涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

千代田区神田練塀町 ビストロ魚金で、地元仲間と暑気払い(笑)!!!

ちょうど一週間前の山の日の夕方は、JR秋葉原駅近くにある『ビストロ魚金』目指して、ウォーキングをしておりました(笑)。と、いいますのも、このお店で地元のオッサン仲間が六人ほど集まって、暑気払いをするとのことで……。

f:id:yokobentaro:20170817132232j:plain

この『ビストロ魚金』、住所は千代田区神田練塀町八十五番地。JR秋葉原駅中央口を出て、ヨドバシカメラ前の通りを蔵前橋通り方面に、数分歩いたあたりに位置します。ずいぶんとオシャレな建物の二階に店舗がありますので、比較的見つけやすいかと……。

f:id:yokobentaro:20170817132329j:plain

では、さっそく二階に上がってみましょう……。

f:id:yokobentaro:20170817132407j:plain

ブラックボードには、海の幸が中心のメニューが手書きされておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20170817132427j:plain

で、この日は三千八百円のコース料理に、二千円のドリンク飲み放題を付けているとのこと。まずはその飲み放題メニューから……。

f:id:yokobentaro:20170817132448j:plain

『生ビール』を注文して乾杯です!!! あっ、銘柄は「プレミアムモルツ」のようですね(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170817132511j:plain

おつまみは、まずは『鮮魚のカルパッチョ』が運ばれてきました。計二皿配膳されたので、このひと皿は三人前のようですね。蛸・サーモン・鯛・鮪・巻貝にオリーブオイルベースのタレが搦めてあります。ネタが新鮮で旨味も濃くて美味、思わずビールが進んでしまいますね(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170817132528j:plain

『前菜盛り合わせ』はいろいろなハム・オリーブの実・野菜のピクルス・ポテトサラダ・エビマヨのバケット添えなどが盛られております。うーん、生ハムを見ると『赤ワイン』が欲しくなります……。

f:id:yokobentaro:20170817132548j:plain

f:id:yokobentaro:20170817132603j:plain

このタイミングに併せ、パンが二種類と、干し海老とニンニクで風味付けされたオリーブオイルが配膳されてきましたが、あっという間にパンは売り切れてしまいました(笑)。どうもみんな、空腹状態で暑気払いに臨んでいる模様です……。

f:id:yokobentaro:20170817132619j:plain

ここで僕は、飲み物を『赤ワイン』に変更。このあと、これを何杯飲んだのかは記憶が定かではありません。たぶん五杯以上は飲んだような……。

f:id:yokobentaro:20170817132644j:plain

続いて配膳されてきたのは、『イカとインゲンのフリッター』でした。サックリと揚っていて、ほのかにカレー粉の風味がしてきます。このお店、何気にお料理のレベルが高いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170817132701j:plain

『アヒージョ』はグツグツとオリーブオイルが煮え滾った状態での登場、小海老・牡蛎.蛸などの海鮮がふんだんに使われておりますね。ニンニクの風味と絶妙な塩気で、みんなお酒をお替りするペースが上がってまいります(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170817132911j:plain

すると、大きな鉄鍋で調理された『オマール海老のブイヤベース』まで配膳されてきました。オマール海老以外には、ムール貝などの二枚貝・白身魚・イカ・小海老なども確認できますね。

f:id:yokobentaro:20170817132931j:plain

ブイヤベースには、アイオリソース(?)を添えるといっそう美味しくなるとこのことです。たしかに、コチラを添えて海鮮具材を食べると深みが増しますね。スープは濃厚に出汁が煮出されていてとても美味なのですが、何故かまだスープが残っている状態で、鉄鍋は退場していきました(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170817132952j:plain

お肉料理は、レア感が目にも鮮やかな『ローストビーフ』!!! これは六人前の一緒盛りでの登場です。甘いソースにマスタード、粗塩やペッパーも添えられておりますね!!!

f:id:yokobentaro:20170817133019j:plain

そして、素揚げされた数種類の野菜が豪快に盛り付けられております。プチトマトや茄子、ジャガイモなどボリュームもタップリです!!!

