涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

千代田区三崎町 Wine厨房tamayaのランチで、タコのアラビアータ!!!

先週の水曜日は、晴れて気温が急上昇!!! そんな真夏のような陽気の中、水道橋に勤めるフネさんからのお誘いで、水道橋近辺で昼食を摂ることになりました。さらには、フネさんの仕事関係の方も同席されるとのことで、この日は珍しく緊張気味でした……。で、午後一時にJR水道橋駅西口改札あたりで集合でしたが、時間前にフネさんのお知り合いらしき人物を発見。フネさんが登場した時点で、僕の勘が的中していたことが判明しました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180518182712j:plain

と、いうことで、さっそく移動開始……フネさんのあとを着いて行きますと、『Wine厨房tamaya』というお店の前で立ち止まりましたが、本日はイタリアンですかね?

f:id:yokobentaro:20180518182805j:plain

このお店の住所は、千代田区三崎町三丁目六番地十五号。JR水道橋駅西口を出ますと、通りの向こう側には『MITOYA』というパチンコ店がありますが、そのちょうど裏手に位置します。お店の前には、メニューの手書きされたブラックボードが出ておりますので、コチラを目印に……。

f:id:yokobentaro:20180518182914j:plain

ではさっそく店内へ……入口を入ると、たくさんのワインボトルがズラリと棚に陳列されており、とてもシックな雰囲気の空間です。では案内された席に着き、メニューを物色。「本日のパスタ」は二種類ありまして、Aは『タコのアラビアータ』、Bは『ホロホロ鳥のラグー』というパスタで、どちらも九百円ですね。

これらのメニューには、スープ・サラダ・プチ前菜・ドリンクも付きますので、けっこうお得感があります。そのドリンクもウーロン茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュース・アイスティー・ホットティー・アイスコーヒー・ホットコーヒーと、選択肢の幅が広いのも嬉しいですね!!!

f:id:yokobentaro:20180518182930j:plain

何気に冷水がボトルで供されるのも、オシャレで良い感じです。で、本日はどちらのパスタにしましょうか……そこそこ迷った挙げ句、僕とフネさんは『タコのアラビアータ』、フネさんのお知り合いの八さん(この場で名刺交換をいたしまして、勝手に彼のニックネームをそのように命名させていただきました)は『ホロホロ鳥のラグー』を注文いたしました(笑)!!! 暑いので、食後の飲み物は『アイスコーヒー』にして……。

f:id:yokobentaro:20180518182951j:plain

すると、少々の待ち時間で、本日のスープとサラダ&プチ前菜が配膳されました!!!

f:id:yokobentaro:20180518183006j:plain

プチ前菜は、食感の柔らかな生ハムですね。ほのかな塩気とお肉の旨味であとを引く美味しさですが、ついついこれをつまみに、赤ワインを飲みたくなってしまいます(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180518183120j:plain

さらに、本日のスープは人参のポタージュのようですが、喉ごしが滑らかでクリーミーな旨味と塩気……胡椒のアクセントが味を引き締めていて美味しいですね!!!

f:id:yokobentaro:20180518183142j:plain

そして、イタリアンドレッシングのかけられたグリーンサラダを食べ終えたタイミングで、メインディッシュの『タコのアラビアータ』が配膳されてきました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180518183207j:plain

トマトベースのアラビアータソースが搦んだパスタとともに和えられているのは、細かく刻まれたタコにキャベツ。その上には刻んだ分葱がトッピングされておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20180518183235j:plain

ではさっそくパスタから……おっ、パスタの食感はモッチリ!!! アラビアータといっても、唐辛子の辛さは控え目で、ニンニクのほのかな香りやトマトの酸味と、味付けの塩気の加減が良い感じ。このトマトの旨味と、火が通って魚介独特の風味が引き出されたタコの美味しさとのコラボは最高です(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180518183335j:plain

このパスタには、キャベツの甘味と分葱の香味もピッタリ、食べ出すとフォークが置けなくなりますね。けっきょく、配膳される時間よりも、食べ終わる時間のほうが遥かに早かったような(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180518183508j:plain

三人の食べ終わるタイミングに合わせて、セットのドリンクが運ばれてきました。そういえば、僕と八さんは暑いので『アイスコーヒー』にしましたが、フネさんは常に『ホットコーヒー』ですね? 真夏のしんどい時期でもホットですが、果たして飲んでいて暑くないのか、毎回不思議に思って観察してしまいます(笑)!!!

