涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

アメ横のへそのショッピングモールで、中古モデルガンの衝動買い……

f:id:yokobentaro:20170707180305j:plain

……なんだか、冒頭から物騒な画像を貼ってしまい、スミマセン!!!

あっ、決して本物ではありませんよ(笑)。実は、先週の日曜日の夕方も「アメ横のへそ」辺りから、JR御徒町駅へと続く高架下のショッピングモールをブラブラとしていたのですが、ついついその途中にあるモデルガンショップ、『アンクル上野店』に立ち寄ってしまいました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170707180353j:plain

そこでジャンク品のコーナーを物色していたら、こんなものを見つけてしまいました。この自動拳銃の名前はルガーP08、もう廃業してしまった「MGC」というメーカーのモデルガンになります。四十年近く前に、新品で八千五百円ほどで販売されていた商品ですが、当時はお高くて手が出せなかったという記憶が……。ところが、六千円という値札が付いていたので、衝動買いをした次第です。これも火薬を詰めるとウルサイので主に観賞用ですが、その前に残念ながらカートリッジまでは付属していませんでした。

f:id:yokobentaro:20170707180410j:plain

この、尺取虫のような排莢の構造がカッコイイ銃で、ワルサーP38と並んで人気のモデルガンでした。ただ、この日に購入したルガーP08は、さすがにジャンク扱いということで、表面の汚れや傷が……これは一度分解して手入れをしないと、コレクション仲間には披露できません(笑)!!!

趣味ついでに『吉野家』コレクションの続報も……。

f:id:yokobentaro:20170707180428j:plain

浅草田原町にある『吉野家』店舗限定のキャンペーン、引き続き土壺にハマっておりますが、これは「田原町店」で食事をすると渡される専用カードにスタンプが七個貯まると、オリジナルの湯呑・茶碗・My箸・小皿・扇子、もしくは『牛丼』の並盛り一杯と交換できるというものです。

f:id:yokobentaro:20170707180450j:plain

頻繁に注文していたメニューは、やっぱり『牛丼(並)』と『みそ汁』のセット四百四十円がほとんどです。あまり予算がないもので(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170707180527j:plain

もちろん、紅生姜はたくさんトッピングして、さらには七味唐辛子を振りかけていただいておりますが、これが数日続くと、さすがに飽きてしまいます……。

f:id:yokobentaro:20170707180550j:plain

そこで、たまには『牛黒カレー』の並盛り五百五十円を注文。三百五十円で食べられる『黒カレー』のカレールーとご飯だけのメニューではさすがに物足りないですが、甘辛く煮た牛肉と玉葱が入ると、格段に美味しくなりますよ。

f:id:yokobentaro:20170707180648j:plain

あっ、もちろん紅生姜のトッピングは必須ですね。

f:id:yokobentaro:20170707180933j:plain

このカレーで、やっとのことスタンプを七個ゲット!!! 前回はこのような湯呑を貰ったので……。

f:id:yokobentaro:20170707180949j:plain

今回は扇子にしてみました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170707181003j:plain

さっそく開いてみましょう!!! おおっ、茶碗や湯呑と同じ柄ですね。造りもしっかりとしているので、この暑い時期にはとても重宝しそうです(嬉)!!!

さて、残すところはMy箸と小皿ですが、専用カードの配布は二〇一七年七月二十五日の午後三時まで、スタンプの押印・景品の引換は七月三十一日の午後三時までなので、フルコンプはそろそろ難しくなってきましたかね(大汗)……。

晩の食生活シリーズ 今年もトウモロコシとスイカの季節が到来ですね!!!