f:id:yokobentaro:20170817133033j:plain

そして、このお肉はとっても柔らかでジューシー。塩コショウで食べても肉本来の旨味が充分に堪能できますが、添えられた甘いソースとマスタードを載せて食べてみると、もうその美味さに魅了されてしまいますよ(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170817133051j:plain

宴もたけなわの頃、先ほど退場していった『オマール海老のブイヤベース』のスープは、何と! リゾットとなって戻ってまいりました(笑)!!! でも、もうかなりお腹はいっぱい……なのですが、ひと口食べ出すと、その旨みでスプーンが止まらなくなります。ちょっと硬めに仕上がったお米の食感も絶妙で、残ったリゾットは僕が食べきりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170817133118j:plain

『デーセル』って、もしかしてデザートのことですかね? 〆には、アイスクリームとシットリとした生地のケーキが最後に配膳されてきました。が、かなり酔っ払っていて、甘く冷たくて美味しかったという記憶ぐらいしか残っておりませんでした(泣)。

豪勢なお料理に飲み放題のお酒を併せても五千八百円とは、かなりリーズナブルかと思います。ここは家族のお誕生日会にも、ぜひ利用したいですね(笑)!!!!!

f:id:yokobentaro:20170817133135j:plain

……で、デジカメ内のこの日付の最後に、このような画像が残っておりましたが、まったく記憶がありません。どうも、このあとどこかでハシゴをしていたようです(大汗)!!!!!

晩の食生活シリーズ スーパーヤマザキの松茸ご飯弁当とミーさん……

先週、晩に実家に帰ってみると、母親は親類のお通夜に出かけていて留守でした。すると、薄暗いリビングに、何かが這い蹲っている気配が……。

f:id:yokobentaro:20170814130857j:plain

さっそく灯りを点灯してみると、猫のミーさんが、空っぽのホタテ缶に頭を突っ込んだまま這いずり回っておりました(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170814131007j:plain

何だか一生懸命で面白いので、しばしそのまま観察しておりましたが……。

f:id:yokobentaro:20170814131418j:plain

すごい勢いで頭を突っ込んでいますね(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170814131434j:plain

……あっ、やっと飽きたようです(笑)。

f:id:yokobentaro:20170814131504j:plain

この時点で、自分の晩ご飯もないことにようやく気付き、母親のぶんの弁当も含めて、近所の『スーパーヤマザキ』に買い物に出かけることにしました。あっ、ミーさん用のホタテの貝柱も買い忘れずにいたしましょう(笑)……。

f:id:yokobentaro:20170814131523j:plain

で、さっそく購入してきたお弁当は『松茸ご飯弁当』四百三十円を二つと『北海道ほたて貝柱』四百四十四円、ミーさんのご飯のほうが高級ですね(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170814131634j:plain

では、さっそく上蓋を外して、いただきましょう……うーん、松茸のいい香りがしてきますが、ひと足早い秋が感じられる、お値段のわりにはちょっと贅沢なお弁当ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170814131701j:plain

松茸ご飯には、細かく刻んだ人参や昆布などもいっしょに炊き込まれていております。さらには薄くスライスされた松茸に、甘く味付けされた栗までトッピングされていて豪華!!! 味付けは濃すぎず、ご飯にはしっかりと松茸の風味が感じられて、とっても美味ですよ。あっ、ちょっと僕的には量は少なく感じますが、晩の炭水化物の量を抑えておりますので、これで良いのです(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170814131808j:plain

煮物は椎茸・南瓜・人参・蒟蒻・インゲン豆などが甘く煮付けられております。他にさんまの立田揚げ・ほうれん草の胡麻和え・ポテトサラダ・大根の漬物などのおかずも添えられていて、栄養のバランスは良さそうですね!!!

南瓜の蕩けるような食感と甘さ、さんまの立田揚げの旨味と塩気も相俟って、ゆっくりと味わって食べようとしても、ものの数分で完食してしまいました。うーん、『スーパーヤマザキ』のお弁当もなかなか侮れません(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170814131851j:plain

その頃ミーさんはというと、ホタテの貝柱のお刺身を堪能して、この表情……とりあえず満足してくれたようで、ホッといたしました。

実は、晩に食べるご飯の量を、ここ一ヶ月ほど三分の一程度に減らしておりましたが、六十七キロだった体重も、やっと二キロちょっと減り出しました(嬉)。このペースで、何とかベスト体重の五十九キロに戻したいところですが、あと何ヶ月かかることやら(泣)……。

ここしばらく涼しいので、とんこつラーメンや油淋鶏が食べられました!!!