千代田区神田神保町 ジンギスカン神保町マカンの、海南チキンライス!!!

先週の金曜日は、また神田神保町あたりで食事を摂ろうかと、フネさんを誘ってお昼時に出かけておりました。そこで、フネさんに「何か最近面白い店とか見つけましたか?」と訊ねたところ……。

f:id:yokobentaro:20180514181935j:plain

シンガポールのランチが食べられるお店が神田神保町にあるとのことで、あとを着いて行くことにしました。そして、辿り着いた先には『ジンギスカン神保町マカン』と書かれた黄色い看板が!!! 

このお店の住所は千代田区神田神保町二丁目一番地、白山通りと靖国通りの交差点から、一本路地に入ったあたりに位置します。けっこうインパクトのある看板ですので、これを目印に見つけられてくださいね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180514182015j:plain

店舗はビルの二階にありますが、その階段の脇には「ランチメニュー」が掲示されておりますね。

f:id:yokobentaro:20180514182031j:plain

その中でも、『海南チキンライス』九百五十円というメニューが気になるところ……。

「シンガポールで一番人気の国民食。

 秘伝のソースと鶏ガラスープ&バターで炊き上げたライス。

 変わらぬ味に安心感をどうぞ」

と、書かれております。シンガポールのチキンライスははじめて食べますので、すごく楽しみですね。では、さっそく店内に入ってみましょう(笑)!!!

店舗の中は落ち着いた雰囲気で、店員の方は南国出身のようですね。では、僕は『海南チキンライス』を注文……。ちなみに、フネさんは『カレーミーセット』という麺類メニューにしましたが、これも暑い日には身体にも良さそうなので、次回はこれも試してみよう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180514182137j:plain
注文してから、十分ほどで供された『海南チキンライス』はこのような感じ、何気に舟形の器が南国っぽいですね。それに、野菜類が多めに使われておりますので、野菜不足の僕には願ったり叶ったりのメニューです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180514182226j:plain

さらには、メインの蒸し鶏用の薬味も付いてきました。

f:id:yokobentaro:20180514182245j:plain

この黒っぽい液体は何でしょうか……。

f:id:yokobentaro:20180514182301j:plain

裏を返すと「ダークソイソース」と書かれておりますね。濃口のお醤油でしょうか、ちょっと興味がありますので、これもあとで使ってみましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180514182315j:plain

そして、ガラスの器には「おろし生姜」と「スイートチリソース」が添えられております。この薬味を添えれば、さらにエスニックな風味が増しそうですね!!!

f:id:yokobentaro:20180514182331j:plain

ご飯は、鶏ガラスープ&バターで炊き上げたとのこと。タイ米のようですが、たしかにパサパサ感はなくて美味しく炊きあがっておりますね。そして、分葱の浮いたスープは鶏ガラ出汁のサッパリした優しい味付け!!!

f:id:yokobentaro:20180514182347j:plain

小舟の器には、茹でて褐色のソースのかけられた青梗菜に……。

f:id:yokobentaro:20180514182402j:plain

蒸した鶏胸肉が胡瓜・トマトとともに盛り付けられておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20180514182431j:plain

フレンチドレッシングの振りかけられたサラダ付きなのも嬉しいセット、これだけ野菜がふんだんに使われた昼食は、かなり久しぶりですね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180514182448j:plain

それでは、蒸し鶏から……おっ、胡麻油の風味が旨味を引き立てていますね。この風味に合わせて、お醤油のような調味料の塩気が絶妙で、このままでも充分に美味しくいただけます!!!

f:id:yokobentaro:20180514182512j:plain

そして、青梗菜には、酸味のないバルサミコのような深い味わいの甘いソースが搦んでいて、いくらでも食べられてしまいそうな美味しさ。意外と、これでご飯が進んでしまいますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180514182542j:plain

ここで、蒸し鶏に「ダークソイソース」、「おろし生姜」と「スイートチリソース」をすべて投入、一気に風味がエスニック料理っぽく早変わり……。

f:id:yokobentaro:20180514182557j:plain

うーん、生姜の香味とチリソースの甘辛さを纏った鶏肉は、とっても美味。さらには、「ダークソイソース」の強い甘味にますます食欲が掻き立てられます。「ダークソイソース」はトロリとしていて、まるでお醤油ベースのカラメルソースのような面白い食材。お肉にこの甘い味付けは相性ピッタリ、あっという間にライスとともに食べ終わってしまいました!!!