晴天がやたらと目立つ今年の梅雨ですが、それでも梅雨らしい曇天の日もしばしば……。

f:id:yokobentaro:20170704164437j:plain

そんなお天気の悪い日曜日の午後も、相変わらずの『上野恩賜公園』散策。この灰色の世界もなかなか良いものです。とりあえずはパンダ橋から……。

f:id:yokobentaro:20170704164450j:plain

『国立西洋美術館』の前に出ます。もう「アルチンボルト展」が開催期間を迎えておりましたが、休日はおそらく混み合っているのではないかと思います。これは、また平日仕事をサボってくるのが正解かもしれません(汗)。

f:id:yokobentaro:20170704164609j:plain

しっかし、この曇天でも公園内は人で溢れ返っておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20170704164635j:plain

などと感心していると、時折パラパラと雨が降ってまいりましたので、比較的樹々の密集している『東京都美術館』の裏手の道で雨を避けながら歩きましょう。

f:id:yokobentaro:20170704164655j:plain

それでも、樹々から匂い立つ独特な香りが、雨によって活性化してくるのは、とても嬉しくも思えてきます……。あれっ、あっという間に止んでしまった(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170704164722j:plain

で、最近人気の『谷中ビアホール』に立ち寄ってはみたものの、休日は混雑しているのですね(汗)。結局午後飲みは諦めて、ウォーキングに没頭することにいたしました(泣)……。

f:id:yokobentaro:20170704164828j:plain

さて、休日は比較的早めの夕食になりますが、この日実家に戻ってみると、このようなメニューが用意されていました!!! 今年初スイカですね(嬉)。あっ、トウモロコシも実家では初茹でになります!!!

f:id:yokobentaro:20170704164850j:plain

それでは、まずはトウコロコシからいただきましょう……まだこの時期のは、若い感じのトウモロコシですね。粒の皮も柔らかく、指で捥いで食べるのに少々難儀しております。でも、食べるのに時間がかかるので、その間に満腹中枢も徐々に刺激されていきますので、食べ過ぎ防止になりますよ!!! 甘みはまだ少なめなので、どうしてもお塩を多めに使ってしまうのが玉に瑕……。

f:id:yokobentaro:20170704164922j:plain

えっと、メインのお料理は豚肉とアスパラを油で炒めて、醤油と胡椒のみで味付けしたもの。暑い時期にはこうしたアッサリとした味付けが嬉しいですね。今まではアスパラといえば、茹でたものを好んで食べておりましたが、焼いたものは食感もしっかりとしていて、また違った美味しさが味わえますよ!!!

f:id:yokobentaro:20170704165014j:plain

そして、安定した美味しさの生協の肉まん!!! もう少し暑くなったら、温めずにそのまま食べることになるでしょう。これさえあれば、何とか今年の夏も乗り切れそうです(笑)!!!

あっ、とりあえず太らないように食べる順番……野菜→たんぱく質→炭水化物の順番は心がけておりますが、このメニューだと効果なさそうですね(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170704165046j:plain

これらをすべて平らげたあとのお楽しみは、小玉スイカ!!! 小ぶりなのに甘さは抜群、スイカなら毎日食べても飽きませんよね(嬉)。とはいえ、今年はスーパー猛暑とのことで、この分量ぐらいは食べられる食欲をキープしたいところです……。

平成二十九年の七月六日~十日は合羽橋商店街の七夕祭りみたいです!!!

ちょうど一週間前の金曜日になりますが、出力用のコピー用紙が心許ない状態になりましたので、慌てて『合羽橋道具街』にある『プロパック』という食料品やPOP用の商品を扱うお店まで、買い出しに出かけました。

f:id:yokobentaro:20170704195934j:plain

途中『合羽橋商店街』を通過しますが、その入口付近には「下町七夕まつり」と書かれた横断幕が張られておりました。もう、そんな季節になっていたのですね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170704200003j:plain

