読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涅槃まで百万歩

中華とラーメンと酒の日々

JR浅草橋駅西口高架下 日乃屋カレーの津ぎょうざカレー!!!

カレー

f:id:yokobentaro:20170317134210j:plain

つい先日、浅草橋の『日乃屋カレー』で『ササミチーズカツカレー』を堪能してきたばかりですが、立て看板に告知されていたB-1グランプリとのコラボカレーが終わってしまうと残念ですので、今度はあまり間を空けずに再訪いたしました。あっ、どうもこのコラボは御徒町・浅草橋・両国の店舗限定のようでした(汗)。浅草橋店の所在地はJR浅草橋駅西口を出てすぐの高架下、住所は台東区浅草橋一丁目十五番地十一号になります。

f:id:yokobentaro:20170317134226j:plain

このコラボ、三重県津市の「津ぎょうざ」をトッピングした『津ぎょうざカレー』と、秋田県由利本荘市の「ハムフライ」をトッピングした『本荘ハムフライカレー』の二種類がメニューとして提供されておりますが、本日は『津ぎょうざカレー』八百四十円のほうを試してみましょう。

f:id:yokobentaro:20170317134244j:plain

「津ぎょうざは一九八五年頃に小学校給食メニューとして登場した直径1.5cmもある大きな皮で包んだ揚げぎょうざです」との説明コピーが添えられておりますが、お味もとても気になりますね。まずは券売機のボタンをチェック……。

f:id:yokobentaro:20170317134319j:plain

さすがにこれらのメニューは力を入れているようで、写真入りの大きなボタンですね!!!

f:id:yokobentaro:20170317134333j:plain

食券を購入したら、さっそく店内へ……店員さんに食券を渡すなり、いつものご飯の大盛り申請(笑)。で、カウンター上の黒っぽい壺にはらっきょう、茶色の壺には福神漬けが入っておりますが、最近はこれに加えて一味唐辛子もプラスして盛り付けるようになりました。

f:id:yokobentaro:20170317134348j:plain

午後二時半と、空いていそうな時間帯を狙って入店しましたので、数分もかからずにコチラが配膳されてきましたが、何と大きな揚げ餃子!!!

f:id:yokobentaro:20170317134400j:plain

瞬間、ピロシキが載っているのかと錯覚しました(笑)……。

f:id:yokobentaro:20170317134414j:plain

それでは、お皿の端に福神漬けとらっきょうをタップリ添えて、さらには一味唐辛子も振りかけ、いただきます……カレールーのお味の説明は、何度も重複して誠に申し訳ありませんが、細かく刻まれた背脂や牛肉・玉葱などがじっくりと煮込まれていて、トロ味もしっかりついております。味はかなり甘めなのに香辛料が効いていて、あとからどんどん辛くなってくる病み付きになる美味しさ。

揚げ餃子は、添えつけのフォークに刺して齧りましょうか……餃子の皮は少し厚めでカラっとした揚げ具合、カリカリの食感がとてもいい感じですね。そして、ほどよい塩気とニラの香味の効いた餡はしっかりとした食感で、何となく肉まんの餡のようで美味。挽肉の旨味もたまりませんよ。この餃子を少しずつ齧りながら、甘くて辛~いカレーを交互に味わうのも、とても新鮮な食べかたで良い感じ!!!

……で、キレイに完食したものの、最近は大盛りで注文しても、満腹中枢がバカになってしまったのか、すぐにはお腹がいっぱいに感じなくなってきました(大汗)。でも、この勢いで明日はもうひとつのコラボの『本荘ハムフライカレー』を、大盛りで注文してみたいと思います(笑)!!!!!

台東区側の駒形橋付近 麺屋 江武里で久々に江戸醤油ら~麺!!!

