涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR錦糸町駅前 一年ぶりの丸井錦糸町店の屋上ビアガーデン(笑)!!!

本当に一年というのはあっという間、早くもビアガーデンの季節が到来しました。昨年は漫研時代の後輩二人に誘われて、初めて『丸井錦糸町店』の『屋上ビアガーデン(ランチタイム)』で飲食の限りを尽くしましたが、先週の土曜日も再びお誘いがかかりました(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170622131510j:plain

とりあえず、JR錦糸町駅南口で待ち合わせ……午後一時半ぐらいに無事合流できました。取り急ぎ『丸井錦糸町店』に向かい、屋上まではエレベーターを使って上がります。屋上スペースは、けっこう広々としていますよ。あっ、写真を撮っている間に、後輩二人はもう『屋上ビアガーデン』の手前まで移動しておりますね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170622131526j:plain

この『屋上ビアガーデン』は二時間制の飲み食い放題のバイキング。土・日・休日のランチタイムに限って、通常四千二百円の料金が三千円になります。そのランチタイムは、ホームページ上では正午から午後三時までのようですが、この掲示板の表示では午後二時まで? いずれにしても早めの来店が無難かと思います!!!

f:id:yokobentaro:20170622131551j:plain

さっそくテーブルに案内されると、係の人がカセットコンロに着火、途端にこの周囲が熱気を帯びます。では、お酒と飲みものを物色してきましょうか(笑)。

f:id:yokobentaro:20170622131607j:plain

バイキングのコーナーには、バーベキュー用の牛・豚・鶏肉や野菜類、ウインナーやポテトフライなどのおつまみ類、カレーや皿うどん・焼きそばなどの食事類も並べられています。また、飲みもののコーナーには、生ビールやハイボールのサーバーが設置されていますね。サングリアなどの飲みものや、オリジナルカクテルを作るリキュールなどもあります。とりあえず、サーバーから各々注いできた生ビールで乾杯しましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170622131624j:plain

あとは食べたいものをどんどん焼きましょう。僕は牛・豚・鶏肉と、鶏軟骨(ヤゲン)を、とりあえず三人でつまめるぐらいの量で盛ってきましたが、すでに後輩もごっそりと盛ってきて焼きに入っておりました。載せた先からどんどん焼けてしまうので、かなり急ピッチで食べ進みます(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170622131645j:plain

あっ、お肉ばかりではいけませんので、しっかり野菜類も焼いて食べましょう……と、いいつつもハンバーグやウィンナーも載っておりますね(笑)。この時点で……。

f:id:yokobentaro:20170622131701j:plain

生ビールも飲み干してしまいましたので、二杯目は酎ハイにしてみましょうか。

f:id:yokobentaro:20170622131716j:plain

で、やっぱり酎ハイには揚げものですよね(笑)。適当にハムカツやゲソ揚げ、コロッケなどを盛ってきてみんなでつまみますが、これはヤバい、お酒が進み過ぎます……。

f:id:yokobentaro:20170622131735j:plain

せっかくなので、いろいろな種類をサーバーから汲んできましょう!!! と、いうことで三杯目はヒゲハイボールにしてみました。でも、ウィスキーベースまでチャンポンしてしまうと危険な予感が……。

f:id:yokobentaro:20170622131753j:plain

そこで、しっかりとご飯ものも食べておきましょう。カレーライスにハムカツと焼きそばをトッピングしてみたのですが、何だか絵的にはイマイチになってしまいました(泣)。それでも、家庭的なお味のカレールーはとても美味、一気に食べきってしまいました!!!

f:id:yokobentaro:20170622131819j:plain

お酒はまだまだ飲みますよ(笑)。次は、ちょっと変化球をと思い、カシスのお酒と酎ハイをブレンドしてみました。当然アルコール度数は高くなるものの、甘酸っぱいカシスの味が加わると飲みやすさがグっと上がりますね!!!

f:id:yokobentaro:20170622131956j:plain

……そろそろお腹も限界になってきましたので、オヤツ的なメニューを。タコ焼きと大学芋で〆ることにいたしましょう。うーん、甘いものはやっぱ別腹ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170622132101j:plain

これに合わせて、お酒ももっと甘くしてみましょうか。レモン酒が置いてあったのでカルピスで割ってみましたが、これがメチャクチャ美味い!!! でも、そろそろ二時間が経過しようとしておりましたので、残ったおつまみとお酒を一気に平らげ、この場をあとにしました(笑)!!!

