読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

墨田区吾妻橋 テニスのあとは吉法師(ラーメン店)で独り飲み……

先週の土曜日は、約七ヶ月ぶりに『亀戸中央公園』でテニスの練習をしましたが、ここしばらくの体重の増加と運動不足で、もうヘロヘロでした(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170523114753j:plain

練習が終わったのは午後七時。ここで、行きと同じ蔵前橋通りルートで帰るのもつまらないので、押上方面に出る旧中川の支流沿いの道をブラブラ歩いて帰ることにしました。すると、東京スカイツリーが変わった色に輝いておりました!!!

f:id:yokobentaro:20170523114809j:plain

f:id:yokobentaro:20170523114823j:plain

ここしばらくは、このオレンジ色のライティングになることが多いですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170523114835j:plain

で、通しの練習で、もう喉はカラッカラ……おまけに朝からカップ麺の『赤いきつね』を一個食べただけなので空腹もマックス状態です。でも、独りで居酒屋というのもなんですし……。そこで、頭に浮かんだお店が、浅草通りと三ツ目通りの交差点近くにある『吉法師』というラーメン屋さん。たしか、夕方は飲めるお店だったはずです!!!

お店の住所は墨田区吾妻橋三丁目一番地十七号、浅草通りと三ツ目通りの交差点角にある『MINI STOP』のすぐ裏手に所在します。

f:id:yokobentaro:20170523114851j:plain

せっかくなので、〆に懸案の『鶏清湯 青』という真っ青なラーメンも試してみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170523114905j:plain

店内を覗いてみると、ほぼ満席状態……それでも運良くカウンターにひと席空きがありました(笑)。

それでは、まずは『生ビール』五百円で喉を潤しましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170523114919j:plain

おつまみには『晩酌セット』三百円を注文、ほどよく熱で蕩けたチャーシューが二枚と、茶褐色に色の付いた味玉がセットで供されます。チャーシューの脂の旨味でビールを飲み干し……。

f:id:yokobentaro:20170523114931j:plain

『ハイボール』四百円で、残りのチャーシューと味玉を堪能。卵黄の半熟加減が最高です……などと言っていると、だんだんお腹が張ってきてしまいますね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170523114944j:plain

なので、そろそろ『鶏清湯 青』九百円を注文しておきましょうか。ちょうど『ハイボール』を飲みきったタイミングで、コチラが配膳されてきました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170523115001j:plain

うーん、まるでブルーハワイのカクテルを彷彿とさせる、目にも鮮やかな美しい色のスープ。トッピングには滑らかな見た目の蒸し鶏が三切れと白い色味のゆで塩卵、さらには細切りの長葱に貝割れ大根も添えられております。

f:id:yokobentaro:20170523115014j:plain

蒸し鶏とゆで塩卵をおつまみにする前提で、合わせて『ハイボール』をもう一杯楽しむことにしましょう(笑)。あっ、でもちょっと飲み過ぎかもしれませんね……。

f:id:yokobentaro:20170523115033j:plain

では、まずは麺から……おおっ、麺までもが青く染まっていてビックリ!!! その麺は歯切れの良い細目の麺でスープがしっかりと搦んでおります。スープは絶妙な塩気と鶏出汁の上品な旨味がブレンドされていてとても美味、どちらかといえば塩ラーメンのスープに近い感覚、美しい色味も相俟って、お酒とともにどんどん飲めてしまいます。そして、滑らかな蒸し鶏は柔らかく、噛めば噛むほどに鶏の旨味が口いっぱいに広がり、お酒のおつまみとしてもピッタリです!!!

時間が経つにつれてほんのり水色に染まるゆで塩卵、コチラも半熟加減が絶妙でマッタリしていますね。この卵を食べきると同時に『ハイボール』のジョッキを空け、スープを飲みきり完食。お会計は〆て二千五百円、そこそこ酔っ払ってお腹は超満腹になりました(笑)!!!