ここしばらく、野菜とはほとんど無縁の昼食でしたので、たまにはこのようなヘルシーな昼食をいただかないと、身体には良くないですよね(汗)……。これから暑い季節を迎えますので、ちょくちょくこのような暑い国仕様のランチメニューで、何とか秋まで無事に乗り切ろうかと思います(笑)!!!!!

晩の食生活シリーズ 松屋浅草のチキン南蛮タルタルソース弁当(笑)!!!

ゴールデンウィークの最終日ぐらい、実家で大人しく晩ご飯を食べようかと思いつき、母親の分も含めてお弁当の調達をするため、浅草方面へとブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20180507192608j:plain

でも、これといって良い案が思いつかず、手っ取り早く『松屋浅草』のデパ地下に出かけてみることにしました。本当に、最近思考回路がワンパターンで困ります(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180507192626j:plain

気を取り直して、地下の入口から食品売場へと潜入しましょう。ちなみに『松屋浅草』のデパ地下って、「駅見世」という名称なのが浅草らしくてユニークですね(笑)!!!

それはさておき、この入口を入ってすぐ左手に『創菜いい菜』というお弁当屋さんがありますが、これは「そうざいいいな」と読むのですか……。

f:id:yokobentaro:20180507192644j:plain

で、迷いに迷って購入したお弁当がコチラ! 『チキン南蛮タルタルソース弁当』六百九十八円、ボリューム満点そうなのが決め手となりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180507192709j:plain

上蓋を外すと、このような感じでご飯がタップリ。さらには、ここのチキン南蛮はかなり大ぶりで、かなり食べ応えがありそう(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180507192925j:plain

甘い醤油ダレのかかった揚げ鶏むね肉には、白いタルタルソースがそこそこの量トッピングされていて、その上には赤・黄色のピーマンと、パセリの濃いグリーンが色味を鮮やかにしております。脇にはひと口サイズのちくわの磯辺揚げが、二つ添えられているのも嬉しいですね(嬉×2)!!!

f:id:yokobentaro:20180507193238j:plain

甘めに煮付けられた煮物は、インゲン・揚げ豆腐・人参・大根の四種類。とっても上品な味付けで、冷酒のおつまみに良いかと……でも、連休の最終日はさすがに飲みません(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180507193337j:plain

ちょこっとだけ、ポテトサラダが添えられているのもいい感じですね。そして、薄紅色の大根のお漬物が彩りを添えておりますが、この塩気にはやっぱり冷酒が合いそう(大汗)……。

f:id:yokobentaro:20180507193418j:plain

それでは、チキン南蛮をガブリと……おおっ、揚げた衣にみたらし団子のタレのような甘~い味付けが、ピッタリとマッチ! そこに、タルタルソースのマッタリでクリーミーな酸味が搦むと、最強のおかずになりますよね(笑)!!! 鶏むね肉もほどよい歯応えがあり、噛めば噛むほど鶏肉の旨味が、ジンワリと口の中に広がってきます。作ってから、少々の時間は経過しているとは思いますが、ほとんどお肉がパサついていないのも嬉しいところ。ただ、このチキン南蛮の量でしたら、ご飯がこの倍食べられてしまいますよね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180507193442j:plain

そのチキン南蛮の下には、オイルを搦めたパスタが敷いてありました! 甘い醤油ダレとタルタルソースの余りを搦ませても美味しいですし、こうした食材が隠れているのも、ちょっと得した気分のするお弁当でした!!!

……しかし、僕的にはちょうどよい量だったものの、母親にはこのお弁当は多過ぎたようで、けっきょくこの翌日も残りを食べていたとのことです。次回『創菜いい菜』で買い物をする際には、母親用にはアッサリとした和食系のお弁当を用意することにいたしましょう(大汗)!!!

台東区浅草雷門近く 富士そばのかつ丼セットを食べてみました(笑)!!!

