていたいところ。なので、追加で『コーヒーゼリー』五百五十円を二人前追加することにしました!!!

f:id:yokobentaro:20180108165500j:plain

……が、ずいぶんと豪勢な『コーヒーゼリー』が運ばれてきましたね(笑)。クラッシュさせたゼリーの上には、生クリームに加えてバニラアイスの玉が二つもトッピングされております!!!

f:id:yokobentaro:20180108165513j:plain

うーん、コーヒーゼリーのほろ苦さに、生クリームの淡い甘味とマッタリとした旨味の相性もバッチリですが、さらにヒンヤリとしたアイスクリームが加わると、贅沢この上ないスイーツに進化いたしますね!!!

あっ……コチラを食べながら、さらに雑談が加速してしまい、気付けば三時間近くも長居しておりましたので、そろそろ解散といたしましょうか(汗)!!!

 

www.yokobentaro.com

 

ちなみに、今回はドリンクとお食事は単品で注文いたしましたが、午前十一時半から午後三時のランチタイムでは、パスタセットはドリンク付きで八百五十円ですので、午後三時までの入店がオススメですよー(笑)!!!

で、この日観た映画は「DESTINY 鎌倉ものがたり」でしたが、この二日後には中学時代の友人と、また別の映画を観にいく約束を……そのとき食べたお食事のお話は、後日いたしますね!!!

千代田区三崎町 大衆食堂 石川甚三郎が、ビストロ石川亭に名前変更?

年末の仕事納めに近づいた頃、毎度のことですが、フネさんと水道橋で合流して食事に出かけておりました。で、どうもJR水道橋駅東口近くに、新しいお店ができたとのことですので、とりあえず白山通りを神田神保町へとブラブラと……。

f:id:yokobentaro:20180105173333j:plain

あれっ? たしかここは、以前『大衆食堂 石川甚三郎』という名前のお店でしたよね? それがいつの間にか『BISTRO石川亭』という、オシャレな名前に変わっておりますね(汗)!!!

住所は、千代田区三崎町二丁目一番地十六号。JR水道橋駅東口を出て、白山通りを神田神保町方面に四分ほど歩いた場所に位置します。

f:id:yokobentaro:20180105173402j:plain

f:id:yokobentaro:20180105173514j:plain

入口に貼られたポスターには「ビストロ石川亭のハンバーグ専門のお店 水道橋店」とコピーが入っており、ガラスケース内にはソースの種類が掲載されておりますね……。

f:id:yokobentaro:20180105173536j:plain

さっそく店内に入って、券売機をチェックしてみましょう!!! すると、本当にハンバーグメニューとサラダ、ドリンクばかりになっております。以前は生姜焼きやトンカツなどもありましたが、どうもハンバーグ一本にメニューを絞ったようです……。

f:id:yokobentaro:20180105173603j:plain

さて、その種類は『デミグラスソース』『にんにくステーキソース』『辛口トマトソース』『おろしポン酢ソース』と四種類のソースがあり、さらにはシングルとダブルの量がありますが、本日は『にんにくステーキソース』のシングル九百円……をフネさんが選びましたので、僕も右に倣えで同じものにしてみました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180105173748j:plain

カウンター席に腰かけ、手持ちの食券をお店の方に手渡し……あれっ? 厨房の中にいる方たちは、以前のお店と同じ顔ぶれですよね。で、待つこと十分とかからずに配膳されてきたのが、コチラ(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180105173958j:plain

ライスの盛りは、以前と変わらず多くも少なくもなく、ちょうどよい盛りですね。

f:id:yokobentaro:20180105174022j:plain

メインディッシュのハンバーグは、なかなかのボリュームがあります。お醤油色のステーキソースに混じるはスライスにんにくでしょうか、すごく香ばしい匂いが漂ってまいります(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180105174041j:plain

付け合わせはマッシュポテト・インゲン・人参・コーンで、彩りの良い見た目になっておりますね。うーん、目からも美味しいメインディッシュ……。とくにこの人参、すっごく甘くて美味でしたし、マッシュポテトも滑らかで絶品(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180105174058j:plain

では、お箸でハンバーグを切ってみましょう。おっ、断面はこの厚みで、しっかりと空気抜きされた感じの挽肉とともに、ザク切りのキャベツが混ぜ込まれております。

それでは、ガブリといってみましょう(笑)……空気抜きされた挽肉は滑らかな食感、さらにお肉に火が通り過ぎていないのでとっても柔らかですね。そのやわらかな食感の中にキャベツのザクっとした歯触りが加わると、とても良いアクセントになります!!!