ふと目をやると、早くも七夕祭りの飾り付けが、通りの両側に施されております。

f:id:yokobentaro:20170704200019j:plain

その七夕飾り、何となく電気クラゲに見えてしまいますね(笑)……。

f:id:yokobentaro:20170704200036j:plain

振り向きざまに、遥か先方に聳え立つ東京スカイツリーを背景にパチリッ!!! なかなか華やかに見えますが、晴天だとさらに七夕飾りも映えることでしょう。

f:id:yokobentaro:20170704200056j:plain

ヨガっぽいポーズで瞑想しているカッパの脇には、願い事を記入する短冊も用意されているみたいです。後ろには川柳も貼り出されていますね。

f:id:yokobentaro:20170704200120j:plain

この「下町七夕まつり」……七月八日(土)と九日(日)には、複数の団体がパレードやパフォーマンスを日替りで披露する模様です。飲食の屋台も出店するようですので、昼間っから飲み歩くのも楽しいかもしれませんね(嬉)!!!

この休日に、合羽橋方面にお買い物などのご予定のある方は、ぜひ『合羽橋商店街』も覗かれてみてはいかがでしょうか(笑)!!!!!

f:id:yokobentaro:20170704200152j:plain

それはさておき、とりあえず買い物をとっとと済ませて食事にしましょう。……と、いいつつも、蒸し暑さのせいもあり食べたいものがまったく思い浮かびません。こういうときは、苦し紛れの『吉野家』ですかね……。

f:id:yokobentaro:20170704200212j:plain

うーん、まだここで試したことのないメニューは……『豚鮭定食』五百三十円がありますね。このお値段でご飯とみそ汁もセットの定食なら、試してみる価値はありそう!!!

f:id:yokobentaro:20170704200250j:plain

で、待つこと三分で配膳されてきた『豚鮭定食』がコチラ!!! 何だかお盆の収まりが良くなくて、写真がだいぶ傾いてしまいましたね……。

f:id:yokobentaro:20170704200314j:plain

この日の鮭は、ちょっと小骨はあるものの、そこそこ塩も効いていて安定した美味しさです。これだけの切り身があれば、セットのご飯一膳分など、軽く食べられてしまいそうですが、『吉野家』でご飯のみってお替りできるのか、次回こそは訊いてみたいと思います。あっ、本日は暑さで食欲が落ちておりますので、あしからず……。

f:id:yokobentaro:20170704200406j:plain

残った豚皿は、こうして単品でつまんでみると、思ったよりも甘味が抑えられていてお醤油の味が主張していますね!!! そのぶん玉葱の甘さが際立っていてとても美味、豚バラの脂身の旨味もしっかりと感じます。もう、これはビールのおつまみとしていただきたい一品です(笑)!!!

でもとりあえず、まだ仕事中。お腹もキツくなったところで、大人しく仕事場に戻って組版作業に取りかかりましょうね……。

中野区中野 中野屋を出てからの二軒目は、一軒め酒場で〆飲み……

一昨日からのお話、まだまだ続きます……。平塚方面から新宿駅に戻り、そこから中野の『元祖 中野屋』というお店で、仲間と三人で夕方から飲みはじめたまでは良かったのですが、僕はもう午後七時を回った時点でかなり酔っ払い……。

f:id:yokobentaro:20170703134416j:plain

そこで、このお店を出て、次のお店に向かいつつ中野界隈を酔い覚ましを兼ねてブラブラと……すると、友人の一人が「お前の好きそうな店が近くにあるけど、行ってみるかい?」などと言い出したので、ちょっと立ち寄ってみることに……あれっ、行けども行けども着きませんね。結局、中野六丁目方面へと十数分も歩き、到着したお店とは……。

f:id:yokobentaro:20170704115423j:plain

『爬虫類倶楽部』という、世界のカメ・トカゲ・ヘビなどの専門店でした。お店の中には、ところ狭しと爬虫類の入ったケージが並べられております。あっ、珍しいカエルもいますね。店舗は二階建てで、その二階のフロアにも変わったトカゲなどがいっぱい!!! 久しぶりにグリーンイグアナを飼いたくなりましたが、成長すると一メートル数十センチになるのに加え、寿命が十数年と長いので、自分の年齢を考えて断念(大汗)……。

f:id:yokobentaro:20170704115450j:plain

爬虫類たちを充分に目で堪能したあと、再び『中野ブロードウェイ』近辺に戻った頃には午後八時をとっくに回っておりました。ところが、次に入ろうと目論んでいたお店は満員御礼、とりあえず飲食店探しへと頭を切り替えます。