ラーメン

三月に入ってから一気に暖かくなるかと思いきや、再び寒の戻りに悩まされる今日この頃、まだまだ熱々のラーメンが恋しい季節は続きます……。

f:id:yokobentaro:20170316200855j:plain

そこで、先週明け月曜日の昼食はラーメンに決めましたが、さて、どのような系統のラーメンにしましょうか。とりあえずは、浅草方面にブラブラ……駒形橋たもとの交差点まで出てみたものの、この角には『喜多方ラーメン 坂内』、その左隣りには『麺屋 江武里』というラーメン店があります。

f:id:yokobentaro:20170316200924j:plain

どちらにしようか迷いましたが、久しぶりに『麺屋 江武里』のアッサリ系の醤油味にしてみましょうか。そういえば、ここ二年ほど『江戸醤油ら~麺』は食べていませんでしたね(汗)。

f:id:yokobentaro:20170316200939j:plain

住所は台東区雷門二丁目四番地一号。いちおう、いつもの地図も貼っておきますね。

f:id:yokobentaro:20170316200954j:plain

さっそく入口横の券売機のボタンを物色。『江戸醤油ら~麺』は六百九十円、ちょっとだけ欲張って、味玉入りの『味玉ら~麺』七百九十円のボタンを押してしまいましょう(笑)!!!

では、さっそくイケメン店長さんに食券を渡して大盛り申請。あっ、ここのお店も並と大盛りは同一料金ですので、僕的には大盛りがオススメかも……。

f:id:yokobentaro:20170316201013j:plain

待ち時間に店内の様子をパチリ……。凧や扇子などが壁面に吊るされていたりと、和の演出がところどころに見受けられますね。

f:id:yokobentaro:20170316201036j:plain

そして、待つこと数分で配膳されたラーメンがコチラ!!!

f:id:yokobentaro:20170316201202j:plain

スープは比較的澄んでいて、表面にはしっかりと油膜が張っております。トッピングには豚・鶏の二種類の叉焼に細切りメンマ、千住葱と江戸菜に焼き海苔も添えられ、その脇には味玉がゴロッと存在感を主張しています。

f:id:yokobentaro:20170316201233j:plain

それでは、麺からいってみましょう……太めの少し平べったい縮れ麺はモッチモチの食感で歯応えもいい感じ。ツルッとしていますが、しっかりとスープが搦み付いてきます。そのスープは貝類の旨味が前面に出ていますね。アサリ・ハマグリ・日高昆布・かつおなどの十種類ほどの海産物から丁寧に旨味を抽出した魚介スープとのことで和風なテイスト。醤油ダレにはヒゲタの濃口醤油と江戸の地酒がブレンドされていて、醤油の塩気とほのかな日本酒の甘味を感じます。このスープには、長葱の辛味がとても合いますね。

二種類の叉焼はといいますと……鶏叉焼はサッパリとしていて、とても滑らかな口当たり、ほんのりとスパイスの香味が感じられます。また、豚肉の叉焼はハーブや香辛料を塗って熟成したものを低温で焼き上げた少しレアな食感、肉本来の旨味が美味です!!!

ある程度食べ進んだところで、お楽しみの味玉をガブリ……半熟の黄身の中心はレアでマッタリとしていて、スープに溶いて啜ると至福の美味しさですね。もちろんスープはすべて飲みきり完食、とりあえず散歩がてら仕事場に戻りましょう。

f:id:yokobentaro:20170316201248j:plain

あれっ? 『バンダイ本社』の前を通過したら、いつの間にか仮面ライダーが孫悟空と入れ替わっておりました。悔しいかな、僕より身長が高いです(汗)……。

f:id:yokobentaro:20170316201308j:plain

顏の造形もしっかりしていて、外国からの観光客がひっきりなしに肩を並べて記念撮影をしていますね。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ孫悟空とツーショットを決められてみてはいかがでしょうか!!!

浅草から三ノ輪方面へブラブラ……ついでに安井屋でお惣菜購入!

