涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

浅草雷門通り ちんや亭でロールビーフ定食を食べました(笑)!!!

先週の土曜日は、再び母親の付き合いで、浅草へ昼食を食べに出かけることになりました。どうもまた、すき焼の老舗『ちんや』の食事割引券の有効期限が近づいたとのことで(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170917184637j:plain

『ちんや』は雷門通りに面していて、田原町方面からですと、雷門の少し手前にあります。住所は台東区浅草一丁目三番地四号。店舗の右側には、精肉店やお座敷席の入口があり、そして左側には、地下へと下りる階段があります。その地下のフロアは『ちんや亭』というレストランになっており、ステーキ・すき焼・しゃぶしゃぶを、定食として楽しめます。ただし、ここのフロアはランチ営業のみで、営業時間は午後四時まで、ラストオーダーは午後三時半までとなります。

f:id:yokobentaro:20170917184657j:plain

あっ、当然現金分のお支払いは僕の奢りになりますので、前もって店頭にあるメニュー表のお値段をチェック……うーん、さすがにランチで二千円超えはキツいので、『ハンバーグ』か『ロールビーフ』あたりでしょうかね……。

f:id:yokobentaro:20170917184942j:plain

では、まずは地下へと続く階段を下って……あっ、八十歳を過ぎた母親が、エラい勢いで階段を下っていきます。よっぽどお腹が空いているのでしょうか(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170917185004j:plain

下った先には食品サンプルがあります。『塾選サーロインステーキ』のサンプルに目を惹かれますが、これはお誕生日会などの、特別な日の楽しみにとっておきましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170917185023j:plain

さらに先に進みますと、隠れ家的な扉が見えてきすので、その内側へと入ります。座席は厨房を囲んだ、コの字型のカウンター席のみです。入店した時間は午後一時でしたが、珍しくお客さんは誰もいない……と、思いきや、その直後に数人のご来店がありました。

f:id:yokobentaro:20170917185053j:plain

いちおう、卓上に用意されたメニューをチェック……前回は、そういえば『ハンバーグ』定食を食べましたね。そこで、今回は『ロールビーフ』定食千六百五十円を試してみましょうか。このメニューも、八十過ぎで歯がよくない母親でも普通に食べられるのでは……。

f:id:yokobentaro:20170917185157j:plain

さっそく『ロールビーフ』定食を、二人前注文しました。すると、まずは冷たい焙じ茶とサラダが目の前に置かれます。

f:id:yokobentaro:20170917185217j:plain

サラダは、千切りされたキャベツ・人参・水菜にプチトマトが添えられていて、お醤油ベースのサッパリとした和風ドレッシング仕立て。酸味が効いていて食欲が湧いてきますね!!!

f:id:yokobentaro:20170917185238j:plain

そして、待つこと十分ちょっとで『ロールビーフ』が配膳されてきました!!! 『ロールビーフ』にはソースがタップリとかけられ、照り具合がとっても魅力的ですね(笑)。付け合わせにはモヤシの醤油漬け、それに練りカラシ添えられています。このお料理……チーズを中心に入れて黒毛和牛百パーセントの挽肉を巻き、輪切りにしたものを焼いたという感じですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170917185303j:plain

定食にはもちろん、飯椀も付いていますが、ご飯にピッタリと合いそうですね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170917185319j:plain

そして、赤出汁の椀も付いてきます。具は豆腐に芹……コチラもとても美味しいですよ。

f:id:yokobentaro:20170917185334j:plain

それでは、『ロールビーフ』をいただいてみましょう……牛挽肉はギュっと硬めなのかと思いきや、お箸で簡単に切れますね。その挽肉は牛の旨味がしっかりとしており、脂っこくはなくてサッパリといただけます。サッパリとしてはいるものの、チーズのコクが足されると、美味さ倍増ですよ!!!

さらには少しトロ味のあるソースがよく搦み、肉の美味しさをいっそう引き立ててきます。お醤油ベースで少し甘めの和風なソース、これだけでもご飯が進んでしまいそう(笑)。ただ、今は炭水化物を制限していますので、お替りはいたしません!!! で、極力母親のペースに合わせて、ゆっくりと完食……ごちそうさまでした。

気になるお勘定は……合計三千三百円のところ、会員カード割引で五パーセント引きになり、さらには食事割引券が二百七十四円分ありましたので、二千八百六十一円で済みました(嬉)!!!