徘徊が続きだいぶ疲れましたので、とにかく座ってゆっくりしたい……ということで、目の前に出現した『一軒め酒場』で落ち着くことにしました。住所は中野区中野五丁目六十一番地十号、JR中野駅北口の近くになります。

f:id:yokobentaro:20170704115541j:plain

『一軒め酒場』は神田や御徒町にもあるチェーン店ですが、お値段がビックリするほどお安いのなかなか良いですよ。サワー類は、なんと百九十円(税抜)から飲めます。では、さっそく入店しましょうか。

f:id:yokobentaro:20170704115645j:plain

f:id:yokobentaro:20170704115724j:plain

席に着く早々、メニュー表をチェック……お酒とお料理、どちらも五百円を越えるメニューはありませんね。ただし、表示価格は税抜き価格ですので、以下税込価格で表記することにします。

f:id:yokobentaro:20170704115812j:plain

とりあえず、飲み物は『角ハイボール』三百二十四円にして、再び乾杯!!!

f:id:yokobentaro:20170704115913j:plain

おつまみは軽いものということで、『塩キャベツ』二百五円を注文してみましょう。粗くカットされたキャベツには、胡麻油が搦めてありますね。その上にトッピングされた塩昆布をよく混ぜ合わせると、シンプルながらとても美味(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170704115945j:plain

続いて、サッパリと『きゅうり一本漬』二百五十九円も追加。ちょうどよい漬かり具合でコチラも美味、ハイボールが進みます!!!

f:id:yokobentaro:20170704120038j:plain

さらには『神田串カツ』百七円をソース味で三本注文しました。ドップリとソースを吸った衣と、豚肉と玉葱のハーモニーがたまりません。満腹のはずが無意識のうちに食べ終わってしまいましたので、これは別腹のようですね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170704120112j:plain

もう少し何かつまみたかったので、『エイヒレ』二百七十円も……。このメニューはどのお店も安定した美味しさ、でもこのお値段は嬉しいですよね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170704120201j:plain

で、〆に『角ハイボール』をもう一杯、これでさすがに打ち止めです(汗)。それぞれ杯を空け、お勘定を〆ましたが、合計で三千円もかかりませんでした。本日は二軒目にここに入りましたが、たまには一軒目からこのお店を利用してみるのも良いかもしれませんね!!!

f:id:yokobentaro:20170704120239j:plain

……うすうすお気づきの方もいらっしゃると思いますが、この日行動を共にしていた友人二人とは、以前に紹介した、この両名でした(笑)!!!!!

中野区中野 元祖 中野屋で平日夕方から飲み会(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170703134319j:plain

昨日アップしたお話の続きになります。友人と三人で、腹ごなしに出身校内を久々に闊歩したまでは良かったものの、東海大の敷地が広大過ぎてヘトヘトになりましたので、そろそろ退散……。

f:id:yokobentaro:20170703134342j:plain

午後五時前には新宿まで戻ってきたのですが、新宿あたりで飲める場所の心当たりは、三人ともございません。そこで、友人二人のホームグランドである、中野まで出てみることにしました。そして、『中野ブロードウェイ』近辺をブラブラしていると、開店直後と思われるお店が目に止まり……。屋号は『元祖 中野屋』といいまして、住所は中野区中野五丁目五十八番地一号、JR中野駅の北口から四分ほどの距離にあります。

f:id:yokobentaro:20170703134416j:plain

さっそく店内へ……どうも一番乗りだったようで、まだお客さんは誰もおりません。これはチャンスと店内をパチリッ、なかなかレトロな雰囲気で僕好みです!!!