台風が通過したあとの、その置き土産の一時的な暑さは酷いものでした(泣)。実は、そのだいぶ前から夏バテからくる体調不良で、怠くてお昼近くまでアパートから動けない状態でした。ところが、ここしばらくの梅雨のような天候と気温のおかげで、早朝から普通に動けるようになりました(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170812134639j:plain

で、今のうちに体力を回復しておこうと向かった先は、蔵前近辺にある『日高屋』。ここしばらく避けていた、熱々のラーメンでも食べてやろうではありませんか(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170812134747j:plain

とりあえず、ガラスケースを覗いて……あっ、『とんこつラーメン』って四百二十円でしたっけ。醤油よりもカロリーが補給できそうなので、本日はこれにしてみましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170812134809j:plain

注文してから、五分とかからず配膳されてくるのは流石、しかもかなり熱々ですね(汗)……。麺は中細の縮れ中華麺、トッピングは豚バラ叉焼二枚にメンマ、焼き海苔に刻み葱が添えられています。白ごまも適量浮いていますよ。これで四百二十円は、やっぱりお安いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170812134825j:plain

では、麺からいってみましょう……うん、ちょっと硬めな茹で具合がいい感じです。スープは、とんこつ味にしてはかなりあっさりとしていますが、麺にはよく搦んでおりますね。おそらくは胡麻油などを使って、動物系の脂よりも軽い印象を与えているのでしょう。塩気が効いていて、ちょっとだけ尖った印象もしますが美味しいですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170812135006j:plain

さらに美味しさを追及、ブラックペッパーをタップリと入れてみましょう。すると、パンチの効いたスパイシーなスープに早変わり。この状態で半分食べ進めたあたりで、卓上のお酢を回しかけてみると、かなりサッパリとして、夏向きの『とんこつラーメン』となりました。夏が終わるまでは、この食べかたで体力をキープしたいと思います。しっかし、ラーメン一杯程度で満腹になってしまうとは(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170812135030j:plain

そしてその翌日、さらなるパワーを求めてやってきたのは駒形にある『中国飯店 楽宴』。ガッツリと中華料理で、衰えた胃袋を完全に復活させましょう(笑)!!!

いちおう、ここの住所は台東区駒形一丁目六番地二号、赤い大きな看板が目印です。

f:id:yokobentaro:20170812135056j:plain

まずはメニュー看板を確認。久しぶりに『油淋鶏』定食六百八十円あたりを食べてみましょうか。甘味・酸味・辛味の三味一体の油淋鶏ソースの旨さで、ここしばらく失せていた食欲も戻ってくるかもしれません!!!

f:id:yokobentaro:20170812135159j:plain

さっそく店内へ……実は、来月はここで地元の仲間内の宴会をここで開きますが、十数人ですと、この縦長のラインを占拠することになりそうですね。あっ、それはさておき……。

f:id:yokobentaro:20170812135217j:plain

席に着いて、早々に『油淋鶏』定食を注文しましょう。すると、待つこと五分ほどでコチラが配膳されてきました。久々のご対面ですが、量の多さに怯みますね……。

f:id:yokobentaro:20170812135233j:plain

セットにはワカメと玉子の中華スープ・搾菜・白飯、デザートには杏仁豆腐が付いております。

f:id:yokobentaro:20170812135250j:plain

うーん、何度見ても盛りが壮観、キツネ色をした油淋鶏が目一杯です(笑)。油淋鶏は甘辛酸っぱいタレと衣の搦みも絶妙ですね。添えられたキャベツの千切りと水菜には、マヨネーズベースの甘酸っぱいドレッシングがタップリとかかっていて、美味しいですよ。