散歩

先週の日曜日も、前日の飲酒の影響で少々二日酔い気味でした(汗)。そこで、午後からいつものように、毒抜きのウォーキングに出かけることにしました。

f:id:yokobentaro:20170316135100j:plain

とりあえず、浅草田原町から国際通りを真っ直ぐに、三ノ輪方面へと歩いてみましたが、ちょうど『浅草ビューホテル』の近辺で、ペットボトル入りのだし汁の自販機を発見。このようなものが自販機で売られているのにビックリしました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170316135121j:plain

そこから少し歩きますと、『鷲神社』の前に差しかかります。

f:id:yokobentaro:20170316135134j:plain

入口の左脇の大きな熊手は迫力いっぱい……。

f:id:yokobentaro:20170316135145j:plain

ちょっとだけ寄り道して本殿で参拝をしましょう。すると、扉の中央には木製の大きな「なでおかめ」の顏が鎮座しておりました。おでこを撫でると頭が良くなり、鼻を撫でると金運アップ……など、顏のそれぞれの部分を撫でることによって、違ったご利益があるそうです。

f:id:yokobentaro:20170316135159j:plain

あっ、先を急ぎましょうか。三ノ輪の交差点まで出ますと、その先には『三ノ輪橋商店街』の入口があります。そして、その案内板のかかった古い建物の下のトンネルを通過した正面が、都電荒川線の『三ノ輪駅』になります。

f:id:yokobentaro:20170316135216j:plain

せっかくなので、『三ノ輪駅』にも立ち寄ってみましょう。

f:id:yokobentaro:20170316135228j:plain

f:id:yokobentaro:20170316135240j:plain

とっても懐かしい琺瑯製の広告プレートがノスタルジックですね(嬉)。

f:id:yokobentaro:20170316135258j:plain

あっ、ちょうど都電がホームに入ってきました。ここから乗車すれば、早稲田まで一本。美味しいラーメン屋さんもたくさんあるので、このまま乗って出かけましょうか……。

f:id:yokobentaro:20170316135330j:plain

いえいえ、本日は二日酔いなのでやめておきましょう。でも、晩ご飯のお惣菜ぐらいは買って帰りたいところ、『三ノ輪駅』入口近くの『安井屋』というお惣菜屋さんを覗いてみることにしますか。住所は、荒川区南千住一丁目十五番地十四号になります。

f:id:yokobentaro:20170316135346j:plain

店頭には佃煮や蒲焼きなどのおかずがキレイに並べられておりますが、その中の『さんまの骨までやわらか煮』に目を惹かれてしまいました。けっこうな大きさがあるものの、一尾二百五十円はとてもお安く感じます。取り急ぎ、母親の分と二尾購入して、実家に立ち寄ることにしました。

f:id:yokobentaro:20170316135405j:plain

そして、晩ご飯時にお皿に盛り付けて……。

f:id:yokobentaro:20170316135423j:plain

ガブリと齧り付いてみましょう……細かく刻まれた生姜とともに甘辛く煮付けられた秋刀魚は身はホロホロと柔らかく、味が充分に沁みていて熱々のご飯にピッタリ。腹の部分は脂がのっていて、トロけるような美味しさです。生姜の効果で魚独特の臭みもないのが嬉しいですね。

f:id:yokobentaro:20170316135437j:plain

このおかずだけで丼飯は一杯食べられてしまいますが……。

f:id:yokobentaro:20170316135452j:plain

さすがにそれだけではバランスがよろしくないので、キウィとセロリ・チーズのサラダと……。

f:id:yokobentaro:20170316135508j:plain

野菜入りのさつま揚げも並べてみました。でも、何となくお酒のおつまみ的なビジュアル、落ち着いたばかりの二日酔いに拍車をかけることとなりました(汗)!!!!!

で、明日こそは休肝日に充てたいと、反省した次第です……。

墨田区向島 ラストはのみくい処 かどやで日本酒三昧でした(笑)!!!

結局、先週の土曜日の飲み歩きのお話で三日間も引っ張ってしまいましたが、これでおしまいです……。

スカイツリー近くでケーキを食べて解散かと思いきや、久しぶりに病院から解放された友人は、もう一軒ハシゴしたい模様……。

f:id:yokobentaro:20170315183112j:plain

彼が〆でどうしても行きたかったお店とは『のみくい処 かどや』という屋号でした。あれっ、たしかここのお店は吉田類さんの「酒場放浪記」でも紹介されていましたよね(笑)。

f:id:yokobentaro:20170315183136j:plain

住所は、墨田区向島五丁目三十番地六号。国道六号線から長命寺方面に向かい、二本目の路地を左折したあたりに所在します。日が暮れると、このような電飾の立看板が路上で光っていますので、そちらを目印に!!!