f:id:yokobentaro:20170703134438j:plain

壁面にはメニューがいろいろ貼り出されておりますね。あっ、再び友人の頭頂部が(汗)。串焼きはほとんどのメニューが百二十円と、比較的リーズナブルな設定かと……。

f:id:yokobentaro:20170703134457j:plain

まずは飲みもの! この日は蒸し暑く、かなり歩き回ったせいもあるのか、サッパリとした酸味のあるものが飲みたかったので『レモンサワー』にしました。

f:id:yokobentaro:20170703134518j:plain

つまみは、とりあえず五種類の串焼きを塩で、各三本ずついきましょうか。

えっと、『かわ』『もも』『鶏ハツ』に……。

f:id:yokobentaro:20170703134603j:plain

『ぼんじり』と『砂肝』。暑い日にはサッパリと塩の味付けは良いものですね!!!

『かわ』は絶妙な焼き加減でパリッとした食感も美味、『もも』のお肉のジューシーさと『鶏ハツ』の歯応えもいい感じです。『ぼんじり』の脂ののりもしつこくはなく塩との相性がバッチリですね。そして、コリコリとした食べ応えの『砂肝』があると、さらにお酒が進みます。

f:id:yokobentaro:20170703134635j:plain

それでも、まだお昼に食べた定食の影響があるので、これらをゆっくりとつまみ『レモンサワー』をもう一杯。でも、飲んでいると不思議とお腹に余裕が出てきますね、そこで……。

f:id:yokobentaro:20170703134737j:plain

f:id:yokobentaro:20170703134754j:plain

定番の『ポテトフライ』と『なんこつ唐揚げ』を注文。『ポテトフライ』の塩気と、コリコリ食感の『なんこつ唐揚げ』で、お酒が進むこと進むこと……。

f:id:yokobentaro:20170703134818j:plain

気付けば『レモンサワー』もすぐに飲み干し、さらに酸っぱそうな『アセロラサワー』を追加、この酸味とほのかな甘味がたまりません。でも、これらを飲み食いした時点で、再びお腹がパンパンです(汗)。

おまけに、かなり酔いも回ってきましたので、そろそろお会計をすることにしましたが、合計で七千円もかかりませんでした。で、これで解散かと思いきや腕時計を確認すると、まだ午後七時。この友人二名はかなりの酒豪ですので、軽くもう一杯という流れに、当然なりますよね。でも、そろそろ僕のホームグランドに帰りたい(汗)……。

神奈川県平塚市 東海大近くの思案橋で皿うどんにチャーハン三昧!!!

f:id:yokobentaro:20170630162532j:plain

先週の火曜日は、ちょっとお仕事はお休みして、大学時代の友人二人とともに出身校まで足を運んでみることにしました。その目的は、昔頻繁に通っていた定食屋さんの豪快な盛りのお料理が懐かしくて……。

f:id:yokobentaro:20170630162558j:plain

とりあえず、午前十時半に新宿の小田急改札で待ち合わせて、東海大学前に到着した頃にはもうお昼前。ここからとりあえず東海大へと向かいますが、その道程にはキツい階段が(汗)。あっ、友人の後頭部が写ってしまった……。

f:id:yokobentaro:20170630162633j:plain

ところが、あろうことか階段脇にはエスカレーターが設置されておりました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170630162651j:plain

それはさておき、目指す『思案橋』に何とか到着した頃にはもう正午に差しかかろうとしておりました。このお店の住所は神奈川県平塚市真田四の六の二十一、目印は「さなだ幼稚園」からが比較的わかりやすいかと……。幼稚園を左に見て直進すると、途中で左に折れる道がありますので、ここを左折して少し歩いた場所にあります。

f:id:yokobentaro:20170630162706j:plain

さっそく入ってみると、三十数年前よりもだいぶ店内は広くなっておりました。そして、かなりの混雑を予想していたものの、まだ学生は授業中だったようで空いておりました……。当時より若干お値段は変わっておりますが、かなりリーズナブルな価格設定ですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170630162728j:plain