では、油淋鶏をひと口……薄衣がカリッカリに揚り、ちょっとピリ辛な甘酢ダレがたっぷりとかかっていてとっても美味。内側の鶏肉はとても柔らかく仕上がっていて、鶏皮に脂がほどよくのっていますね。

f:id:yokobentaro:20170812135312j:plain

一杯目のご飯は、このまま食べ進みましたが……。

f:id:yokobentaro:20170812135347j:plain

お替りしたご飯は、残った油淋鶏を盛って、油淋鶏丼にしちゃいましょう!!! これが思いのほか食べやすいので、一杯目から載っけて食べれば良かったかも(笑)。で、これらを完食しきった頃には何となく、新陳代謝も活発さを取り戻したようにも思えますが、暑さがぶり返さないうちに、できるだけ熱のあるお料理を楽しんでおくのも、身体には良いのかもしれませんね(汗)……。

都営大江戸線蔵前駅近く ハンバーグの店 ベアのメンコロ定食(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170810174220j:plain

この前日は、都営大江戸線蔵前駅近くのラーメン店、『麺処 むささんじん』で『ごまだれトンコツつけめん』を堪能しておりましたが、その翌日は、その隣にある『ハンバーグの店 ベア』という洋食店に足を運んでおりました。と、いいますのも台風一過の翌日は一気に涼しくなりましたので、久々に揚げ物の定食などが食べたくなりましたもので……。

f:id:yokobentaro:20170810174244j:plain

さっそく店頭に出された写真入りメニューをチェック……『メンチカツ』も以前食べて美味しかったのですが、『カニクリームコロッケ』にも心が動かされますね。とりあえず、店内に入って決めることにしましょう。

f:id:yokobentaro:20170810174304j:plain

時間は午後二時前でしたので、店内はまだまだ混雑しておりましたが、空席が運良くありました(笑)。では、手渡されたメニュー表をチェック……あっ、『メンコロ定食(目玉焼き)』七百五十円という、ライス付きのメニューがあります。ちょうどメンチもクリームコロッケも載っておりますので、もうこれに決定ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170810174327j:plain

注文をしてから、待つこと約十分ほどでコチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170810174342j:plain

あっ、最近は体重のことを考慮して、ライスは普通盛りです(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170810174356j:plain

メインのお皿には、赤色のソースのかかったメンチカツに、タルタルソースのかかったクリームコロッケが盛られております。付け合わせにはキャベツと人参の千切りと、理想的な半熟状態の目玉焼き……これも美味しそう!!!

f:id:yokobentaro:20170810174411j:plain

目玉焼きの下には、ナポリタンが隠れておりました(笑)。では、まずはメンチカツから……サックリと揚っているものの、ソースのかかっている部分はシットリ、箸で簡単に切り分けられます。そのまま食べてみると、トマトケチャップをベースにした感じの甘いソースが、メンチのお肉のジューシーさとよくマッチしており美味ですね。脇に添えられたマスタードといっしょに食べてみますと、ほどよい辛さが加わって、ご飯が止まらなくなります!!!

次に、クリームコロッケに箸を入れ……おっ、こちらも表面はサクっと揚っておりますが、中はトロットロの柔らかさでクリーミーな美味しさです。タルタルソースと併せると、さらにクリーミーさがダブルに(嬉)!!! すごく繊細な味付けですので、これはご飯に載せずに、そのまま堪能していたいですね……。

目玉焼きの下に隠れていた付け合わせのナポリタンは、食べ易く短めにカットされ柔らか。ほどよい甘さのケチャップ味に、カレー粉の風味がプラスされていて、これだけでもご飯が進んでしまいます。この単品メニューがあったら、サイドメニューで絶対に注文するのに……などと食べ進み、ラストはトロットロの目玉焼きの黄身でマッタリと〆て完食。

涼しいときには、このようにしっかりと食べても後々お腹はキツく感じませんが、またしばらくしたら暑さがぶり返すのかと思うと、心底ゾッといたします……。

f:id:yokobentaro:20170810174450j:plain

最後に……『ハンバーグの店 ベア』の所在地は都営大江戸線蔵前駅のすぐ近く、国道六号線と春日通りの交差点付近になります。住所は台東区駒形二丁目三番地四号、いちおういつもの地図も貼っておきます!!!

都営大江戸線蔵前近辺 麺処 むささんじんのごまだれトンコツつけめん!!!