この『丸井錦糸町店』の『屋上ビアガーデン』、今年は九月二十四日(日)までオープンしているようですので、ご興味の湧かれた方はぜひお出かけされてみてくださいね。

……あっ、ちなみに僕はこの一食で体重が二キロほど増加しておりました(大汗)!!!!!

台東区田原町交差点 寿司居酒屋 日本海で、ランチのお好み三色丼!!!

今週の月曜日のお話になりますが、お昼時に急に母親がここ浅草田原町にある仕事場にやって来たので、共同経営をしている実弟と三人で食事を摂ることになりました。

f:id:yokobentaro:20170620152828j:plain

近場での昼食ということで、仕事場からほんの二、三分ほどの場所にある『寿司居酒屋 日本海』の浅草店に入ってみることにしました。住所は台東区雷門一丁目六番地五号になります。

 

f:id:yokobentaro:20170620152846j:plain

都営銀座線の田原町からは徒歩数十秒。交差点の角で、この店舗はかなり目立ちますね。いちおう地図も貼っておきますが、必要ないかもしれません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170620152900j:plain

店舗の一階には四人がけのボックス席がありまして、そちらに通されランチメニューの確認……どうしても握り鮨はお高いイメージがありますが、この価格表を見た限りそうでもありませんでした(笑)!!!

それでも、握り鮨はご飯が少なそうなので、ここは丼もののメニューから……『お好み三色丼』八百八十円を選んでみましょうか。このメニューは「天然インド鮪赤身・白身・サーモン・いか・ほたて貝・甘えび・煮穴子・光物・数の子・いくら」から各一ネタをお好みで三種類選べるとのこと。味噌汁付きで、ご飯の大盛りサービスというのもポイントが高いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170620152924j:plain

そこで、この中から「天然インド鮪赤身・煮穴子・いくら」の三種を選択、ご飯はもちろん大盛りにしました(笑)。では、熱いお茶を啜りながらしばし待ちましょう。あっ、この湯呑、何気に良い感じで欲しくなりますね。などと思っているところ、ほんの数分で……。

f:id:yokobentaro:20170620152939j:plain

コチラが配膳されてきました!!! 直接酢飯にネタだけ載ってくるのかと思いきや、胡瓜や大葉・ガリなどをご飯の上に敷いた状態でネタが載せてありました(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170620153255j:plain

さらには、思ったよりも丼が大きくて酢飯も目一杯盛られております。見た目ふっくらと炊かれた煮穴子に鮪の赤身が三切れ……それに、小ぶりながらオレンジ色にキラキラ輝くタップリのイクラがとっても美味しそう。黄色いタクアンが添えられているのも、彩り的に綺麗ですね。それでは、鮪の上にワサビを添えて、いただきます!!!

……うーん、さすがにネタが新鮮です。アッサリとした赤身は、しっかりと鮪の旨味が伝わってきます。穴子は思った通りふっくらといていて柔らかく、口の中で蕩けてしまいそう……煮きりも甘過ぎずとても美味。いくらの醤油漬けも、ほどよい塩気と甘味がたまりませんね。これなら大盛りご飯も何のその、どんどん量が減っていきます!!!

f:id:yokobentaro:20170620153327j:plain

味噌汁の具は、とろろ昆布に刻み葱、それと小さなお麩が浮いております。こちらもちょうどよい塩加減で、とても美味でした。ただ、さすがに大盛りは食べきると、お腹が苦しくなります(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170620153359j:plain