割引券がなくても、『ちんや』の系列でこのお値段で食事が楽しめるのは、けっこうお得感がありますので、次回は友人とここで早い時間からビール&お食事を満喫することにいたします(笑)!!!!!

 

www.yokobentaro.com

 

千代田区飯田橋 和彩かくやの焼き鮭といくらの親子丼定食!!!

先々週の火曜日は、久しぶりにフネさん&ガッキィさんと食事会を開きました。集合場所は、いつものようにJR水道橋駅です。さて、本日はフネさん、どのようなお店を見つけたのでしょうか……。

f:id:yokobentaro:20170908173020j:plain

水道橋駅の西口から、飯田橋方面へと向かっていきますね。そして、行き着いた先は『和彩かくや』という和食のお店……住所は千代田区飯田橋二丁目十二番地十号になります。

f:id:yokobentaro:20170908173045j:plain

さっそく店頭のメニュー表をチェック。しばらく、お昼は脂っこいものが続いていたので、和食はとても嬉しいチョイスですね(笑)!!! 定食は週替わりも含めて七種類……さて、本日は何にしましょうか!!!

f:id:yokobentaro:20170908173106j:plain

それでは、店内に入って再びメニューを物色。フネさんとガッキィさんは、『麦とろ飯と厳選豚あぶり定食』ですか。僕は珍しく、お肉でないものを食べたかったので、迷った挙げ句『焼き鮭といくらの親子丼定食』九百八十円に決めました。ご飯は大盛りがサービスとのことで、大盛り(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170908173130j:plain

そして、十分ほどで配膳された『焼き鮭といくらの親子丼定食』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20170908173200j:plain

大盛りご飯が隠れて見えません(嬉)!!! この親子丼は、ご飯の上に刻み海苔を散らせ、その上に焼き鮭をほぐしたものを敷きつめ、いくらをトッピング。さらに、刻んだ分葱とガリを添えたものでした。彩りが、とてもキレイですね!!!

f:id:yokobentaro:20170908173221j:plain

定食には豆腐の味噌汁と……。

f:id:yokobentaro:20170908173247j:plain

和風ドレッシングのかけられたサラダと……。

f:id:yokobentaro:20170908173321j:plain

お醤油入りの小皿、タクアンと菜っ葉のお漬物も付いてきます!!!

f:id:yokobentaro:20170908173339j:plain

では丼をひと口……うん、ご飯に刻み海苔の風味+焼き鮭の凝縮された旨味+マッタリとしたコクと塩気のいくら+刻み分葱の爽やかな香味=上品で贅沢な美味しさです(笑)!!!

ほぐした鮭のほんのりとした塩気と、いくらの塩気だけでも本当に美味しく感じますので、スプーンを運ぶ手が止まらなくなります。が、半分ほど食べ進んだ時点で、お醤油入りの小皿の存在を思い出し、回しかけることに……。

ところが、ついつい喋るのに夢中で、うっかり小皿を持つ手が滑り、お醤油はすべて丼の中の米に吸い込まれていきました(汗)!!!

で、だいぶご飯は塩っぱ目にはなりましたが、これはこれで美味しいかと思います。でも、何でも添えられたものを使い切ろうとする考えは、以後反省したいと思いました(大汗)!!! それはさておき、次回はどのメニューを試してみましょうか……。

鮭といくらの親子丼……どうしても、親子丼といえば鶏肉と卵を真っ先に連想しますが、この取り合わせの丼も非常に美味しいことがわかりましたので、実家でもさっそく試してみようかと思います(笑)!!!!!

晩の食生活シリーズ スーパーヤマザキのにぎり寿司は侮れない(笑)!!!

九月に入ってから、恐れていた猛暑攻撃はさほどでもなかったのですが、それでも八月の暑さのダメージが身体に残っていて、食欲もまだ本調子ではありませんでした。そんな日の晩ご飯時、実家に立ち寄ってみると……。

f:id:yokobentaro:20170911190047j:plain

ちゃぶ台には、パック入りのにぎり寿司が用意されておりました! どうも母親が、台東区三筋町にある『スーパーヤマザキ』まで、猫のミーさん用のホタテを買いにいったついでに用意したのでしょう。このにぎり寿司は『潮騒』という商品名で、お値段は税込七百四十三円のようです。そういえば、前から気になっていたのですが、『スーパーヤマザキ』を調べたら、やっぱり「山崎製パン」のグループ会社だそうです(笑)。

f:id:yokobentaro:20170911190133j:plain

では、さっそく上蓋を外してみましょう……お寿司が九貫と、卵焼きが一切れ入ってました!!!

f:id:yokobentaro:20170911190152j:plain

鮪の赤身が二貫と白身魚・イカ・いくらの軍艦・貝類二種・蒸し海老が各一貫……。

f:id:yokobentaro:20170911190218j:plain

僕の大好物の煮穴子も、一貫入っておりますね(嬉)!!!