それではさっそく、それぞれの食べたいメニューを大盛り前提で注文していきましょう。僕が注文したかったメニューは『チャーハン』五百八十円。プラス九十円で大盛りにすると、何と……約二倍の量になります!!!

f:id:yokobentaro:20170630162747j:plain

セットで付くのはワカメスープにタクアン。そのスープには、タップリのワカメと刻み葱が使われておりますね。では、友人二人は何を注文したのでしょう……。

f:id:yokobentaro:20170630162804j:plain

先ほど写真に写り込んでいた友人は、『皿うどん』五百八十円を注文。大盛りにしても、百十円増しで六百九十円はお得ですよね。しっかし、量も然りですが相変わらず具沢山(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170630162841j:plain

サイドから撮ってみると、その高さにもビックリさせられますよね……。

f:id:yokobentaro:20170630163009j:plain

そして、もう一人の友人の注文した、『キャベツと肉のみそいため』六百六十円のご飯の盛りにもビックリ、これで普通盛りとは、さすがに運動部御用達のお店ですね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170630163034j:plain

この『キャベツと肉のみそいため』定食、さらにおかずだけでもかなりの量……それでも、これらのお料理は三人でシェアしながらいただくので大丈夫。食べきれない分は、おそらく僕が残さず食べてしまいますので(笑)!!!

お腹の減り具合も極限なので、そろそろいただきましょうか。はじめに、自分の注文した『チャーハン』から……具材は細かく刻んだチャーシュー・ナルト・葱、これらが卵とともに炒められております。うーん、火力が強いので香ばしさもひとしお、油が全体に回っていて塩気も絶妙、これを食べてしまうとしばらく他のお店のメニューが食べられなくなってしまいそう(嬉)!!!

さらには『皿うどん』、あんかけの具はモヤシ・ニラ・ニンジン・キャベツ・ちくわ・かまぼこ・豚肉・イカなどがたっぷり使われていてしっかりとした味付け。麺は少し硬めですので、少しぐらいの時間ではシナシナにならないのもポイントが高いですね。学生の頃は、この大盛りを一人で平然と食べていたなんて……。

f:id:yokobentaro:20170630163055j:plain

次は、小ぶりの飯碗をいただいて白飯を盛り付けて『キャベツと肉のみそいため』をトッピング。粗めに刻まれたキャベツとお肉が甜麺醤のような甘味噌で炒められているのでしょうか、独特な甘さがとても美味ですよ。どちらかというと、回鍋肉に近い味付けのお料理ですが、とにかく白飯にはピッタリのおかずです!!!

案の定、残った分は僕が一気に平らげ、その頃にはだいぶ店内も混雑してきたのでお勘定……合計で二千二十円でした! これだけでも遠の遥々都心から出てきた甲斐がありました。ただ、いくつものお料理を堪能しようとすると、数人で来店するのが妥当かと思います(笑)。

f:id:yokobentaro:20170630163121j:plain

せっかくなので、久しぶりに東海大の構内を腹ごなしがてら、ブラつきましょう。うーん、この校舎は昔から変わりません。ただ、しばらく来ないうちに見たことのない校舎が増えていましたね……。

f:id:yokobentaro:20170630163145j:plain

それにしても緑が豊かで、かなり郊外に出かけてきたという印象。よくまあ四年間も浅草からここまで通ってこれたなと、今さらながら感心します。

f:id:yokobentaro:20170630163234j:plain

敷地も広大なので、端から端まで歩き回るのに時間がかかるので、カロリー消費にはとても最適な空間ですね(笑)。それでは、夕方までには戻って、新宿方面で宴会でもはじめましょうか……。

浅草雷門通り ちんや亭でハンバーグ定食を食べました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170629135940j:plain