さて、そんな状態でしたので、夕方になってもいっこうにお腹は空いてまいりません。そこで、ちょっと柳橋方面にウォーキングに出かけましょう。まずは浅草橋から、柳橋をパチリッ!!!

f:id:yokobentaro:20170620153412j:plain

ここから神田川沿いに、柳橋へと向かいましょう。水面に浮かぶ屋形船のある風景は、もう何十年も変わっていない印象で、見ていてすごく心が和みますね!!!

f:id:yokobentaro:20170620153426j:plain

そして、夕陽を浴びる柳橋に到着……。

f:id:yokobentaro:20170620153523j:plain

コチラから浅草橋方面を臨むと、ちょうど陽が沈みかけていて、いい感じの写真が撮れますよ(笑)!!!!!

二日ぶりの猫ブログ ミーさん、さらに興味のない食事だと……

前回のお話で、猫のミーさんは牛・豚・鶏肉は与えても食べようとはしませんと書きましたが、それならお魚なら何でも食べるのかといいますと、意外にそうでもありません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170619200837j:plain

この日の晩ご飯は鮪の赤身のお刺身に減塩釜揚げしらすでしたが、普段は食べるはずの釜揚げしらすも、すぐに飽きてしまった模様……猫なのに鮪はまったく食べませんし(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170619201053j:plain

なので、ミーさんには与えず、赤身の鮪をワサビを溶いた出汁醤油に軽く漬けて、漬け鮪丼にしてみました。さらには釜揚げしらすのトッピングで見た目の変化をつけて、いただきます……あっ、やっぱり鮪は漬けたほうが格段に美味しいですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170619201108j:plain

その他、余った鮪やしらすは、食後の日本酒の肴として美味しくいただきましょう。でも、これだけではさすがに寂しいので、しらすには大根おろしを添えて、アボカド・生タラコ・ワサビ漬けもおつまみとして足してみました!!!

f:id:yokobentaro:20170619201211j:plain

その頃、晩ご飯時になってもまったく姿を見せないミーさんはといえば……。

f:id:yokobentaro:20170619201226j:plain

僕の寝室に積んである、布団袋の上でこの形相(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170619201323j:plain

おっ、大きく目を見開いたかと思えば……。

f:id:yokobentaro:20170619201338j:plain

いつものように、デジカメのストラップを捕獲!!!

f:id:yokobentaro:20170619201411j:plain

ミーさんの魔の手から奪い取るも……。

f:id:yokobentaro:20170619201437j:plain

追撃の手を休ませようとはしません(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170619201521j:plain

f:id:yokobentaro:20170619201537j:plain

やっと諦めたようですね(笑)。それはさておき、本当にミーさんは食べられるものの幅が狭いので、とても難儀します(大汗)……。

f:id:yokobentaro:20170619201553j:plain

再びリビングに戻り、食後のデザートをいただくことにしましょう。お酒を飲んだあとって、何気に甘いものが食べたくなりませんか? そこで、『コージーコーナー』の『ジャンボシュークリーム』を久しぶりに食べることにしましたが……。

f:id:yokobentaro:20170619201659j:plain

毎回、タップリ入ったカスタードクリームには感動いたします!!! この、滑らかでクリーミーな食感の、ほどよい甘みを満喫して、この日の食事を〆ました(笑)。

あっ……自分ばっかりデザートを楽しんでいないで、そろそろミーさんのおやつに、猫用の干しカマを買ってきてあげないといけませんね(汗)!!!!!