まずは、鮪から……おっ、ネタはけっこう新鮮ですね。食感もしっかりとしていて、鮪独特の旨味もなかなかのもの! イカのネットリとした美味しさと、貝類のコリッとした食感も楽しく、いくらの塩気に舌鼓。生の海老も良いけれど、やっぱり蒸した海老の独特の風味が酢飯によく合いますよね(笑)。で、最後は柔らかくて甘い煮穴子の、マッタリとした美味さで〆ました。パンのヤマザキ系列とはいえ、美味しいのはパンばかりではありませんでした!!!

f:id:yokobentaro:20170911190324j:plain

ミーさんはといえば……ホタテをたっぷりと堪能したあとでしたので、にぎり寿司にもまったく反応せずでした(汗)。本日の僕の晩ご飯はこれだけ! といいますのも……。

f:id:yokobentaro:20170911190357j:plain

お昼をだいぶ過ぎた時間に、蔵前橋通りと浅草国際通りの交差点にある『なか卯』で……。

f:id:yokobentaro:20170911190425j:plain

「店舗限定 毎日お得なランチセット」の四百九十円セットをしっかり食べておりましたもので(汗)。五百円玉でお釣りがくるのは、やっぱり嬉しいですよね(嬉)!!! セットの販売時間が午前十時~午後五時というのもありがたい限りです!!!

f:id:yokobentaro:20170911190448j:plain

で、選んだセットは『和風牛丼(並)+小うどん冷やし』……。

f:id:yokobentaro:20170911190522j:plain

食券を店員さんに手渡すと、三分も待たずにコチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170911190633j:plain

『小うどん冷やし』には、そこそこの量の揚げ玉が載っております。その上に、別添えの刻み葱とおろし生姜をすべて投入!!!

f:id:yokobentaro:20170911190927j:plain

そして『和風牛丼』には、卓上の紅生姜と山椒をたくさん使いましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170911190945j:plain

……何だか紅生姜が多過ぎましたかね(大汗)。この牛丼は和風だけあって、玉葱ではなく長葱が使用され、食べやすくカットされた糸蒟蒻も牛肉とともに煮込まれています。味付けは少々濃いめの甘辛で、牛肉は柔らかくホロホロに煮込まれています。そこに山椒の風味が加わると、鰻丼のような風味が味わえて美味しさが増しますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170911191306j:plain

『なか卯』のうどんはツルツルモッチリで柔らか食感、よく冷えたうどん汁は少し濃いめの塩気で美味です。生姜の爽やかな香味と揚げ玉のマッタリ感もたまりませんね。

……あっ、お話を戻しますが、これだけお昼を食べていたら、晩ご飯はお寿司ワンパックだけで充分ですよね。この食事量をしばらく維持して、早いうちに標準体重まで戻したいところです(大汗)!!!!!

晩の食生活シリーズ 上野松坂屋の、鮪の中落ち丼を食べました……

九月になって、やっと過ごしやすい陽気が続きひと安心ですが、八月の後半に差しかかった時期からの猛暑続きで、一時期はお昼ご飯はおろか、晩の食事もあまり食べたくない日々が続いておりました。そんなある日の晩に、実家に立ち寄ってみると……。

f:id:yokobentaro:20170829164723j:plain

大きく「天然」とシールの貼られた丼型のパックが、ちゃぶ台の上に置かれておりました。パッと見た感じ、どうも鮪の中落ちのようなものが盛られております。

f:id:yokobentaro:20170829164949j:plain

では、上蓋を外し……やっぱり『鮪の中落ち丼』で間違いなさそうです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170829165008j:plain

このお弁当は『上野松坂屋』のデパ地下にある、『魚屋の寿司 北辰鮨』という『大丸松坂屋』直営のお店で、五百円ちょっとで特売されていたようです。最近では、デパートのお弁当のお値段もお手頃になったので、利用しない手はありませんよね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170829165024j:plain