今週の月曜日は、母親の付き合いで、浅草へと昼食を食べに出かけることになりました。と……いいますのも、何やら「すき焼の老舗、『ちんや』の割引券が月曜日までが有効期限なので」という理由からでした(汗)。さらにはこの割引券、お食事にしか摘要されないとのこと。普段、晩ご飯で世話をかけているので、現金分のお支払いは僕の奢りが妥当かと……。

f:id:yokobentaro:20170629135958j:plain

この『ちんや』は雷門通りに面していて、田原町方面から向かいますと、雷門の少し手前にあります。住所は台東区浅草一丁目三番地四号。右側の店舗は精肉店、そして左側には、地下へと下りる階段があります。

f:id:yokobentaro:20170629140017j:plain

地下のフロアは『ちんや亭』というレストランになっており、ステーキ・すき焼・しゃぶしゃぶを、定食として楽しめます。ただし、営業時間は午後四時までで、ラストオーダーは午後三時半……ここのフロアは、ランチ営業のみのようです。

f:id:yokobentaro:20170629140038j:plain

まずはその階段を下って、右に折れると……隠れ家的な扉が見えてきましたね。では、さっそく中へと入ってみましょう。座席は厨房を囲んだ、コの字型のカウンター席のみです。入店した時間は午後二時近くでしたので、さすがに店内は空いておりました。本当に、ここはいい隠れ家になるかも(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170629140102j:plain

では、卓上に用意されたメニューをチェック……母親はさすがに八十過ぎで歯がよくないので、鉄板焼き料理から『ハンバーグ』定食千四百五十円を選択、僕もそれに倣います。

f:id:yokobentaro:20170629140138j:plain

注文を済ませると、間もなく冷たい焙じ茶とサラダが目の前に置かれます。サラダの材料は、千切りされたキャベツ・人参・水菜にプチトマトも添えられています。お醤油ベースのサッパリとした和風ドレッシング仕立て、酸味が効いていてコチラを食べきる頃には食欲全開です!!!

f:id:yokobentaro:20170629140157j:plain

あっ、お替り用の焙じ茶も、大きなピッチャーに注がれて供されました。氷入りがとてもありがたく、ついつい食事前にガブ飲み……。

f:id:yokobentaro:20170629140218j:plain

そして、待つこと十数分ほどで焼き上がった『ハンバーグ』が目の前に!!! 付け合わせには、モヤシの醤油漬けが添えられていますね。この『ハンバーグ』は黒毛和牛と国産豚の合挽肉が使われているそうです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170629140237j:plain

さらに、その『ハンバーグ』にはいい香りのデミグラスソースが、タップリとかけられておりますね。うーん、見た目のトロリとした感じと、テカり具合がたまりません!!!

f:id:yokobentaro:20170629140254j:plain

それではご飯とともに、いただきます……おおっ、デミグラスソースのしっかり搦んだお肉は、とてもジューシーで柔らか。しっかりと空気抜きされていて旨味が凝縮されております。やっぱり『ハンバーグ』は、僕的には牛・豚の合挽肉で作ったものが好み、豚肉が加わると旨味に奥行きが出てきますし、それに牛肉だけだとちょっと個性が強すぎますよね……。そして、このデミグラスソースの味付けも濃いめで絶妙!!! 旨味と甘味と酸味のバランスが素敵。たぶん、このソースをかけただけで美味しくご飯がいただけてしまいます(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170629140308j:plain

セットで供される赤出汁の具は豆腐に芹、コチラもとても美味しいですね。で、極力母親のペースに合わせて、ゆっくりとすべてのお料理を完食。お勘定は二人前で二千九百円のところ、十三パーセントの割引で二千五百二十三円。『ちんや』でこのお値段で食事ができるのは、けっこう嬉しいかも。たまには仲間を誘って、ちょっとリッチな昼食を味わうのもいいかもれませんね(笑)!!!!!