台東区駒形 久しぶりに中国飯店 楽宴の週替わり定食を三連発(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170619152747j:plain

ここしばらく、浅草田原町にある『吉野家』限定のキャンペーン景品をゲットするために『吉野家』ばかり足しげく通い、駒形のバンダイ本社近くにある『中国飯店 楽宴』を疎かに……それでも、『中国飯店 楽宴』へも週いちペースぐらいで通っておりました。

f:id:yokobentaro:20170619152803j:plain

『吉野家』は最近豚肉のメニューもバリエーションが増えてきましたが、『中国飯店 楽宴』の週替わり定食も負けてはおりません(笑)。ちょうど三週間ほど前には、中華料理店としては珍しく『生姜焼き』定食六百八十円がありました。

f:id:yokobentaro:20170619152817j:plain

さっそくお店に入って注文してみると、豚バラ肉と玉葱が生姜焼きダレで炒められた『生姜焼き』定食が五分ほどで配膳されてきました。

f:id:yokobentaro:20170619152836j:plain

あっ、もちろん定食には、ワカメと玉子の中華スープ・搾菜・白飯、デザートには杏仁豆腐が付いております。それに、ご飯はお替りもできますよ!!!

f:id:yokobentaro:20170619152900j:plain

それでは、さっそく『生姜焼き』を……おっ、おろし生姜の香味と甘口の醤油ダレがお肉の脂身とマッチしていて蕩けそうな美味しさ、玉葱も炒めると甘味が増すので、ご飯がすごく進みます。あっ、当然ご飯はお替りをしましたが(笑)。ここでちょっと気付いたのは、この『生姜焼き』には独特な香辛料の風味を感じます。もしかして、少量のカレー粉を隠し味として使っているのでしょうか。これはぜひ、家でも試してみたいと思います!!!

f:id:yokobentaro:20170619152926j:plain

さらに、別の週にお店の前を通ってみると、週替わりに『豚肉の甘醤油炒め』定食六百八十円というメニューがありました。これは『生姜焼き』とはどう違うものなのでしょうか?

f:id:yokobentaro:20170619152945j:plain

さっそく注文して確認してみることにしました。で、数分ほどで配膳された『豚肉の甘醤油炒め』定食がコチラ、パッと見『生姜焼き』と変わりませんが、タレの色が少し濃いめなのと、白ゴマが振りかけられているという違いはありますね!!!

f:id:yokobentaro:20170619153021j:plain

では、いただいてみましょう……あっ、これは『生姜焼き』よりもタレが甘口で、どちらかというと焼肉のタレというか、砂糖醤油のような印象の甘味です。豚肉は充分火が通っていて、ところどころにカリッとした食感の部分もありますね。これまた豚肉の脂身とタレの相性バッチリで……。

f:id:yokobentaro:20170619153036j:plain

一杯目のご飯はすぐに食べきってしまいました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170619153053j:plain

そして、二杯目はもちろん豚丼にいたしました。これを一気に掻き込むと、玉葱の甘さも相俟っているせいでしょうか、『吉野家』の『豚丼』を彷彿とさせる美味しさとなりますよ!!! ただ、食べ過ぎには充分にご注意を(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170619153221j:plain

ここ『中国飯店 楽宴』の週替わり、豚肉料理のお話が続きましたが、それ以外にもエビや玉子が主役の定食のこともあります。たとえば『エビと玉子の塩味炒め』定食、たまに塩などでアッサリと味付けされた玉子料理って食べたくなりますよね。あっ、コチラもお値段は六百八十円です!!!

f:id:yokobentaro:20170619153241j:plain

この『エビと玉子の塩味炒め』定食も、注文してからほんの数分で配膳されてきました。

f:id:yokobentaro:20170619153257j:plain

柔らかく仕上げられた炒り玉子には、エビが数個見え隠れしていますね。その他、細かく刻まれた人参・ピーマン・筍・木耳・刻み葱などの野菜類もいっしょに炒められております。そして、そのお味は……絶妙な塩味と玉子の旨味がいい感じ、そこへプリプリした食感のエビが加わるとすごく美味ですね!!! 細かく刻まれた野菜の食感も楽しく、おかずだけでついつい食べ進んでしまいます。

f:id:yokobentaro:20170619153322j:plain

あっ、ただご飯とともに食べようと思うと、そんなに濃い味付けではないので、一杯ぐらいでちょうどよい分量かもしれませんね。それでも……。

f:id:yokobentaro:20170619153337j:plain

f:id:yokobentaro:20170619153353j:plain

お替りしないともったいないので、しっかり搾菜と中華スープで二杯目のご飯をいただきました(笑)。このお店、まだまだ未食の週替わり定食が次々と出てくる模様ですので、週に一度のメニューチェックは欠かせませんね!!!