f:id:yokobentaro:20170315183150j:plain

ここに到着したのは午後七時ぐらいでしたが、かなり店内は込んでる模様。それでも、十分ほどの待ち時間で二人がけの席を用意していただけました。うーん、ビールはさすがにお腹が張るので、日本酒にしましょうか。さっそく、この日のオススメの日本酒から、まずは『久郎右衛門』という長野県のお酒を選びましょう。えっと、一杯四百円とは有り難いお値段です。ガツンとくる飲み応えで美味ですが、久々に飲むと、グイグイと飲めてしまう自分がコワい……。お通しは青菜・人参・油揚げのお浸し、これも日本酒に合いますね!!!

f:id:yokobentaro:20170315183210j:plain

f:id:yokobentaro:20170315183223j:plain

f:id:yokobentaro:20170315183353j:plain

おつまみは、先ほどケーキを食べたばかりですので少々軽めに……まずは定番の『もろきゅう』『マカロニサラダ』『エイヒレ』を注文しました。これらのおつまみは三百円前後と、リーズナブルで嬉しくなります!!!

f:id:yokobentaro:20170315183235j:plain

f:id:yokobentaro:20170315183419j:plain

徐々に食欲も戻り出し、追加で注文したものは『まぐろぬた』と『くじらベーコン』。鮪の赤身と辛子酢みその組み合わせもサッパリ食べられて美味、鯨のベーコンも久しぶりに口にしました!!!

f:id:yokobentaro:20170315183442j:plain

ここで、一杯目の日本酒を飲みきってしまったので別の銘柄を……次に注文したのは石川県の『手取川』という銘柄のお酒、こちらは少しサラリとしていてとても飲みやすいですよ。

f:id:yokobentaro:20170315183507j:plain

何となくシンプルなものもつまみたくなったので、『チーズ』を齧りましょうか。こうしたメニューがあるのも、なんか庶民的で良い感じです。

f:id:yokobentaro:20170315183523j:plain

気がつけば、お酒を飲む速度はグングン上がっておりました(汗)。先ほど『手取川』を頼んだばかりなのにもうグラスは空っぽ、慌てて『獺祭』を注文しました。あっ、このお酒は本当に口当たりが良くて美味、いくらでも飲めてしまいそうな、さらにキケンな予感がいたします(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170315183541j:plain

f:id:yokobentaro:20170315183615j:plain

f:id:yokobentaro:20170315183907j:plain

お酒を飲むと、食欲がどんどん増しますね。そこで、ガッツリと『焼きそば』を食べましょう。それと、『牛レバー焼』も気になりましたのでいっしょに注文、胡麻油に浸かった状態の生レバーを、熱せられた鉄板で軽く焼き目をつけ、中がレア状態で食べるともうトロけそうです。『焼きそば』は干しえびが入っていて香ばしいですよ!!!

f:id:yokobentaro:20170315184230j:plain

……えっと、これだけ飲んでもお酒が止まらず、ラスト一杯ということで再び『獺祭』をお替りしました(汗)。でも、さすがにこれで四杯目、これ以上の深酒は禁物です!!!

f:id:yokobentaro:20170315184243j:plain

そろそろ、〆のおつまみといきましょうか。やっぱりこうした雰囲気のお店に入ったら、『ハムカツ』の注文は欠かせませんね。では衣にタップリと……。

f:id:yokobentaro:20170315184256j:plain

ソースをかけていただきましょう!!! うーん、これはご飯が欲しくなる……。

f:id:yokobentaro:20170315184313j:plain

そしてラストオーダーは『串焼き盛り合わせ』。つくねとモツ焼きの組み合わせが嬉しい四本セット、タレのほのかな甘味と焦げ目の香ばしさの余韻で、残りの日本酒を飲み干しました。

で、これだけ飲み食いしても合計七千円とリーズナブルでした。隅田公園~向島方面へ散歩に出かけた際に、ちょっと立ち寄って一杯やるのも良いかも。で、気がつけば午後十時を回ってしまいましたので、さすがにもうお開きといたしました……。

墨田区横川 宮多麦酒で地ビールを飲んで東京スカイツリー方面へ!