鮪の中落ちは、量がタップリと載せられております。この鮪の上に、添えられていたワサビをトッピングして、お醤油を回しかけていただきます……おっ、ご飯が酢飯なのが嬉しいですね(嬉)。鮪赤身の中落ちは新鮮なものを使用しているせいか、ネットリとした食感もたまらなく、鮪本来の旨味もしっかりと感じます。暑い時期には嬉しい赤身、とってもサッパリといただけるお弁当ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170829165042j:plain

……でも、これだけではさすがに栄養のバランスが偏りますので、野菜も食べましょう。このプチトマトと胡瓜も『上野松坂屋』で購入したとのことですが、プチトマトの甘さにビックリ!!! 胡瓜の食感もシャッキリしていて、とても美味です!!!

f:id:yokobentaro:20170829165105j:plain

デザートには皮付きの桃が用意されておりましたが、これでビタミンの補給もバッチリですね。この桃は長野県の親戚が贈ってくれたもののようです。食事の〆は、このジューシーな甘さに舌鼓を打ちました。

控えめな量の食事……涼しくなったとはいえ、夏バテの食欲不振が相変わらず続いておりますが、せっかくなので、この機会にしっかりとダイエットしておきたいと思います(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170829165137j:plain

で、今回も鮪にまったく興味を示さない猫のミーさん……。

f:id:yokobentaro:20170829165159j:plain

胸やけが続いているのか、葉っぱばかりシャリシャリと蟹ってばかり……。

f:id:yokobentaro:20170829165225j:plain

それでも、その前にしっかりとホタテの貝柱とドライフードは食べていたようですので、とりあえず夏バテは大丈夫そうです(笑)。……ミーさんの体調も、この暑さが収まりましたので、これからは活発な時期に突入です!!!

f:id:yokobentaro:20170829165309j:plain

僕の場合、食欲が落ちるとブログのネタ的にも、やっぱ困りますね(大汗)!!! うーん、困ったときにはミーさんのドアップ写真か、苦し紛れの趣味のお話などを……。

f:id:yokobentaro:20170829165509j:plain

僕は某大学の漫画研究会の出ですので、深夜アニメなどはたいていの作品を観ておりますが、数年前にハマっていた『魔法少女まどか★マギカ』のストーリー上で登場する……。

f:id:yokobentaro:20170829165524j:plain

「ソウルジェム」のガシャポンに、かなりの金額を投資してしまいました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170829165640j:plain

と、いいますのも、発光ダイオードなどで光るギミックのものに、ついつい惹かれて飛びついてしまいますもので(大汗)。それじゃ、まるで「飛んで火に入る夏の虫」ですよね(苦笑)……。

台東区浅草 浅草ROX前 福しんの焼豚チャーハン大盛り(笑)!!!

昨日のお話で、「麺が二日も続きましたので、明日は黄色いチャーハンを、オマケの量ではなく大盛りで堪能したくなってきました!!!!!」などと締め括ったものの、駒形の『中国飯店 楽宴』のランチには黄色いチャーハンがレギュラーメニューにはありません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170831200029j:plain

しかたがないので、本日は浅草方面にブラブラ……浅草国際通りから『浅草ROX』脇の路地に入ると、右側に『福しん』というラーメンチェーン店があります。そういえば、ここにもチャーハンがありましたかね。このお店の住所は、台東区浅草一丁目二十四番地九号、新仲見世の入口の少し手前になります。

f:id:yokobentaro:20170831200044j:plain

いちおう、店頭のガラスケース内のサンプルもチェックしてみましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170831200103j:plain

ちゃんと『焼豚チャーハン』四百五十円というメニューがありました。では、ここでお昼の食事にいたしましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170831200316j:plain

では、さっそく店内に入ってみましょう。ロの字型のカウンター席は十数席、左側にはテーブル席が三卓あります。とりあえずカウンター席に腰かけ、メニューをチェック、果たして大盛りにできるのでしょうか……あっ、ありました。『焼豚チャーハン』の大盛りは、百円増しの五百五十円ですね!!! 

f:id:yokobentaro:20170831200336j:plain

早々に注文を入れて、まずは卓上をチェック。このお店は餃子も売りのようですので、お酢・醤油・ラー油・コショウ・からしなどが設置されておりますね……。

f:id:yokobentaro:20170831200501j:plain

などと物色をしているところ、ほんの数分ほどで、コチラが配膳されてきました!!!