 

f:id:yokobentaro:20170619153415j:plain

……とりあえず、いつものようにこのお店のアクセスも貼っておきますね。住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。

ちょっとだけ猫ブログ ミーさん、自分が興味のない食事だと……

結論としては、近くに寄りついてもきません(泣)!!!

f:id:yokobentaro:20170618173057j:plain

ちょっと時間は遡って、先週明けの晩ご飯時に実家に戻ったときのお話ですが、晩ご飯の準備を整えてちゃぶ台の前に座るも、ミーさんは珍しく近くに寄ってこようともしません。

f:id:yokobentaro:20170618173136j:plain

目ヤニまで付けて……ただ単に眠いだけかもしれませんが(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170618173151j:plain

あっ、ちょっと険しい顏をしたと思ったら……。

f:id:yokobentaro:20170618173216j:plain

おもむろに毛繕いを始めました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170618173259j:plain

と、見せかけて、そこからの攻撃態勢……そろそろミーさんは放っておいて、早く晩ご飯を食べてしまうことにしましょうか。その、ミーさんがまったく興味を示さなかった夕餉とは……。

f:id:yokobentaro:20170618173321j:plain

このようなメニューでした(汗)!!! メインのお皿には、醤油と砂糖で甘辛く炒めた牛肉に、付け合わせのトマトと胡瓜。それに、白飯があるにもかかわらず『彩りちらし寿司』というお弁当まで置いてあります。小皿には生の島ラッキョウにわさび漬け、それと茄子の味噌汁もありますね。

f:id:yokobentaro:20170618173352j:plain

炒めた牛肉は、とくに脂身が美味ですが、ちょっとこれはダイエットには適さないおかずですかね……味を濃いめにしてありますので、白いご飯を余計に食べてしまいます(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170618173412j:plain

この『彩りちらし寿司』は、浅草雷門の斜め前にある『オオゼキ』というスーパーで、何と三百二十二円(税込)で売っているようです。甘い酢飯と桜田麩のコラボもたまりませんし、刻んだ漬物や蓮も混ぜ込まれているので、食感も楽しいですよ。ただ、白飯と合わせたら炭水化物がたっぷり(笑)……。

f:id:yokobentaro:20170618173427j:plain

そして、茄子は初ものになりますかね……漬物にしても美味しいのですが、味噌汁で柔らかくなった茄子も、とてもいいものですよ!!! 本来なら、本日は白飯とこれだけでダイエットをしようかと考えていたのですが……。

f:id:yokobentaro:20170618173450j:plain

島ラッキョウは、やっぱりそのままだとけっこう辛いですが、このシャキッとした食感と辛さは、とても健康に良さそうな気がします。ただ、強いていえば合わせ味噌をセットにしたほうがより美味しくなったかと、ちょっと後悔……。

f:id:yokobentaro:20170618173507j:plain

と、いうわけで、まったくミーさんの食指に触れるような食材はなかったようですね。基本、ミーさんは牛・豚・鶏肉は与えても食べようとはしませんので……。で、あげくの果てにはふて腐れているような形相と化しました(汗)!!!

それでは、次回は二日後ぐらいに「猫ブログ」をアップしようかと思います……。

台東区雷門 横浜家系ラーメン 浅草隊の赤冷やし麺(夏限定)!!!