昨日からのお話の続きになりますが、ご勘弁を……。錦糸町でタイ料理を満喫し、ほろ酔い気分で街中をブラブラするオッサンが約二名、まだまだ飲み足りてはおりません。お腹はとりあえず空いてないので、純粋に美味しいビールが飲めるお店を目指して、四ツ目通りを東京スカイツリー方面へと進みます。

f:id:yokobentaro:20170314185125j:plain

目指すお店は『宮多麦酒』。コチラは地元でも珍しい、地ビールが楽しめるお店です。住所は墨田区横川三丁目十二番地十九号、春日通と四ツ目通りの交差点のすぐそばにあります。

f:id:yokobentaro:20170314185139j:plain

ただ、週末の金・土・日しか営業していないようですね。金曜日は午後五時からの開店、土・日曜日は午後三時から飲めるようですよ(嬉)。では、さっそく店内へ……。

f:id:yokobentaro:20170314185155j:plain

その店内にはL字型のカウンターがあり、その先には巨大なビール製造機が!!!

まずは、お店の方がカウンター内にいらっしゃいますので、僕は柚子と夏みかんの風味の『ゴールデンエール(L)』九百円を注文、友人は『ペールエール(L)』を頼んでおりました。

f:id:yokobentaro:20170314185213j:plain

では、再び乾杯!!!……おっ、すごく滑らかな喉ごしですが濃厚な旨味、爽やかな柑橘系の香りが鼻から抜けていきますね。後味のほのかなほろ苦さも心地よく、とても飲みやすい美味しいビールです。アルコール分は少々高めのように思えますね(嬉)。これはゆっくりと味わって飲みたいビール、時間をかけていただきました(笑)。

f:id:yokobentaro:20170314185230j:plain

さらに酔いが回った状態で店をあとにしましたが、このお店の角を曲がって細い路地に入ったあたりで、『大黒湯』という縁起の良さそうな名前の銭湯を発見。天然温泉だそうですが、住んでいるアパートの近くにもこのような銭湯があったことにビックリ、たまに利用するのも良いかもしれませんね!!!

f:id:yokobentaro:20170314185343j:plain

で、まだまだ放浪は続きます。細い路地から再び四ツ目通りに出てブラブラ、東京スカイツリーの真下辺りまで歩きましたが……さすがにちょっと疲れましたね(汗)。そこで、ふと目に止まったのが『サンレモン』というケーキ屋さん、店内ではコーヒーも楽しめるようです。住所は墨田区押上一丁目二十三番地三号、東京スカイツリー東側からすぐ、大通りに面しているので比較的見つけやすいかと思います。

f:id:yokobentaro:20170314185401j:plain

ガラスケースには、数種類の美味しそうなケーキが並んでおります。せっかくなので、ホットコーヒーといっしょに『ロイヤルストロベリーケーキ』も注文することにしましょう!!!

f:id:yokobentaro:20170314185420j:plain

ホットコーヒーとケーキは、すぐに配膳されてきました。

f:id:yokobentaro:20170314185440j:plain

おーっ、少し苦みの効いた美味しいコーヒーですね。ケーキの甘さとピッタリ合いそうですので、ここでは砂糖とミルクは入れるのを控えておきましょう(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170314185457j:plain

『ロイヤルストロベリーケーキ』にはタップリの苺のトッピング、アクセントにブルーベリーとハーブが添えられております。クリームは少しブラウンがかっていて、スポンジ生地はチョコレート味のようですね。

f:id:yokobentaro:20170314185512j:plain

それでは、苺から……ほどよい酸味にしっかりとした甘味、やっぱり今の苺はとっても美味ですね。ゼリーで固めてあって崩れないのも嬉しい工夫、マッタリとした生クリームにほのかなチョコレートの風味がミックスされていて、ひと口食べ出すと、もう止まりません!!!

チョコレートのスポンジ生地もビターな仕上がりで、この甘めの生クリームとの相性は抜群。これに苺の酸味も加わると、もう「最高」としか言葉が出てきません(笑)。コーヒーをいただきながらのデザートタイムで、すっかりと酔いは治まりました。

ここで、そろそろ解散かと思ったのですが、まだもう一軒行きたい店があるとのこと……。

f:id:yokobentaro:20170314185527j:plain

気がつけばすっかりと日も暮れて、スカイツリーのライティングも点灯しました。あれっ、本日はちょっとレアな色彩構成ですね。ちょっと長くなりましたので、次のお店はまた明日ご紹介いたします!!!!!