うーん、これに味をしめて毎週通ってしまいそうな自分が恐い……。

 

kumasi.hatenablog.com

ちなみに、このお店はブログでいつも仲良くしていただいているくまし (id:kumasi) さんから教えていただきました。そのうち、ぜひご一緒したいと思います(笑)!!!!!

晩の食生活シリーズ 自販機で買った『だし道楽』で卵かけご飯!!!

そういえば、以前自販機で買った『だし道楽』というペットボトル入りの出汁で、まだ卵かけご飯を味わっていませんでしたね。

f:id:yokobentaro:20170522165507j:plain

えっと……卵かけご飯には出汁は希釈せず、そのまま使用するようです。

f:id:yokobentaro:20170522165650j:plain

で、たまたま先日実家に寄ったときの晩ご飯はこのような感じでしたので、さっそく生卵をかち割って、その上から……。

f:id:yokobentaro:20170522165719j:plain

適量の『だし道楽』を回しかけてみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170522165732j:plain

……あれ? あまり色の変化は感じられませんね。では、さらにもうひと回し!!!

f:id:yokobentaro:20170522165747j:plain

そして、軽く混ぜ合わせてひと口……うん、昆布と魚介の旨味が、マッタリとした卵黄とマッチしてとても美味。甘味もあり、お醤油よりも塩気はマイルドに感じます!!!

f:id:yokobentaro:20170522165807j:plain

そして、鶏卵には鶏つくね・鶏レバー串のおかずが相性バッチリですよ!!! これらを卵かけご飯の上にトッピングして丼ものにしても良し、いろいろと用途は広がりそうですね(笑)。ただし、色が薄いからといって出汁をかけ過ぎると、出汁が底のほうに溜まって、かなり塩っぱいことになりますので要注意です(大汗)……。

f:id:yokobentaro:20170522165820j:plain

f:id:yokobentaro:20170522165832j:plain

この日の副菜は、他に蕪の味噌汁と生野菜。こう暑くなってくると、生のトマトや胡瓜が格別に美味しく感じます。植物繊維も適量摂れて、比較的バランスの良い晩ご飯となりました。と、思いきや……。

f:id:yokobentaro:20170522170020j:plain

しまった! この日のお昼は『吉野家』で……。

f:id:yokobentaro:20170522170035j:plain

『豚スタミナ丼』の並盛り四百五十円を注文したのを思い出しました。みごとに晩ご飯と生卵がダブってましたね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170522170049j:plain

配膳までは、相変わらず三分とかからず早いです!

f:id:yokobentaro:20170522170109j:plain

丼の上にはタップリの豚バラ肉が盛られて、その上には白ゴマが振りかけられております。甘辛い焼肉ダレの香りもたまりませんね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170522170227j:plain

この上に、さらに生卵をトッピングするのですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170522170239j:plain

白身が苦手な方用に、このような器具も添えられているのも嬉しい配慮です。でも、僕の場合は勿体ないという気持ちのほうが優先して……。

f:id:yokobentaro:20170522170250j:plain

器具を使わず、一気に生卵を投入!!! 紅生姜も適量添えてみましょう。それでは実食……おおっ、甘辛い焼肉ダレの効いた、柔らかい豚バラ肉がとっても美味しいですね。ニンニクの風味も食欲を駆り立ててきます。さらには卵黄を搦めると、マイルドでマッタリとした旨みに変わり、ご飯がどんどん進みます。白ゴマの存在感もいい感じ、配膳の時間ほど短時間ではないにしても、ほんの数分あれば完食間違いなしですよ(笑)!!!

……うっかり、この日は卵を二個も食べてしまいましたが、カロリー的にはやっぱり摂り過ぎですかね。これからは、事前に昼に食べたものを考慮に入れておかないと(汗)……。

浅草田原町に吉野家が開店……新発売の黒カレーを食べてみました!!!