百円増しでこの盛りは嬉しいですね!!! 具はシンプルに、卵と細かく刻んだ焼豚・葱。これらがご飯といっしょに炒められ、黄色く仕上がっております。

f:id:yokobentaro:20170831200540j:plain

まずはひと口……仕上がりは、パラパラではなくモッチリとしていて、何となく家庭的な印象のチャーハンですね。味付けは濃すぎず薄すぎず、卵のマッタリとした優しい旨味が前面に出ていて、ほんのり胡麻油の風味も感じます。これに、しっかりした味付けの焼豚と、葱の香味も加わってとっても美味ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170831200603j:plain

さすがに大盛りですと、多少味が単調になってきますので、半分ほど平らげたら、コショウを振ってスパイシーにしてみましょう……おおっ、コショウの刺激でさらに食欲に拍車がかかります!!! などと食べ進んでいたら、完食までに十分とかかりませんでした。

f:id:yokobentaro:20170831200619j:plain

最後は、卵スープで〆ましょう。何だか見た目が昭和ですね(笑)。優しい卵の旨味と、ワカメの風味の組み合わせは定番の美味しさです!!! あっ、次回はもう少しお腹を空かせて、ぜひ餃子も堪能してみたいところです。ここのお店も『日高屋』に匹敵するお安さ……ていうか、このお店の斜め前にも『日高屋』があります。そのすぐ近くには『一風堂』もありますし、ある意味、この界隈はラーメンチェーン店の激戦区ですね(汗)!!!

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯の冷やし肉おろしうどんセット!!!

f:id:yokobentaro:20170818172215j:plain

ちょっと前に、蔵前橋通りと浅草国際通りの交差する角にある『なか卯』で、「店舗限定 毎日お得なランチセット」の六百九十円セットを堪能しましたが、そのとき食べた『かきあげ丼(ミニ)』が忘れられなくて、ついついまた足を運んでしまいました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170818172250j:plain

その、六百九十円セットの内容とは……

 

選べる小丼→『和風牛丼(ミニ)』or『かきあげ丼(ミニ)』

                +

『冷やし肉おろしうどん』or『ざるうどん大盛』or『ざるそば(山わさび添え)並』

 

という内容の組み合わせ。組み合わせを変えれば、合計六種類のセットが楽しめるというもの。販売時間は午前十時~午後五時になりますが、この店舗だけの限定サービスだったらスミマセン(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170818172314j:plain

セットの『かきあげ丼(ミニ)』はまず決定、麺の三種類からは、今回は「お肉たっぷり!」と書かれていた『冷やし肉おろしうどん』を試してみましょう。これもランチだけの限定商品のようですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170818172337j:plain

さっそく食券を購入して店員さんに手渡すこと、五分ほどの待ち時間でコチラが配膳されてきました。やっぱり、セットだとそこそこのボリュームがありますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170818172356j:plain

では、まずは久々の『かきあげ丼(ミニ)』から……かき揚げは、キレイな丸い形に揚げられており、具材は玉葱・人参・いんげん・むきエビなどがカラリと揚っております。天つゆにサラリとくぐらせてある程度なので、ベタベタしない食感で美味ですよ。サックリした食感も然り、揚げたむきエビの香ばしさがたまりません。本当に、ランチセットだけの限定商品にしておくには勿体ないですね。

f:id:yokobentaro:20170818172423j:plain

そして『冷やし肉おろしうどん』のトッピングには、たっぷり目の大根おろしに刻み青葱、さらには牛丼の具が盛り付けられております。コチラの牛丼は和風ですので、牛肉といっしょにしらたきや長葱が煮込まれた、甘辛い味付けです。

f:id:yokobentaro:20170818172436j:plain

それでは、まずはうどんから……うん、いつものツルツルモッチリで、柔らか食感の麺です。塩気のあるうどん汁はよく冷えていて、夏場には嬉しいですね。大根おろしと青葱の辛味でサッパリとしているところに、マッタリとした甘辛い牛肉の旨味が入り混じり、これは目からウロコの美味しさです!!!

たしかに牛丼としても、この具は美味しいのですが、甘辛い牛肉と冷たいうどんの組み合わせもすごく相性がいいことがわかりましたので、これもぜひ通常の単品メニューにしていただきたいところです……あっ、でもどうせ『かきあげ丼』も一緒に食べたいので、毎回このセットを注文すればいいだけの話ですよね(大汗)!!!