いくら好きだからといっても、さすがに毎食チャーハンやカレーばかり食べ続けていたら、たまに和食系も恋しくなりますね……。

f:id:yokobentaro:20180427130645j:plain

そこで、久々に足を運んだ先は、浅草雷門の近くにある『富士そば』。所在地は雷門を正面に見て、雷門通りを右側(スカイツリー方向)に少し歩いたあたりです。ちょうど雷門通りを挟んで、真ん前には『神谷バー』がありますね!!!

f:id:yokobentaro:20180427130701j:plain

ではさっそく、ガラスケース内のサンプルを物色……。

f:id:yokobentaro:20180427130718j:plain

『かつ丼セット』七百二十円というメニューがありますが、このサンプル、すごく美味しそうに見えませんか? せっかくですので、丼と蕎麦を両方とも味わいたいところ……本日は、このメニューに決めましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180427130737j:plain

まずは、入口を入ってすぐ右側にある券売機で、該当するボタンを探し……。

f:id:yokobentaro:20180427130756j:plain

あっ、写真入りですので即見つかりました。やっぱりこの組み合わせは、人気なのですかね(笑)。で、配膳口で店員さんに「冷たい蕎麦で!」と伝え食券を手渡すこと、ほんの三分ほどで早くも半券の番号が呼ばれました!!!

f:id:yokobentaro:20180427130821j:plain

そして、すぐに配膳台に貰いにいった『かつ丼セット』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20180427131138j:plain

『かつ丼』の卵とじはレア目に仕上がっていて、見た目にも食欲をそそってくるビジュアルです。それにしっかりと、一人前分の量がありそうですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180427131204j:plain

冷たい『もりそば』も、ちゃんと一人前の量の蕎麦が盛られておりますよ!!!

f:id:yokobentaro:20180427131237j:plain

さらには黄色いタクアン、蕎麦つゆと薬味もありますが、ここのお店は何気にワサビが多めです(汗)。でも、敢えてこれはすべて投入してしまいましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180427131313j:plain

それでは、まずはお蕎麦から……おっ、『もりそば』の蕎麦は、冷水でよく〆られていて、モッチリとした歯応えが良い感じ。麺つゆは、関東風のちょっと塩っぱいぐらいの味加減で僕好み、本当に美味しいですね。ただ、思った通りワサビの量が多過ぎて、徐々に鼻が痛くなってきました(汗)!!! ここのワサビは本当に多めですので、ご利用は計画的に……。

f:id:yokobentaro:20180427131335j:plain

次なる『かつ丼』のお味は……とんかつは、ちょっと甘めな丼つゆが衣にしっかり染みていて、シットりとした食感! さらには卵とじは火が通りすぎていないので、とても柔らかに仕上がっていてとても美味(嬉)!!! 黄身のマッタリとした旨味と豚肉の美味しさとのコラボが絶妙、丼つゆが染みたご飯との相性も抜群で、完食はあっという間の出来事でした(笑)!!!

うーん……『富士そば』の『かつ丼』もなかなかの美味しさ。これからは、このメニューを頻繁に頼むと思いますが、この店舗は二十四時間営業ですので、浅草で飲んだあとの〆には、お値段的にもちょうどよいかと思います!!!

でも、そんなことをしていたら、絶対に痩せられませんよね(大汗)……。

台東区稲荷町 浅草稲荷町の吉野家で鶏すき丼を食べてみました(笑)!!!

せっかくのゴールデンウィークなのに、何の目的もなく仕事場の近辺をブラブラ……ちょっと気晴らしに『上野恩賜公園』まで足を運んでみましょうか(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180501163625j:plain

でも、その前に腹ごしらえ。ちょうど稲荷町に差し掛かった辺りに『吉野家』がありますが、何やら告知ポスターが刷新されているみたいですね?

f:id:yokobentaro:20180501163656j:plain

近くに寄って見てみると、『鶏すき丼』の並盛四百五十円というメニューが新発売とのこと。最近は鶏肉を好んで食べておりますので、これはぜひ試さなければ(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180501163720j:plain

店内に入るなり『鶏すき丼』の並を注文、ほんの三分ほどの待ち時間で、コチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20180501163821j:plain

ブツ切りの鶏もも肉と玉葱が、醤油ベースのタレで炒めて味付けされたという感じですね。そして、さらにその上には温泉玉子のトッピング、存在感を主張しておりますね……。

f:id:yokobentaro:20180501163917j:plain

その丼の脇には、何故か山椒が添えられておりましたが、果たして『鶏すき丼』との相性は……。

f:id:yokobentaro:20180501163940j:plain

せっかくですので、一気に振りかけてみましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180501164005j:plain

では、山椒風味の鶏肉から……おっ、この醤油ベースのタレはかなり甘めの味付け、鰻重のものを使用している感じで山椒がピッタリと合いますね。そして、鶏肉の食感は柔らかく仕上がっており、鶏皮の旨味と相俟って、ご飯が進み過ぎ(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180501164034j:plain

次に温泉玉子を崩しつついただくと、まるでレアに仕上げられた親子丼のようですごく美味しいですよ。このマイルドな玉子の黄身のマッタリ感と鶏肉の旨味、さらには加熱された玉葱の甘味のコラボで、食べ出すこと五分とかからずに完食してしまいました(笑)!!!