先週は台風が通過したと思ったら、案の定フェーン現象で、とんでもない暑さになりましたね(汗)。

それでもお腹は空きますので、涼しそうなメニューを物色がてら、蔵前近辺をブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20170808165946j:plain

こんな日は、やっぱり冷し中華やつけ麺のような、サッパリとして喉を通りやすい食事が良いかも……。そんなことを考えているタイミングで、国道六号線と春日通りの交差点付近にあるラーメン店、『麺処 むささんじん』が視界に入ってきました。

f:id:yokobentaro:20170814113737j:plain

住所は台東区駒形二丁目三番地四号、場所は都営大江戸線蔵前駅のすぐ近くです。

f:id:yokobentaro:20170808170007j:plain

入口脇には、五種類のメニューが貼り出されておりますね。おすすめは『汁なし担々麺』と『ごまだれトンコツつけめん』のようですが……。

f:id:yokobentaro:20170808170031j:plain

「涼」の一文字が目立つ『ごまだれトンコツつけめん』八百五十円に気を惹かれますね。「冷たい細麺とゴマつけ汁が上品にからみつく」とのこと、さっそく試してみましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170808170211j:plain

店内に入って券売機を確認……押すところがたくさんあって瞬間迷いましたが、十七番の『ごまつけ麺』というボタンで、間違いないでしょう。食券を購入したら、カウンター席のテーブル上部にある食券置きに、食券を提示しておきます。

f:id:yokobentaro:20170808170232j:plain

では、出来上がりの待ち時間に卓上の調味料のチェック……白ゴマにコショウ、紅生姜や高菜もありますが、今回は出番があるか、お料理が到着してから判断しましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20170808170247j:plain

そして、待つこと五分とかからずに、コチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170808170305j:plain

つけダレの器は、熱を持っていますね。香ばしいゴマペーストの風味の漂うつけダレには、刻み玉葱・青葱・白ゴマが浮いております。その中に、何か塊が……。

f:id:yokobentaro:20170808170322j:plain

ひと口齧ってみると、何と凍らせたトンコツスープでした(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170808170400j:plain

別皿には細かい氷が敷かれていますね。その上には、博多ラーメンのような細い麺が盛られ、さらにチャーシュー・細切りメンマ・刻み青葱がトッピングされ、焼き海苔が二枚添えられております。

f:id:yokobentaro:20170808170420j:plain

それでは、麺をつけダレにどっぷりと浸けて、いただきます……つけダレのお味は、甘めでほのかな酸味があり、棒棒鶏のソースを連想させる味付け。そこにトンコツの濃厚な旨味と玉葱・青葱の香味と辛味が加わると、目からウロコの美味しさですね。さらには細いのにモチッとした食感の麺にこのつけダレがよく搦み、いくらでも食べられてしまいそうな感覚に陥ります!!!

チャーシューはしっかりとした味付け、歯応えはありますが決して硬すぎずとても美味。味付けもしっかりされていて、白いご飯といっしょに食べたくなりますよ(笑)。そして、メンマのコリコリした食感も楽しく、気がつけばあっという間に食べ終わってしまいました。

残ったつけダレは、もちろん美味しく飲み干しましたが、食べ終わる頃には充分に冷えておりました。ふと気付けば、そろそろお昼の営業を終了する気配で、お客は僕独り……どうも、午後二時ぐらいから夕方の営業までの休憩時間に入るようですので、次回は午後一時過ぎぐらいに入って、ゆっくりとしたいところですね……。

都営浅草線蔵前駅近く 日高屋で友人と、軽く飲み会をしてきました!!!

土曜日の夕方、浅草にある仕事場でボーッとしておりますと、幼稚園時代から付き合いのあるピーさんという友人から、唐突に電話が入りました。何かと思えば、近くまで来たので、どこか安く上がるお店で酒でも飲もうかとのこと。

f:id:yokobentaro:20170808192049j:plain

そこで思いついたのは、以前から懸案にしていた『日高屋』飲みを決行すること。ここならさほどお金はかからないはずです。ではとりあえず、蔵前近辺にある『日高屋』へとピーさんを連れてブラブラ……。

f:id:yokobentaro:20170808192308j:plain

『生ビール』は三百十円、『ハイボール』や『ウーロンハイ』などは二百七十円とリーズナブルなのが嬉しいですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170808192538j:plain