ふと気がつくと、浅草田原町交差点から『浅草ビューホテル』に向かって、少し歩いた場所にあった『せんねんそば』が、いつのまにか閉店しておりました。で、そのあとには牛丼チェーン店の『吉野家』がオープン……。

f:id:yokobentaro:20170519160334j:plain

『吉野家』なので、さほど気にも留めていなかったのですが、つい先日店舗の前を通過すると、このようなのぼり旗が立っておりました。カレーのルーが変わってしまったのですね……。

f:id:yokobentaro:20170519160400j:plain

そこで、せっかくなので味見がてら食べてみようと思いつき、ちょっと店内へ……。

f:id:yokobentaro:20170519160423j:plain

さっそくカレーのメニュー表を物色、とりあえずデフォルトで『黒カレー』を食べてみましょうか。並盛りは三百五十円とリーズナブルですが、物足りなさそうなので、大盛り四百五十円にしてみましょう。

f:id:yokobentaro:20170519160538j:plain

で、三分とかからずに配膳されてきたのがコチラ!!! 『黒カレー』の大盛りになります。

f:id:yokobentaro:20170519160600j:plain

真っ黒いカレールーの中には具材は見当たりませんね。ちょっと寂しいので、紅生姜を多めにトッピングしてみました(笑)。赤と黒、ビジュアル的には良いかもしれません……。

f:id:yokobentaro:20170519160617j:plain

それでは、さっそくひと口……そこそこトロ味のある、かなり黒めのカレールー、甘味はさほど感じませんので欧風ではなさそうです。旨味はしっかりとしていて、どちらかといいますと、味的には金沢カレーのような印象でしょうか。十五種類のスパイスが使用されているとのことですが、多少辛めという印象ですね。でも、食べ終わったあとからジワリジワリとお腹のあたりが熱くなってきました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170519160635j:plain

しかし、大盛りを食べても、やはりカレールーとご飯だけでは、何となく物足りなさを感じました。そこで、その翌日は『牛黒カレー』の並盛り五百五十円を注文……ということは、牛丼用のお肉が二百円分載っていることになりますね。

f:id:yokobentaro:20170519160658j:plain

やっぱ、コチラのほうがボリューム的には満足できそうです(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170519160716j:plain

では、今度は紅生姜を少量にして、いただきます……うん、さすがに甘辛く煮た牛肉と玉葱が入ると、格段に美味しくなりますね。比較的辛めで甘味抑えめのルーですので、この牛丼用の味付けのお肉といっしょに食べると旨味が倍増いたします。これは、他のトッピングも試してみる価値はありそうです(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170519160742j:plain

せっかくなので、このキャンペーンの商品もいくつかゲットしてみましょうか。で、しばらく通ってみようと思いますが、どうもこれは「田原町店」の店舗限定のキャンペーンのようですね。

専用カードにスタンプが七個貯まると、オリジナルの湯呑・茶碗・My箸・小皿・扇子、もしくは『牛丼』の並盛り一杯と交換できるようです。専用カードの配布は二〇一七年七月二十五日の午後三時まで、スタンプの押印・景品の引換は七月三十一日の午後三時までだそうです。僕がまず、何と交換したかは数日後のお楽しみということで(笑)!!!!!

新宿区富久町 仕事帰りにベジポタ系つけ麺 大成の味玉つけ麺!!!

ここしばらくは新宿方面でのお仕事が続いておりますが、納品だけで済むときは、できるだけ新宿から市ヶ谷、もしくは飯田橋ぐらいまで歩くようにしております。

f:id:yokobentaro:20170519115755j:plain

この日も納品のみで、無事に届け終わったのは午後二時を回った頃でした。で、例によって靖国通りを市ヶ谷方面へとブラブラ……。ここで、ちょっと気になるお店を見つけてしまいました。屋号は『ベジポタ系つけ麺  大成』、でも「ベジポタ系」っていったい何なのでしょう。このお店、住所は新宿区富久町十六の十。都営新宿線の新宿三丁目駅から靖国通り沿いに曙橋駅方面へ四百メートルほど歩いたあたりに位置します。

f:id:yokobentaro:20170519115813j:plain

店頭には、写真付きの価格表が貼られておりますね。ラーメンは一種類で、他はすべてつけ麺メニューです。うーん、どれも美味しそう……。

f:id:yokobentaro:20170519115833j:plain

迷ったときは、「人気No1.」の爆弾マークの付けられた『味玉つけ麺』九百円を食べてみることにしましょうかね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170519115853j:plain