これはぜひ、土用の鰻の時期までは販売してもらいたいところ……鰻重も良いかとは思うのですが、僕的には鶏肉も大好物なので、コチラを選んでしまうかな(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180501164115j:plain

さて、お腹も満足しましたので、上野に向かってウォーキング開始!!! この『吉野家』の少し先には『下谷神社』の大鳥居がありまして……。

f:id:yokobentaro:20180501164256j:plain

その鳥居を潜った先には『下谷神社』の本殿が控えております。でも、何やら境内には複数の提灯がぶら下がっておりますね?

f:id:yokobentaro:20180501164443j:plain

そこで、ちょっと境内を覗いてみますと、何と五月の十一日(金)~十三日(日)の三日間は「下谷神社大祭」が執り行なわれるとのでした。土・日の二日間はお神輿が町内を練り歩くと思われますので、ぜひお時間に余裕のある方は下町のお祭りを堪能しに訪れてみては如何でしょうか(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180501164513j:plain

あれっ?JR上野駅の正面玄関口には、ちょうど本社神輿が飾ってありますね……。

浅草橋(蔵前橋通り沿い) なか卯の激辛冷やし坦々うどんはマジ辛い!!!

さて、まだゴールデンウィークの時期だというのに、まるで初夏のような陽気ですね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20180427181903j:plain

そうなると、さすがにもう熱々のラーメンなどはキツいので、また冷え冷えの麺類でも食べて、お腹を満たしましょうか。あっ、そういえば、『なか卯』の懸垂幕メニューで「冷たい麺はじめました!」的なコピーを見かけたような……。さっそく最寄りの店舗に行ってみましょうか。この近場では浅草橋の手前、ちょうど浅草国際通りと蔵前橋通りの交差点付近に店舗があります。

f:id:yokobentaro:20180427181936j:plain

さっそくメニューを物色していたところ、『激辛冷やし坦々うどん』五百九十円というメニューを発見、通常の『冷やし坦々うどん』より百円ほどお高めですが、せっかくなので激辛な刺激を味わってみましょうか(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180427181951j:plain

では店内に入って、入口脇の券売機で食券を購入……しようとしたところ、通常の『冷やし坦々うどん』もありしたので、少々見つけるのに手間取りました(汗)。

f:id:yokobentaro:20180427182026j:plain

で、購入した食券を店員さんに手渡してから、配膳まで五分とかからないのは嬉しいですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180427182054j:plain

『激辛冷やし坦々うどん』のトッピングは、挽肉そぼろに刻み青葱。さらには白ゴマ・一味唐辛子などが振りかけられていて、スープにはラー油が浮き、パっと見は辛そうに見えますね……。

f:id:yokobentaro:20180427182140j:plain

うどんの器の脇には、真っ赤なソースが別添えされています(笑)。これをフルに活用すれば、かなり激辛なうどんが堪能できそうです。これは、辛いもの好きにはたまりませんね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180427182206j:plain

まずは、赤いソースをかけずに、そのまま味わってみましょう……うん、冷水で〆られたうどんは、安定した柔らモッチリでツルッツルの食感、本当にこのチェーン店のうどんは美味しいですね。そして、坦々スープはクリーミーな白ゴマペーストの溶け込んだ、ちょっと甘めの味付け。この、棒棒鶏ソースにも似た甘さと、ラー油の辛味を纏ったうどんはそれだけでも美味しいですね。これに挽肉そぼろの、甘辛い肉の旨味がプラスされると、もう箸が止まらない……。

f:id:yokobentaro:20180427182318j:plain

いえいえ、ここで箸をいったん休めて、添え付けの赤いソースをすべて搾り出しましょう。あっ……投入した途端に、かなりの赤さになってしまいました(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20180427182352j:plain

では、よーく混ぜて、この辛い状態のうどんを食べてみましょう……おっ! 赤唐辛子の激辛さはあるものの、ソースに若干の酸味があるせいか、さらに美味しくなりましたね。この辛さと葱の香味の相乗効果で食欲が刺激され、先ほどよりも食べる速度が上がってきますよ!!! そして、気付けば数分で完食しておりました。