墨田区錦糸 タイランドショップのタイ料理で昼間飲み(笑)!!!

ここしばらく盲腸を拗らせて入院していた中学時代の友人が、やっと完治して退院したとの連絡が入ってきたので、先週の土曜日はその友人の快気祝いをしておりました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170314132506j:plain

とりあえず、午後二時にJR錦糸町駅で待ち合わせ。この近くに、友人がどうしても入りたいお店があるとのこと、まずはそのお店を目指します。えっと、『タイランドショップ』……「ショップ」って食材屋さんじゃないのですか?

このお店の住所は、墨田区錦糸三丁目七番地五号。四ツ目通りから、細い路地をちょっと入った場所ですが、通りから『錦糸公園』が見えますので、その近辺を目印にすると見つかりやすいかと思います。

f:id:yokobentaro:20170314132522j:plain

扉の上には「タイ国輸入食材販売」と書かれていましたが、扉脇にはお食事メニューが貼られていたのでひと安心、さっそく店内に入ってみましょう。

f:id:yokobentaro:20170314132545j:plain

で、店内に入って納得したのですが、食事用のテーブルの奥には、いろいろなタイの食材が積まれた冷蔵のガラスケースがありました。さらにその脇には、すごい種類の缶詰や缶ジュースの並べられた棚もあります。では、まずは乾杯のビールということで、『シンハービール』の大瓶七百円(以下税抜)を注文しましょう。

f:id:yokobentaro:20170314132602j:plain

これに合わせたおつまみは、『ネーム』六百五十円という少し酸味のある生ハムソーセージ。プルッとした食感の脂身が入っていて僕好み、添えられたパクチーや分葱と合わせると香味が足されてとっても美味しいですよ。柔らかいので、ピーナッツの食感と合わせても楽しい一品、ただ、ところどころに赤唐辛子が入っていて「当たり」を引くと、かなり辛いです(汗)!!!

f:id:yokobentaro:20170314132616j:plain

さらには『ムーヤーン』六百五十円という豚肉の串焼きも注文しました。この豚串はちょっと甘めのタレに漬け込まれていて、すでに味が付いておりますが、添えられた辛塩っぱいタレに浸けて食べると、また味覚が変わって面白いですね!!!

f:id:yokobentaro:20170314132629j:plain

うーん、さすがに久々のビールは美味い!!! もう一本同じものを頼みましょう(笑)。

f:id:yokobentaro:20170314132643j:plain

でも、あまり空腹で飲むのもいけないので、『カオパット』六百円というタイ式チャーハンも追加しました。こちらはまったく辛くなく、お米がパラッパラのふだんから食べ慣れた美味しいチャーハンといった印象です。

f:id:yokobentaro:20170314132659j:plain

お好みで唐辛子入りのナンプラーをかけると、一気にエスニック感が味わえるテイストに変身するのも面白いひと皿ですね!!!

f:id:yokobentaro:20170314132715j:plain

最後に、僕の大好物の『パッタイ』六百五十円を注文しました。米麺を使用したタイの焼きそばなのですが、干しえびの旨味と独特の甘い味付けがたまりません。生のもやしもトッピングされているのは初めてかも……。

f:id:yokobentaro:20170314132729j:plain

こちらのお料理には、四種類の調味料が付きますが、左は細かく粉砕された赤唐辛子。中間の二つは甘味調味料のようですね。そして右側は輪切りの赤唐辛子をお酢で漬け込んだ感じの調味料、使い過ぎるとそうとう辛くなりますよ(大汗)!!!

これらをすべて平らげてお勘定を〆ましたが、お値段は合計四千二百六十六円と、タイ料理としては比較的リーズナブルかと思いました。たまには陽の高いうちから飲むのもいいものですね(嬉)!!!