先週木曜日のお昼時間は、例によって歩数を稼ぐために、近所をウォーキングがてらブラブラ徘徊……この日は浅草雷門までやってまいりました!!!

f:id:yokobentaro:20170616163429j:plain

ところが、また何か工事をしているのか、屋根の一部が布で隠されておりますね……。

f:id:yokobentaro:20170616163505j:plain

それでも、敢えて雷門提灯の下は通過することが可能ですよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170616163522j:plain

それはさておき、この雷門の前をスカイツリー方面に少し歩くと『神谷バー』、その入口を背にして、通りを渡った角には『サーティワンアイスクリーム』がありますが、左隣の『横浜家系ラーメン 浅草隊』というラーメン店の前に出ている立て看板で、気になるメニューを発見……。このお店、住所は台東区雷門二丁目十九番地十三号になります。

f:id:yokobentaro:20170616163555j:plain

その、気になるメニューとは、夏限定の『冷やし麺』『赤冷やし麺』の並盛り。どちらも八百八十円だそうです。家系のラーメン店で冷やしメニューは、さすがに見たことがありません。これは食べてみるしかありませんね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170616163615j:plain

さっそく店内へと移動し、券売機で食券を購入しましょう。おっ、意外にメニューのバリエーションが多いですね。えっと、この中から『冷やし麺』のボタンを探し出し……。

f:id:yokobentaro:20170616163637j:plain

わりと大きな写真が貼られておりますね。この食券、『冷やし麺』『赤冷やし麺』と共通のようです。さっそく店員さんに手渡したところ「ご飯は付けますか?」と訊かれましたので、付けてもらうことにしました。

さらに「普通にしますか? それとも辛いほうにしますか?」とも訊かれましたので、反射的に辛いほうを選択……果たして吉と出るか、凶と出るか(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170616163652j:plain

カウンター上には、家系ラーメン店らしく、おろしにんにく・おろし生姜・豆板醤・コショウがありますね。他には餃子用の酢・醤油・辣油も置かれております。写真には写っておりませんが、たくあんの入った器も発見!!!

f:id:yokobentaro:20170616163758j:plain

で、すぐにご飯がやってきましたので……。

f:id:yokobentaro:20170616163813j:plain

即座にたくあんをトッピング、もうこれだけでご飯は食べられてしまいますね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170616163846j:plain

そして、注文してから八分ほどで『赤冷やし麺』が配膳されてきました!!! ラーメンと同様の太麺ですので、茹でて水で〆るのに少々お時間がかかるとのことでしたが、意外に早い(笑)。

f:id:yokobentaro:20170616163926j:plain

太麺の下には、冷えたゴマダレが確認できます。そしてトッピングは、茹でモヤシ・ワカメ・紅生姜・短冊切りの胡瓜にハム・¼にカットされた半熟のゆで卵が二切れ、そしてカットレモンが添えられております。何だか赤いソースも回しかけてありますね……。

f:id:yokobentaro:20170616164012j:plain

それでは、タレを麺に搦めて、いただきます……おっ、太麺はしっかり水で〆られていてちょっと硬めでモチッとした食感、ズッシリと重い印象の麺です。これに甘めのゴマダレと、おそらくは豆板醤ベースかと思われる赤いソースの辛さが相俟ってとても美味!!!

ただ、けっこう辛いのは事実ですね(笑)。お好みで添え付けのレモンを搾ると、爽やかな風味と酸味が加わり、暑さで多少食欲が減退していてもスルスルと食べられてしまいます。トッピングの具材も冷し中華っぽくて、ゴマダレの味付けと相性がピッタリ、これから予想される猛暑にはありがたいひと皿となりそうですね(嬉)!!!

……などと食べ進むこと、五分ほどでタレも飲み干し完食。配膳される時間よりも、食べている時間のほうが短いですね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170616164056j:plain

ここのお店、実はスープまで完食すると『まくり券』なるものが進呈されます。この券は次回に来店した際に、「味玉」「海苔」「ホウレン草」「大盛」のいずれかひとつ、サービスを受けられますよ(笑)!!!!!

東京ドームシティ近く la cucina VIVACEのイイダコのトマトソース!!!