しかし……食べ終わった頃から胃が徐々に辛くなり、汗も噴き出し一気に新陳代謝が活発になったように思えます。これから迎えるさらに暑い時期には、とても重宝しそうなメニュー。次回も、この激辛を選択するのはほぼ間違いなさそうです(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180427182532j:plain

ちょっとお話は変わりますが、何故かここしばらくの東京スカイツリーは虹色でキレイでしたが、何か特別なイベントでも開催されているのでしょうか、謎です……。

台東区寿町 ペリカンカフェで炭焼きトーストのドリンクセット(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180412172929j:plain

ここ最近、友人がやたらと行きたがっているお店が、僕の仕事場の近くにありまして……。そのお店というのは『ペリカンカフェ』という、昨年オープンしたばかりのカフェですが、お昼時は入店待ちのお客さんが、お店の前に何人も待機しております。

f:id:yokobentaro:20180412172946j:plain

で、その友人が午後三時にコチラ方面にやってくるとのことで、お店の前で待ち合わせをいたしました。すると、さすが平日のそれぐらいの時間帯は、入店待ちのお客さんの姿は見当たりません(嬉)!!!

 

f:id:yokobentaro:20180412173001j:plain

この『ペリカンカフェ』の住所は台東区寿三丁目九番地十一号、この店舗の少し先には、焼きたてパンの販売店があります。ご参考までに、いつもの地図を貼っておきますね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180412173031j:plain

本日のサンドイッチやトーストが、店頭のブラックボードに手書きされております。ところが、あいにく僕は先ほどカレーを食べたばかりでした(汗)……。でも、友人も昼食を食べてきているようで、ひと安心いたしました(笑)!!!

では、さっそく友人と店内へ……ちょうど二人がけの席が一卓空いておりました(嬉)!!!

それでは、メニューを見てみましょう。おっ、『炭焼きトーストのドリンクセット』五百四十円というメニューがありますね。おそらく、これぐらいは入るだけの、お腹の余裕はありますので、コチラを二つ注文いたしましょう。あっ、僕はセットの飲みものは、『アイスコーヒー』でお願いいたします(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180412173056j:plain
そして、少々の待ち時間で配膳された『炭焼きトーストのドリンクセット』がコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20180412173143j:plain

『アイスコーヒー』は、少々小ぶりなグラスで供されます。

f:id:yokobentaro:20180412173248j:plain

『炭焼きトースト』は、小さいサイズの食パンが使用されておりますが、そこそこの厚さにカットされていて、とっても美味しそう。トーストされたパンの上には、すでにバターがトッピングされているのも嬉しいですね!!!

f:id:yokobentaro:20180412173307j:plain

さらには、別添えのマーマレードも付いてきます!!!

f:id:yokobentaro:20180412173358j:plain

まずは、ペリカンマークの焼き印が施された木のヘラでバターを延ばして、いただきます!!!

f:id:yokobentaro:20180412173425j:plain

おっ、焼き目はカリッとしていて中はモッチリ。ギュッと密集したパン生地の旨味とバターの塩気がたまりませんね!!! 炭火でトーストしているとのことで、お店で購入してウチで焼いたものより、はるかに美味しく感じます(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20180412173751j:plain

この上に、添え付けのマーマレードを塗り重ねると、オレンジの甘味と酸味&爽やかな皮の香りが加わって、まるでスイーツのような美味しさに早変り(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20180412173815j:plain

これをゆっくりと味わいつつ、ガムシロップとクリームをタップリと投入した『アイスコーヒー』を楽しめば、もう至福の時間となります……。

f:id:yokobentaro:20180412173841j:plain

あっ……でも、けっこうすぐに食べ終わってしまい、ドリンクも飲みきってしまいました。でも、まだまだ話は尽きませんので、続いて『アイスコーヒー』を単品で追加、お値段は四百八十円でした。

f:id:yokobentaro:20180412173907j:plain

もちろん、ガムシロップとクリームはタップリと投入いたしました。単品の『アイスコーヒー』は、セットのものより大きいグラスで供されますので、しばらくゆったりと友人との談話が楽しめました……。

f:id:yokobentaro:20180412174005j:plain

そういえば、たまにお仕事をいただいている「二見書房」の女性編集者が、『パンのペリカンのはなし』という書籍を出版したようですが、カフェの中でも販売されておりましたね(笑)。あれっ? 表紙をよく見ると、いつの間に店主が四代目に引き継がれていたのですか!!! すぐ近くにいて、ぜんぜん気がついていなかった(汗)……。