 

www.yokobentaro.com

 

JR御徒町駅北口近く 笠丸そばの(冷)もりそばえび天丼セット!!!

先週金曜日のお昼過ぎは、仕事の合間を縫って、猫のミーさんのおやつの『乾しカマ』と、緑亀の主食の『テトラレプトミン』を買いに、御徒町の『多慶屋』までウォーキングがてら出かけておりました。そのついでに、昼飯も食べてしまいましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170820145226j:plain

で、蔵前方面から春日通りを直進し、昭和通りに差しかかる手前に『笠丸そば』というお店があるのを思い出し、とりあえずここで昼飯にすることにしました。このお店、住所は台東区東上野一丁目十三番地三号になります。

f:id:yokobentaro:20170820145247j:plain

店舗の脇には、「蕎麦とえび天丼」というキャッチコピーの懸垂幕がかけられておりますね。海老天が三本載った天丼、それにもりそばのセットは魅力的!!! さっそく店内に入ってみましょう。

f:id:yokobentaro:20170820145308j:plain

入口を入ってすぐ右にある券売機で、食券を購入……『(冷)もりそばえび天丼セット』は七百九十円ですね。とりあえず、買った食券を配膳口で手渡し、カウンター席に腰かけて出来上がりを待ちます。

f:id:yokobentaro:20170820145348j:plain

店内は、カウンター席が十二席ほどで、午後二時前で半分ほど埋まっておりました。卓上には、一味唐辛子・七味唐辛子・ゴマ/唐辛子の三種の唐辛子が常備されていますが、本日はかけ蕎麦ではないので、出番がなさそうですね……。

f:id:yokobentaro:20170820145407j:plain

そして、待つこと五分ほどで配膳口に用意されたのがコチラ!!! 『えび天丼』も『もりそば』も、しっかり一人前の分量です(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170820145426j:plain

まずは『えび天丼』から……広くて浅めの器に盛られておりますね。中サイズの海老天三本といんげんの天ぷらが一本トッピングされていて、その上には白ゴマと刻み海苔が散らされ、なかなか高級そうな見た目です。タクアンと紅生姜もいっしょに盛られているのは、ちょっと珍しいですかね(笑)。

天ぷらはサクッと揚り、海老の旨味が活きていて美味しいですね。丼つゆはけっこう甘めですので、それだけでもご飯が食べられてしまいそう……あっ、食べ出すと一気に食べきってしまうので、いったん箸を置きましょう(汗)。

f:id:yokobentaro:20170820145456j:plain

『もりそば』は、ちょっと黒っぽい、蕎麦らしい色味の細切りです。それでは、蕎麦つゆに薬味をすべて投入し、蕎麦をどっぷり沈めていただきます……。

f:id:yokobentaro:20170820145512j:plain

おっ、しっかり水で〆られていて、細いのにけっこうコシと歯応えがありますね。蕎麦の風味も比較的しっかりとしていて、これも美味ですよ!!! 蕎麦つゆはちょっと辛めの関東風で、しっかりと麺に醤油の塩気が搦んできます。出汁の風味と刻み葱の香味にワサビの辛さも相俟って、無心に食べきってしまいました(笑)……。そして、残りの『えび天丼』も一気に掻き込み完食。このお店、蕎麦がなかなか美味しいので、いろいろなメニューを試したくなりますよ!!!

あっ、とりあえず返却口に食器を下げて、『多慶屋』に向かうことにしましょう。

f:id:yokobentaro:20170820145529j:plain

それからすぐにペット用品売場に到着したものの、何だか営業しているのかわからない外見ですね。どうも、八月二十一日に家具売場のある建物に移動するとのこと、現店舗は閉める準備を始めていたのでしょうか……。

f:id:yokobentaro:20170820145554j:plain

それでも無事、しっかりと買い物をすることができました!!!

f:id:yokobentaro:20170820145619j:plain

ミーさん用のおやつの『乾しカマ』は、ほたて味とかに味の二種類を用意してみました。どちらもお値段は、ひと袋三百十円とお安めですが、袋を見ただけで血相替えて飛んできますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170820145729j:plain

緑亀の主食の『テトラレプトミン』……こちらのお徳用サイズは千百三十円ほどしますが、これ一つで約一年分なので、さほどお高くはありません。と、いいますのも晩秋から春先までは、一切エサを食べなくなりますもので。飼い出してからもう二十四年……機会がありましたら、その姿をお披露目いたしますね(笑)!!!