にんにくソースは思ったよりも甘めで、何となく懐かしい下町の洋食屋さんのソースのよう。そこに、にんにく風味が加わると、最強の美味しさになりますね(嬉)。あっ、スライスにんにくは揚げたものをソースに入れて煮込んでいるようですので、あの独特な風味はあとまで残りません。おそらくは、ランチで普通に食べても匂いは大丈夫かと思いますよ!!!

さて、残すは『デミグラスソース』『辛口トマトソース』『おろしポン酢ソース』の三種類……次回はどれを試してみましょうか(笑)!!!!!

台東区浅草雷門近く 富士そばで年越しそば……たぬきときつね(笑)!!!

とうとう、今年も最終日を迎えてしまいましたね……実はこの三日ほど前から、「年越しそば」を兼ねながらのダイエットをしようかと目論み、二日連続で浅草にある『富士そば』で昼食を摂っておりました。

f:id:yokobentaro:20171230115215j:plain

所在地は、雷門を正面に見て、雷門通りを右側(スカイツリー方向)に少し歩いたあたりなのですが、年が明ける前からこの『浅草寺』の混雑はすごいですね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20171230115645j:plain

さて、すぐに『富士そば』に到着しましたが、何を食べましょうか……。

f:id:yokobentaro:20171230115703j:plain

丼ものなども美味しそうですが、ここはやはり「年越しそば」ということで、お蕎麦のメニュー限定で選びましょうかね(笑)。

f:id:yokobentaro:20171230115851j:plain

あっ、『冷やしたぬきそば』は三百九十円とお手頃価格、本日はこのメニューにしてみましょう。ちょっと寒い日でも、何となく冷たい蕎麦って、選んでしまいますよね……。

f:id:yokobentaro:20171230115918j:plain

さっそく、店内に入って食券を買いましょう。券売機はけっこうボタンがあるので、お目当てのボタンを探すのにそこそこ迷います。ヤバッ、後ろに人が並び出した(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20171230115933j:plain

……で、無事食券を購入し、店員さんに手渡すこと三分ほどの待ち時間で配膳口に貰いにいったのがコチラ。うーん、揚げ玉がタップリで美味しそうですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20171230115950j:plain

あれっ? ふと気付いたのですが、この器の端にへばり付いている薄緑の物体……かなり量が多くありませんか?

f:id:yokobentaro:20171230120014j:plain

まずは、この大盛りワサビを溶かずに蕎麦をいただきましょう……冷たい蕎麦はモチッとした歯触りで、醤油の塩気に加えて甘味もしっかりしたタレが、よく搦んでおります。この蕎麦とともに、ワカメの旨味と揚げ玉のサックリとした食感がピッタリと合います。さらには刻み葱の香味が加わると、もう最高ですね(笑)!!! 

……あっ、ワサビの効いた食べ物は、比較的好きですので、タレに全部溶き入れてみましょうか。ところが、さすがにこの量を全部使うのは無謀だったようで、タレが薄緑に(汗)。蕎麦の中にワサビの塊が溶けずに残っていたものを、食べてしまったのでもう大変、鼻の中が痛くてたまりません(笑)!!! それでも、タレもすべて飲み干してしまいました。すると、少し詰まり気味だった鼻が、妙にスッキリとしておりました(大汗)。

f:id:yokobentaro:20171230120034j:plain

で、その翌日は、さすがに前日の『冷やしたぬきそば』のワサビの恐怖が頭を離れず、別のメニューにすることにしました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171230120052j:plain

それに、寒い日にはやっぱり熱々のお蕎麦のほうが良いですよね。そこで、温かい『きつねそば』三百九十円にしてみましょう。食券を店員さんに手渡し、やはり待つこと三分ほどで出来上がったのがコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20171230120122j:plain