この価格表の脇には、ちゃんと「ベジポタ系」の説明が貼られておりました。

「ベジポタ系とは

 ベジタブルポタージュの略。

 豚骨、鶏ガラ、野菜をとろみが出るまで煮込み、

 特製の野菜ペーストと、魚介を加えた濃厚スープ。

 最後まで飽きない美味しさを、ご賞味ください!」とのことです!!!

これは楽しみ、さっそく店内に入ってみましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170519115914j:plain

このお店も券売機で食券を購入するシステムですね! あっ……麺は百円増しで二玉、三百円増しで三玉分だそうですが、ここは様子見で普通盛りにしておきましょう。

f:id:yokobentaro:20170519115939j:plain

では、店主さんに食券を手渡し、しばらく待機……。カウンター上には辣油やお酢、テーブルコショウに魚粉などが置かれておりますね。などと物色していると、十分足らずで……。

f:id:yokobentaro:20170519120044j:plain

コチラが配膳されてきました!……すみません、ちょっとデジカメのズーム機能に不具合が発生して、かなりピンボケしてしまいました(泣)!!!

f:id:yokobentaro:20170519120537j:plain

あっ、直った(笑)。気を取り直して、麺の皿から……かなり太い麺が大きな器に盛られております。色艶の良い麺の上には、焼き海苔もトッピングされておりますね。

f:id:yokobentaro:20170519120557j:plain

そして、見た目からも濃厚そうなつけダレ、底には厚めのバラ肉チャーシューが二切れとメンマが沈み、表面には水菜・刻み葱・柚子の皮が添えられております。さらにはいい色合いの味玉も存在感を主張していて、もう見ているだけでヨダレが……。

f:id:yokobentaro:20170519120744j:plain

それでは、さっそく太麺をどっぷりとつけダレに浸して、いただきます……うぉっ、すごく麺に搦むつけダレ! 粘度の高さが素晴らしい、本当にポタージュかシチューのようです。絶妙な塩気もさることながら、動物系出汁の旨味と野菜の甘味も相俟って、食べ出したら止まらなくなる美味しさです(嬉)!!!

ほんのり香る魚介の風味もいい感じ、葱の辛味と柚子の爽やかな香りも、良いアクセントとなっております。それに、冷水でしっかりとしたコシと歯応えのある太麺自体もとても美味しいですね。チャーシューもはっきりとした味が付いていて柔らかく、とても好みです。ここで味玉をひと齧り、つけダレが一気にマイルドさを増してきますね!!!

麺をすべて平らげた頃にはつけダレはほんの少ししか器に残っておりませんでした。名残惜しくも、残りのスープを飲み干し完食です!!!

実はその翌日も、このお店の前を通過したのですが、残念ながら夕方営業までの休憩時間に入っていて食べられませんでした(汗)……。すごく病み付きになる「ベジポタ系」、ぜひ今週中に再度食べてみたいと思います!!!!!