おつまみ類の小皿も、充実している模様です(笑)。それでは、まずは店内へ……。

f:id:yokobentaro:20170808192557j:plain

入って早々『生ビール』を注文して、さっそく乾杯です!!!

f:id:yokobentaro:20170808192630j:plain

f:id:yokobentaro:20170808192659j:plain

『生ビール』といえば、揚げ物が食べたくなりますよね。そこで、『イカ揚げ』三百二十円と『おつまみ唐揚げ』二百四十円を注文。揚げたイカも鶏の唐揚げも、どちらも柔らかくて美味しいですね。これだけでビールが空いてしまいますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170808192717j:plain

そして、『日高屋』に来て外せないアイテムの『餃子』。六個入り二百十円をひと皿頼みましたが、ちょっと二人では足りなかったですかね……。

f:id:yokobentaro:20170808192902j:plain

ここで、ピーさんに例の『餃子』の食べかたを強要してみたところ、とても評判が良かったですよ!!! 単にブラックペッパーをたっぷり振りかけただけですが(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170808192938j:plain

ここで、飲み物を『ハイボール』に替えました。使用しているウイスキーは、何と『ホワイトホース』だそうです。でも、高級ブランドの『ホワイトホース』を使用していて、二百七十円という価格は安すぎませんか? おまけに濃いし……。

f:id:yokobentaro:20170808193019j:plain

『餃子』はあっという間になくなってしまいましたね。そこで、『中華風味付けメンマ』百二十円と『やきとり(ネギ和え)』百七十円を追加注文……とても柔らかくて味も沁みていて美味なのですが、焼鳥というよりは煮鶏という感じのお料理ですね。

f:id:yokobentaro:20170808193043j:plain

で、何やらピーさん、気になるメニューがあるとのことで頼んでみましたが、『カレイ魚の唐揚げ』二百五十円はサックリとしていて、白身魚の風味もよく、これも美味ですよ。うーん、何故「カレイ」ではなく「カレイ魚」と名前を付けているのかは謎です……。

f:id:yokobentaro:20170808193109j:plain

再び『ハイボール』をお替りして……。

f:id:yokobentaro:20170808193129j:plain

それに合わせたつまみは、コチラも再びの『餃子』六個入りです(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170808193148j:plain

この時点で、お酒を飲むピッチが二人とも上がってしまい、三たびの『ハイボール』!!!

f:id:yokobentaro:20170808193212j:plain

ただ、だいぶお腹の空き具合も落ち着いてきましたので、〆のおつまみは『そら豆』百七十円と『枝豆』百七十円……。前半は揚げ物が多かったので、こうしたアッサリ系のメニューが、食べたくなりますよね(笑)!!!

これらを残さず平らげ、お勘定を済ませたところ、合計金額は四千百円でした。一人二千円ちょっとで、これだけ飲み食いができると、頻繁に居酒屋さんのように利用してしまいそうです(汗)……。

あっ、このあとは駒形近辺にある『中国飯店 楽宴』で、さらに軽く飲んで解散となりましたが、考えたらここのお店も、居酒屋感覚で利用していますね(笑)!!!!!

台東区上野 アメ横近くの珈琲喫茶 二木のビーフカレーセット!!!

f:id:yokobentaro:20170731124818j:plain

先々週に引き続き、横浜でジャムを製造販売している甘党の友人が、またコチラに出てくるとの連絡が入り、午後三時に上野近辺の病院のロビーで待ち合わせをしました。ところが、待てど暮らせど現れません(汗)。結局午後四時近くになっての登場となりましたが、どうも順番がひとつ前の患者さんが、一時間近くも担当医と長話をしていたようです(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170807162012j:plain

気を取り直して、とりあえずは「アメ横のへそ」辺りから、JR御徒町駅へと続く高架下のショッピングモール内にあるモデルガンショップ、『アンクル上野店』に立ち寄りますか。あっ、この甘党の友人は、僕よりも遥かにコレクションを保持している、モデルガンマニアです。

f:id:yokobentaro:20170807162030j:plain

ショッピングモール内は、夏場は冷房が効いていて快適ですね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170807162055j:plain