つい先日の水曜日は、珍しく水道橋方面へと出かけておりました。と、いいますのも、久しぶりにフネさん関係の昼食会ということで(笑)。この日のメンバーはフネさん&僕に加えて、新宿方面のお仕事でお世話になっているヨッシーさんも参加。やっぱり女性が参加すると、雰囲気がパッと明るくなります!!!

f:id:yokobentaro:20170615183440j:plain

目指すお店は、フネさんお気に入りのイタリアン料理店『la cucina VIVACE』。白山通りから路地に入って『水道橋稲荷大明神』の鳥居の手前、路上に看板も出ておりますので比較的見つけやすいかと……住所は、文京区本郷一丁目四番地六号になります。

f:id:yokobentaro:20170615183459j:plain

入口にはメニュー表も出ていますね。そういえば、昨年末に訪れたときは、たしか『ボロニエーゼ』を堪能した記憶が……なので、本日は別のパスタを試してみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170615183516j:plain

さっそく席に着き、改めてメニューチェック……『イイダコのトマトソース』九百三十円を注文してみました。きのこかタコか、ちょっとだけ迷いましたが、ここは腹もちの良さそうなほうで(笑)!!! さらには、パスタセットにはサラダとドリンクがセットで付くとのことですので、食後のタイミングで『アイスコーヒー』をお願いいたしました。

f:id:yokobentaro:20170615183547j:plain

注文してすぐに、グリーンサラダが配膳されましたが、イタリアンドレッシングはとても酸味が効いていて美味ですよ。量もそこそこボリュームがあり、野菜不足の僕としては嬉しいひと皿です!!!

f:id:yokobentaro:20170615183614j:plain

そして、サラダの皿が空いたタイミングで、『イイダコのトマトソース』が配膳されてきました。トマトソースが万遍なく搦んでいるパスタの上には、三杯のイイダコが添えられておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20170615183640j:plain

f:id:yokobentaro:20170615183659j:plain

何だか、小ぶりなのにしっかりとタコの形をしているのが、ちょっと微笑ましく思えます。では、まずはパスタからいただきます……うん、比較的細めのパスタは、少し歯応えのある硬さの加減が絶妙ですね。しっかりと麺に搦んだトマトソースのコクと酸味がたまりません!!!

それと、イイダコの食感は柔らかで、プチプチとした歯応えも面白く、トマトの味付けがよく合い、これまた美味。うーん、もっとたくさん食べてみたいですが、残念ながらメニュー表には大盛りはありませんでしたね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170615183721j:plain

で、三者が食べ終わると、それぞれの注文したドリンクが運ばれてきました。

f:id:yokobentaro:20170615183916j:plain

『アイスコーヒー』には、いつものようにガムシロップとクリームをタップリ目に使用、〆には嬉しい一杯ですね。ただ、さすがにここでは長話は控え、喫茶店へ移動……。

f:id:yokobentaro:20170615183949j:plain

そこで、仕事上のお話などを一時間ほどして、この日はお開きとなりました。でも、せっかくここまで出てきたので、散歩がてら『神田明神』に寄ってから浅草まで戻るとしましょうね。

f:id:yokobentaro:20170615184007j:plain

取り急ぎ「随神門」をくぐり……。

f:id:yokobentaro:20170615184109j:plain

境内へと進んでみると、「本殿」の前には、何と茅の輪が準備されておりました!!!

f:id:yokobentaro:20170615184124j:plain

今月、六月三十日の金曜日には「夏越大祓式」が午前十一時と午後三時の二回にわたり斎行されるということですので、そのための設営なのですね!!! とりあえず、輪のくぐり方通りにくぐり……。

f:id:yokobentaro:20170615184141j:plain

「本殿」でお参りをいたしましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170615184156j:plain

帰りはもちろんアニメ『ラブライブ』で有名な「明神男坂」を下って帰ります。あっ、残念ながら、この日もキュウ (id:kyu_com) さんにはお会いできませんでした(汗)……。