中央区日本橋 日本橋高島屋で母の日用のお弁当を買いました!!!

f:id:yokobentaro:20170518125131j:plain

昨日のお話の続きになります。有楽町の『東京交通会館』の老舗の喫茶店で一服したあとは、浅草までウォーキング!!! その途中で、母の日のためのお弁当を調達しようと、『日本橋高島屋』に立ち寄りました(笑)。

f:id:yokobentaro:20170518125151j:plain

入口では、天使の石像がお出迎え。何気にお高そうな石像ですね……。

f:id:yokobentaro:20170518125211j:plain

一階フロアには、巨大な生け花な展示されておりました。たくさんの人が写真を撮影しておりましたので、僕もその中に混じってパチリ……あっ、早くお弁当を調達しないと、夕食の時間に間に合わなくなりますね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170518125229j:plain

……で、このあと三十分ほどで無事お弁当を購入。その内容は後半のお楽しみということで(笑)。それはさておき、買い物を済ませて中央通りに出てみますと、何と日本橋のあたりには大勢の人集り、その前方にはお神輿が確認できますね。

f:id:yokobentaro:20170518125245j:plain

間違いなく『神田祭』のお神輿だとは思うのですが、こんな広範囲まで『神田明神』のお祭りの区域だったことに、正直ビックリいたしました!!!

f:id:yokobentaro:20170518125303j:plain

よく見ると『三越』の入口にも提灯が……これは非常にレアな光景ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170518125322j:plain

あっ、せっかくなのでいつものように麒麟の像もパチリ……空は僅かに見える程度ですが、空が見えているだけでも解放感が違ってきますね。このあと、一時間ほどかけて浅草へと戻りましたが、さっそく本日購入したお弁当確認してみましょう。

f:id:yokobentaro:20170518125346j:plain

これは『日本ばし 大増』という老舗料亭のお弁当で、母の日限定の『母の日折詰~まごころ』という商品。これは母親用の晩ご飯ですが、お値段は千六百二十円と、ちょっとだけ奮発してみました。

f:id:yokobentaro:20170518125407j:plain

巾着の中は二段になっておりました。お味のほうは、珍しく母親が文句も言わずに食べておりましたので、美味しかったものだと確信しております(笑)……。

f:id:yokobentaro:20170518125422j:plain

で、コチラが僕用のお弁当、『吉野(春)』という商品名ですね。お値段は千八十円、どちらかというと質より量を重視してチョイスしてみました!!!

f:id:yokobentaro:20170518125441j:plain

蓋を開けるとこのような感じ、煮物などが中心で、とってもヘルシーな見た目です。

f:id:yokobentaro:20170518125508j:plain

ご飯はほどよい上品な味付けの茶飯、筍のシャキッとした食感と、菜の花のお浸しの香ばしさがとてもよく合います。人参がとっても甘いですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170518125614j:plain

四つに仕切られたお惣菜類、本来なら日本酒のおつまみにしたいところですが、哀しいかな日曜日は休肝日に充てておりますのでガマンガマン……。で、コチラは春雨巾着煮・蓮根金平・蕗煮になります。

f:id:yokobentaro:20170518125638j:plain

さらには山菜漬・玉子焼・肉団子。コチラもお弁当に入っているとテンションが上がりますよね!!! どうしよう、茶飯以外にも白飯を用意しましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170518125702j:plain

それに、野菜入りつくねに赤魚白醤油焼とピーマン揚げ……。

f:id:yokobentaro:20170518125720j:plain

筍・里芋・人参・椎茸・牛蒡の煮物も添えられております。コチラは甘く煮付けてありとても美味、もうたまらなくなり、結局白飯も用意してしまいました(大汗)!!!

うーん、本日ぐらいは炭水化物を抑えめにしようとの目論見もありましたが、見事に失敗。日曜日の休肝日は撤回しようか、ここが悩みどころです……。

千代田区有楽町 東京交通会館の喫茶ローヤルでひと休み(笑)!!!