あっ、まだまだハシゴは続きますが、次に入ったお店は墨田区横川にある地ビールのお店でした。ちょっと長くなりましたので、そのお話は明日あらためて……。

中央区銀座六丁目 デリー 銀座店のドライカレー!!!

カレー

つい先日、湯島天神下の『デリー 上野店』で『ストロングドライカレー』を食べたばかりですが、やっぱり通常の『ドライカレー』もお味が気になりますよね(笑)。そんなことを考えていた矢先、フネさん&ガッキィさんから「『ビックカメラ』で、お手頃価格の性能のいいデジカメを見繕ってあげようか?」との提案があり、有楽町方面へ三人で出向くことにしました。そろそろ、今まで使っていたデジカメが老朽化してきましたもので……。

f:id:yokobentaro:20170313133353j:plain

待ち合わせはお昼過ぎということもあったので、銀座近辺で昼食を摂る流れになりました。これはグッドタイミング、『デリー 銀座店』で『ドライカレー』を食べることを提案してみたのですが……結果、お二方も異論はないとのことです(笑)。『デリー 銀座店』の住所は中央区銀座六丁目三番地十一号、コリドー通りの始点から新橋方面に進んでひとつ目の角を左に折れた数軒先にあります。

f:id:yokobentaro:20170313133414j:plain

さっそく、店舗案内を見てみますと『デリー 銀座店』は三階でした。というか、しばらく来ないと階数も忘れてしまいますね。以前勤めていた会社は、この隣だったにもかかわらず(汗)。で、各店舗へはエレベーターを使って上がりますが……。

f:id:yokobentaro:20170313133446j:plain

エレベーターの扉が開くと、その途端に香辛料のいい香りが食欲を刺激してきます。あれっ、店内は改装されてずいぶんと綺麗になっていますね……。

f:id:yokobentaro:20170313133505j:plain

すぐに四人がけの席に案内され、メニュー表をチェック……するまでもなく『ドライカレー』九百八十円を三人とも注文。そして数分ほどでコチラが配膳されてきました!!!

f:id:yokobentaro:20170313133519j:plain

しっかりとお米全体に満遍なくドライカレーペーストが搦み付いておりますね。ご飯とともに、エビ・人参・マッシュルーム・グリーンピース・細かく刻んだスパイスの効いたベーコンが炒められております。

f:id:yokobentaro:20170313133536j:plain

では「きゅうりのピクルス」&「生たまねぎのレッドペッパー和え」の二種類の薬味をタップリ添えて、いただきます!……おっ、こちらは「ストロング」と較べると、マイルドでほとんど辛くはありません。いろいろなスパイスが複雑に絡み合った良い香りなのですが、カレー風味というよりかはエスニックな味付けのピラフのようです。味の濃さはどちらかというと控え目で、塩気・甘さと具材の旨味がバランスよくお米の旨味を引き立てている感じですね。それでも、人参・マッシュルーム・ベーコンはしっかりと味付けされているので、その味の濃さがよいアクセントにもなっています。炒めた油が全体にいき渡り、シットリとした仕上がり、辛いものがまったく苦手な人も満足することと思います。

逆に、辛さが物足りないという方には辛口がオススメ、お値段は変わりません。ただ、「生たまねぎのレッドペッパー和え」を多めに載っけるとかなりの辛さになりますが……。うーん、本日は普通盛りにしてしまいましたが、美味しさのあまりほんの数分で完食。大盛りは二百円増しですが、やっぱり大盛りにするべきだったかも(汗)……。

 

www.yokobentaro.com

 

いちおう、以前食べた『ストロングドライカレー』の記事もリンクしておきますので、ご興味を持たれた方は覗いてみてください!!!

f:id:yokobentaro:20170313133641j:plain

そして、腹ごしらえのあとは、有楽町の『ビックカメラ』でガッキィさんオススメのデジカメを購入。Canonの『PowerShot G9X』を五万円弱の金額で買いましたが、カードに貯まっていたポイントで賄えてしまいました(笑)!!!

f:id:yokobentaro:20170313133702j:plain

で、今まで活躍していたSONYの『Cyber-shot』は、サイドの蓋が開きっぱなしになってしまったもののまだまだ現役、サブ機として大事に使うことにいたします!!!!!