で、しばらく通路を直進すると、右側に……。

f:id:yokobentaro:20170807162119j:plain

ショーケースの中に、ところ狭しとピストルやマシンガンがディスプレイされている店舗がありますが、このお店が目的の『アンクル上野店』です。さて、ここで二人で銃器の物色……すでに手元にあるものも販売されておりますが、何気に価格が跳ね上がっているものもあり、ニンマリすること三十分。そろそろ遅い昼食を摂りにいきましょう(大汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170807162159j:plain

ところが、友人のオススメのお店は定休日でした。とりあえずは、前回偶然見つけて入った喫茶店、『珈琲喫茶 二木』でコーヒーでも飲んで一服することにしましょうか。

f:id:yokobentaro:20170807162223j:plain

この『珈琲喫茶 二木』、住所は台東区上野四丁目六番地一号になります。御徒町方面からアメ横に入ってすぐの路地を左折すると、『徳大寺』というお寺がありますが、その左隣にある階段を下った左側に位置します。

f:id:yokobentaro:20170807162251j:plain

そういえば、『上野動物園』でパンダが無事生まれたとのことで、このような貼紙もありますね(笑)。何とも上野らしく思えます……。

f:id:yokobentaro:20170807162331j:plain

それはさておき、さっそくお店に入ってメニュー表を物色……。

f:id:yokobentaro:20170807162307j:plain

たしか『アイスコーヒー』は単品五百円でしたね。そこで、他のメニュー表も見てみると、辛口の『ローストスパイスビーフカレー』単品七百円というメニューもあります。で、『アイスコーヒー』をセットにしても九百円……飲み物が二百円になるのはお得ですので、カレーセットにいたしましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170807162404j:plain

飲み物を先に持ってきてもらうようにお願いすると、ほんの三分ほどで『アイスコーヒー』は運ばれてきます。

f:id:yokobentaro:20170807162444j:plain

あっ、当然ガムシロップとクリームはたくさん投入しますよ(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170807162502j:plain

投入しているタイミングで、サラダが配膳されましたが、カレーにはサラダも付いていたのですね。小鉢に、ポテトサラダにコーン・トマトが盛られています(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170807162534j:plain

そして、その数分後に『ローストスパイスビーフカレー』も到着、何気にカレールーが真っ黒なのにビックリ、スパイシーで芳醇な香りが漂ってまいります。

f:id:yokobentaro:20170807162553j:plain

ご飯はアーモンド型に成形されていて、福神漬けが添えられておりますね。カレールーは、見た目は金沢カレーを連想させますが、そこまでのトロ味はありません。では、さっそく……。

f:id:yokobentaro:20170807162630j:plain

ビーフからいただきましょう。ホロホロに煮込まれた印象の牛肉は、とても柔らかですね。コーヒーが使用されているとのことで、コクが出ているものの苦味は感じません。スパイシーな辛さの中に甘味もあって、とても美味しいですよ。ご飯の割合よりもカレールーのほうが多いのも嬉しいですね!!!

結局、配膳されてくる時間よりも遥かに短い時間で完食してしまいました。そして、気がつけばすでに午後五時をとっくに回っておりますね……。このままでは、また晩ご飯が入らないので、腹ごなしの散歩に出かけることにしましょう。

f:id:yokobentaro:20170807162655j:plain

友人のリクエストもあり、向かった先は「不忍池」。夕方にもかかわらず咲いている蓮の花を発見、これはちょっとラッキーでしたね(嬉)!!!

f:id:yokobentaro:20170807162722j:plain

そして、七月に訪れたときよりも、蓮の葉が一段と成長してこの通りの状況でした。これでは池だか何だかわかりません(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170807162814j:plain

このあとは、友人をJR上野駅まで見送りますが、せっかくなので西郷さんコースを通りましょうか。青空の下の西郷さんも良いのですが、曇天の下での西郷さんは、より威厳が強まって迫力が増したように思えます!!!

f:id:yokobentaro:20170807162843j:plain

で、無事見送りを終えて、JR上野駅の構内をブラブラと……正面口あたりに差しかかると、パンダの出産にちなんでか、パンダのお祭り櫓が組まれておりました(笑)!!!

たまには、こんな上野の楽しみかたも良いもですね……。