本日、この仕事場のある近辺は「浅草三社祭」の区域ですので、朝からお囃子がアチコチで鳴り響いております(笑)。

f:id:yokobentaro:20170519162909j:plain

きっと、午後はこの『雷門』近辺も大変な賑わいになるかと思います。ぜひ、明日の日曜日はお祭りなどを楽しまれてはいかがでしょうか。……などと言っている本人は混雑が苦手なので、別の場所に出かけているかと思います(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170517121036j:plain

お話は変わりますが、先週の母の日の日曜日は、久しぶりにJR有楽町駅に出向いておりました。駅の構内には、何故か大黒様が祀られているのですね……。

f:id:yokobentaro:20170517121234j:plain

で、どうして有楽町くんだりまでやって来たかといいますと、仕事で使用している「フォントワークス」の書体のライセンス更新……『ビックカメラ』で早急に年会費を支払わないと、使用できなくなりますもので(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170517121248j:plain

とりあえず払い込みを済ませたらひと休み、何故ならここから浅草まではウォーキングで帰ろうと計画していましたので(笑)。そこで思いついた休憩場所は、『東京交通会館』の地下一階。ちなみに住所は千代田区有楽町二丁目十番地一号になります。ここならお食事がてら、多少ゆっくりとできるお店があるのではと……。

f:id:yokobentaro:20170517121301j:plain

ところが、思ったよりも土日休みのお店が多いことにビックリ!!!

f:id:yokobentaro:20170517121316j:plain

しばらく地下街をブラブラ……すると、かれこれ三十数年前に入った記憶がある『喫茶ローヤル』というお店を久々に見かけました。

f:id:yokobentaro:20170517121347j:plain

せっかくなので、ちょっと『アイスコーヒー』でも飲んでひと息入れましょうか。さっそく店内へ……すると、意外に店内が広かったことに驚きました。「お好きなお席へどうぞ!」とのことですが、独りですと余裕で座れる席ばかりですね(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170517121400j:plain

では、さっそくメニューを物色……やっぱり『アイスコーヒー』にしようと思ったところ、右下で囲われている部分に目が……『アイスコーヒー』が単品五百円だとすると、午後二時からの「ピラフ各種」がサラダ・コーヒーまたは紅茶とセットで八百五十円!!! プラス三百五十円でこの内容は、ずいぶんとお得感がありますね。

f:id:yokobentaro:20170517121412j:plain

その「ピラフ各種」のメニューを見てみましょう。六種類のバリエーションのある中、大好物の『ジャンバラヤ』を発見! これに『アイスコーヒー』をセットで注文することにしました。

f:id:yokobentaro:20170517121424j:plain

「『アイスコーヒー』を先にお持ちしましょうか?」とウエイターさん……ところが、五分もかからずにコチラが同時に運ばれてまいりました(嬉)!!!

それでは、久しぶりに喫茶メシを堪能することにいたしましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20170517121437j:plain

『ジャンバラヤ』はソーセージ・小エビ・ピーマン・コーンなどの具材がチリペッパーなどとともに調理されております。が、炒めたというよりも、見た目「炊き込んだ」ような印象です。

f:id:yokobentaro:20170517121504j:plain

そして、サラダもそこそこのボリュームで添えられておりますね。甘めなマヨネーズベースのドレッシングが、食欲を刺激してきますよ(笑)。

f:id:yokobentaro:20170517121517j:plain

『アイスコーヒー』には……。

f:id:yokobentaro:20170517121533j:plain

当然のようにミルクピッチャーに入ったミルクとガムシロップを、甘くなるまでふんだんに使いましょう(笑)。あっ、何せ昭和三十年代生まれのオッサンなもので、つい……。これがまた、久々に飲む昔ながらの喫茶店の『アイスコーヒー』の味で、懐かしく感じます!!!

f:id:yokobentaro:20170517121611j:plain

そして肝心の『ジャンバラヤ』のお味は……少し水分が飛んでしまっているような感じもしますが、そこそこ辛くてパンチがある味付け。お値段もリーズナブルですし、僕的にはアリかと思います(笑)!!!