トッピングは、薄いタイプのお揚げが二切れと、タップリのワカメに刻み葱。ここに七味唐辛子を目一杯振りかけ、いただきます……。

f:id:yokobentaro:20171230120156j:plain

おっ、麺は冷しよりも柔らかく感じますね。ほんのり出汁と醤油の風味のする麺つゆは、関東風のようは濃い味ではなく、ほどよい塩気に甘味が加わった優しい味付けですね。この麺つゆにワカメと刻み葱の風味、それに七味唐辛子の辛みが加わるとさらに美味しくなりますね。さらには、食感のしっかりとしたお揚げの甘い味付けもあとを引き、五分もかからずに麺つゆも飲み干し完食(笑)!!! さて、これで無事に年が越せるといいですね……。

f:id:yokobentaro:20171230120307j:plain

お腹も膨れたところで、腹ごなしにウォーキングでもしましょうか。浅草方面から隅田川に出てみると、夕陽を浴びた水上バスの『ヒミコ』が、川面を航行しておりました。何だか年の瀬を感じさせない、のどかな光景だなぁ……。

皆様、この一年も拙い内容の当ブログをご拝読いただき、心から感謝いたしております。また、来年も宜しければ、ご贔屓にしていただけると嬉しく思います!!!!!

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯にも、釜たまうどんがありました!!!

先週の金曜日は、小学校時代の仲間の忘年会に誘われておりましたが、うっかり昼食を食べそびれてしまい、気付けばもう午後四時近く……。空腹で飲むのは、かなりキケンそうですよね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133659j:plain

そこで、軽くうどんでも食べておこうかと考え、いつものように蔵前橋通りと浅草国際通りの交差する角にある『なか卯』に食事に出かけてきました。

f:id:yokobentaro:20171225133714j:plain

例によって、店頭に貼り出されているメニュー表を物色……『釜たまうどん』の並三百九十円というメニューがあることに、今さらながら気付きました。これなら消化も早そうですし、午後六時半からの宴会までにはお腹にも隙間ができるでしょう。さらには「こだわり卵」の文字も気になります(笑)。

f:id:yokobentaro:20171225133734j:plain

さっそく店内に入って食券を購入……窓際の席に腰かけると、何だか小ぶりなクリスマスツリーが置かれておりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133758j:plain

それはさておき、待つこと三分ほどで配膳されてきた『釜たまうどん』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20171225133814j:plain

あっ、てっきり生卵がトッピングされてくるかと思いきや、別添えになっているのも嬉しいかも。醤油ダレをかけられたうどんには、刻み青葱と白ゴマが添えられておりますね。さらには柚胡椒付きなのも良い感じです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133830j:plain

f:id:yokobentaro:20171225133843j:plain

生卵は、黄身と白身を分けられるスグレモノの調理具が添えられておりますが、こうした心遣いはとても嬉しく感じます。でも、勿体ないので白身ごと投入するつもりですが(笑)。

f:id:yokobentaro:20171225133859j:plain

せっかくですので、まずは卵を落とさずに、そのままぶっかけ状態で食してみましょうか……おっ、ツルツルモッチリで柔らか食感のうどんは安定した美味しさですが、それに加えてお出汁の効いた醤油ダレがピッタリ合いますね。青葱のほどよい辛みと白ゴマの香ばしさも相俟って、このままでも充分に楽しめますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133915j:plain

では、この中に生卵を投入し、柚胡椒を絞り出しましょう!!!

f:id:yokobentaro:20171225133933j:plain

……んっ! 生卵を溶いてうどんに搦めると、濃厚かつマッタリとした旨味が加わって別物に変身しますね。まるで上質な卵かけご飯のうどん版のようで、ツルツルといくらでも食べられてしまいそう!!!

柚胡椒の香りもさることながら、青葱の香味も相俟って、一気に食べきってしまいました(汗)。完食までの所要時間は、ほんの五分足らず……もう一杯食べたい衝動に駆られましたが、夜の宴会のことも考えて大人しく退散いたしました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20171225133951j:plain

で、その二時間後には地元仲間の宴会に出かけてまいりましたが、その会場はこの『雷門』のすぐ右脇になります。ここで問題……これから僕が行こうとしているお店は、どこでしょうか? 勘のいいみなさんはそのお店がどこか、もう気付かれたかと思いますが、長くなりましたので、続きはまた明日にいたしますね!!!