喫茶メシでお腹も満たされ、ゆっくりと気力を充電したところで、ここから日本橋を経由して浅草まで、一気に歩くことにしましょう。

f:id:yokobentaro:20170517121623j:plain

途中、『日本橋高島屋』で道草をしましたが、その目的は明日お話いたします……。

台東区寿町 中華居酒屋 餃子房 興隆で寂しく独り飲み(汗)……

またですよ……せっかくの土曜日なので、飲みにいこうと思い、アッチコッチの仲間に電話しても誰も出ません(泣)。そこで、都営大江戸線蔵前駅近くにある、行きつけの飲み屋を覗いてみると、顔見知りの常連客はいるものの、席は満席で座れません(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170518162855j:plain

気を取り直して、浅草国際通りを田原町方面へとブラブラ。すると、たまにランチでお世話になっている『中華居酒屋 餃子房 興隆』の前を通りかかり……何気に店内を覗いていると、顔見知りの店員さんと目が合いました。せっかくなので、本日はコチラで飲み食いすることにいたしますか(笑)!!!

このお店の住所は、台東区寿三丁目九番地六号。浅草国際通り沿いに面しておりますが、赤い看板が煌々と光っておりますので、かなり目立ちます。

f:id:yokobentaro:20170518162923j:plain

まずは飲み物を選びましょう。『生ビール』は三百九十円……すると、サービスで『揚げピーナッツ』が付いてきました。これが、けっこう塩が効いていて美味、お酒が進みます(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170518162938j:plain

それでは、おつまみも注文しましょう。最近、中華屋さんで宴会するときに必ず注文する『きゅうりのニンニク風冷菜』は三百円。これは、叩いた胡瓜とおろしニンニク、塩・油などを合わせたシンプルながらとても美味な一品。でも、独りで食べるにはけっこう多いですね……。そこで、また友人に電話してみたものの、やっぱ誰も出ませんね!!!!!

f:id:yokobentaro:20170518162956j:plain

胡瓜といっしょに注文していた『蒸し鶏のネギ油かけ』(四百二十円)も配膳されてきました。蒸し鶏に細切りの長葱を添えて、熱した油をかけたというイメージでしょうか。蒸し鶏の柔らかい食感に加えて、香ばしいネギ油の風味とのコンビネーションが抜群です!!!

f:id:yokobentaro:20170518163011j:plain

さらには好物の豚耳を使った『豚耳のピリ辛冷菜』(三百八十円)。辛めの醤油ダレと八角にしっかり漬け込んで調理したのでしょうか、すごく味が染み込んでいてとても美味。コラーゲンが蕩けてプルップルな食感です!!!

f:id:yokobentaro:20170518163028j:plain

あっ、ここでビールは飲みきり、次に注文した飲み物は『ウーロンハイ』。これらのサワー類は二百九十円とリーズナブルです。おつまみも充実してきましたので、ゆっくりとつまみながら飲もう……。

f:id:yokobentaro:20170518163046j:plain

と、思いつつも久々のお酒はとても美味しく感じます。すぐに飲み干して、また『ウーロンハイ』のお替り。さすがに、ちょっとペースを抑えたほうが良さそうですね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170518163108j:plain

ここで、おつまみも寂しくなってきたので、野菜たっぷり『元祖餃子』(三百円)も注文しましたがそこそこ大ぶりで食べ甲斐があります。しっかりと餡に味付けがされていて、『ウーロンハイ』おつまみには相性がとても良いですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170518163122j:plain

……ここで、さらに『ウーロンハイ』をお替り。でも、ビールも含めて、これでもう四杯目なので、ここでアルコールはお終いにします(汗)。

f:id:yokobentaro:20170518163146j:plain

そして、そこそこお腹も満足してきたので、おつまみは軽めにしましょうか。『酢漬け野菜』(三百円)でサッパリと〆ることにしましょう。これは少し甘めに仕上がっていて、「なます」のような印象です。お酢も効いていてとってもヘルシーなおつまみ、美味しく平らげました(嬉)。で、気になるお勘定は合計で二千九百六十円、けっこう飲み食いできてこのお値段とは、とてもありがたく思います。

さて、これで「飲みに出かけた!」という欲求は充分に満たされましたので、実家に帰って晩ご飯にすることにします(笑)!!!!!